格安スマホ人気端末ランキング

2017年10月現在の格安スマホ人気機種ランキングページです。このページで紹介する端末は格安SIMの会社でSIMと端末のセット販売で多く取り扱われている人気格安スマホ(国産スマホを含む)です。

格安スマホと言いましても、最新のものは大手キャリアのスマホの性能と変わらないものが多いのです。そして、音声品質も変わらず、速度も比較的安定しています。

是非以下のランキングを見て、格安スマホを選んでみてくださいね。ランキングの根拠は当サイトのアクセス解析や格安スマホショップでの取材を元に作成しています!

管理人が実際に使っている機種もあるので本音の口コミです。

HUAWEI P10LITE 人気端末ランキング1位 コストパフォーマンス最高なスマホ

HUAWEI / P10 lite

コスパ  性能 ico_grade6_4h

ファーウェイのミドルクラス最新機種。上位機種に搭載されていたナックルジェスチャー搭載。メインメモリも3GB。CPUはオクタコアでストレスフリーな環境!処理速度が高く、ジャイロセンサー搭載なのでAR対応ゲームも楽しめます。

2万円台ながら、2.5D曲面ガラスと丸みを帯びたメタルフレームで覆われた筐体は高級感に溢れます。

サイズ的には幅約146.5mm×奥行き約72mm×厚み約7.2mmコンパクト感がありますが、5.2インチディスプレイ搭載なのでサイト閲覧をするには十分な余裕を感じさせるスマホです。

管理人シムちゃんもこのP10LITEを買ってみましたが、nova liteよりもルックスがシャープでスタイリッシュなsimフリー スマホの中でもコスパ最高と感じました。

HUAWEI
P10 LITE

CPU Kirin658オクタコア
OS Android™ 7.0
画面サイズ 5.2インチ FHD
解像度 1920×1080ドットIPS
RAM/ROM 3GB/32GB
バッテリー 3,000 mAh(急速充電対応 9V/2A対応)
カメラ アウトカメラ:1,200万画素
インカメラ:800万画素

取り扱いは楽天モバイル

現時点で性能に対して価格が安いので、この価格帯では一番コストパフォーマンスの高い格安スマホと言えます。

HUAWEI nova lite 人気端末ランキング2位

HUAWEI / nova lite

コスパ  性能 ico_grade6_4h

P9LITEよりも基本システムのアンドロイドが新しく、メインメモリも3GB。CPUはオクタコアで快適な操作をサクサクとできるコストパフォーマンスの高い格安スマホ。

見た目もコンパクトでグリップ性が高く、5.2インチフルHD搭載3000mAhのバッテリーで一日安心して使えます。androidも7.0で指紋認証も備えているコストパフォーマンス高い端末。

nova liteは女性を意識して作られているのか、セルフィー機能が充実し、驚きの自動加工で写真が美しくなります。人の顔だけではなく、食べ物も鮮やかに映し出します。

管理人はnova liteと同じシリーズのnovaを使用していますが、HUAWEIの製品は安くて、性能も安定しているので気に入っています。(ちなみにタブレットもファーウェイ持っています)

CPU Kirin655 オクタコア
(4×2.1GHz+4×1.7GHz)
OS Android™ 7.0
画面サイズ 5.2インチ FHD
解像度 1920×1080ドットIPS
RAM/ROM 3GB/16GB
バッテリー 3,000 mAh
カメラ アウトカメラ:1,200万画素
インカメラ:800万画素

ASUS ZenFone4 人気端末ランキング3位 ハイスペックスマホ

ASUS/ ZenFone4

コスパ ico_grade6_3h 性能 ico_grade6_4h

久々のZenFoneの新機種ZenFone4が登場!

  • 6GBの大容量メモリでかつてないスピーディーな操作性
  • アプリや写真動画も気にせず保存できる64GBの大規模ストレージ
  • 背面に約1,200万画素と約800万画素のデュアルレンズ

当然指紋認証もついています。バッテリーも3300mAhで急速充電対応。

ASUS ZenFone4

CPU Qualcomm® Snapdragon™ 660 (オクタコアCPU)
GPU:Adreno 512
OS Android™ 7.1.1
画面サイズ 5.5型ワイド Super IPS+液晶
解像度 1920×1080ドット (FHD)
RAM/ROM 6GB/64GB
バッテリー 3,300mAh(急速充電対応)
カメラ アウトカメラ:1,200万画素カメラ内蔵 /800万画素広角カメラ内蔵
インカメラ:800万画素カメラ内蔵

一番値引きが良い取り扱いはBIGLOBEモバイル

HUAWEI honor9 人気端末ランキング4位

HUAWEI/ honor9

コスパ ico_grade6_3h 性能 ico_grade6_4h

カメラ機能がとにかく一番良いものが良ければ、このhonor9はおすすめできます。なんとアウトカメラが2000万画素!

外観はスタイリッシュそのもので、エッジの部分が曲線を帯びた3Dボディはガラスをまとい美しい輝きです。

HUAWEI honor9

CPU HUAWEI Kirin 960 オクタコア
OS Android™ 7.0
画面サイズ 5.15インチ(FHD)
解像度 IPS液晶1920×1080ドット
RAM/ROM 4GB/64GB
バッテリー 3,200mAh(急速充電対応)
カメラ メインカメラ:2,000万画素モノクロセンサー + 1,200万画素カラーセンサー
インカメラ:800万画素

シャープ アクオスSH-M04 人気端末ランキング5位

SHARP / AQUOS SH-M04

コスパ ico_grade6_3h 性能 ico_grade6_4h

シャープのアクオススマホということで、人気の端末。画面の美しさはもちろん、防塵・防滴機能でアウトドアにも持っていくことができる機種。

おサイフケータイ機能も使えるので、各種電子マネーをスマホで管理できます。また人工知能「エモパー」やのぞき見ブロックなど人に優しい機能を兼ね備えています。

CPU Qualcomm® Snapdragon™ 430(オクタコア)
OS Android™ 6.0
画面サイズ 5.0インチ IGZO液晶(HD)
解像度 720×1,280ドット
RAM/ROM 2GB/16GB
バッテリー 2700 mAh
カメラ アウトカメラ:1,310万画素
インカメラ:500万画素

今、アクオスは楽天モバイルのスーパーホーダイ3年契約で一括9800円で購入できます。

国産スマホ 日本製おすすめ人気格安スマホ

富士通/ arrowsM04

コスパ ico_grade6_3h 性能 ico_grade6_4h

国産スマホで性能はP10LITEよりも控えめですが、勝る点として

  • 防水防塵、丸洗いできる
  • おサイフケータイ機能搭載
  • ワンセグ対応でTVを視聴できる


アウトカメラはそこそこよくて、1310万画素。何より素晴らしいのは画面の表示がシニアでもわかりやすく使えるモードがあること、高齢者の方に優しく作られています。

CPU Qualcomm Snapdragon 410
MSM8916 クアッドコア 1.2GHz
OS Android™ 7.1.1
画面サイズ 5.0インチHDIPS液晶
解像度 1,280×720ドット
RAM/ROM 2GB/16GB
バッテリー 2,580 mAh
カメラ アウトカメラ:1,310万画素
インカメラ:500万画素

取り扱いは楽天モバイル

格安スマホ人気機種のまとめ

ここまでをまとめますと、ZenFone3は楽天モバイルで期間限定超値引きしているので、一番ねらい目かと。

また、端末の取扱い先は色々ありますが、今日ご紹介したTOP5の取り扱い

  • P10/nova lite/P10LITE/富士通arrowsM04/ZenFone3/アクオス取り扱いは
    楽天モバイル
  • HUAWEI nova lite/ZenFone3取り扱いは
    LINEモバイル
  • ZenFone4のキャッシュバック率が一番多いのが
    BIGLOBEモバイル
  • P10LITE/nova lite取り扱いは
    月額756円(税込)からの格安スマホmineo
  • P10LITEとZenFone3取り扱いは
    UQ mobile
  • 楽天モバイルは先着順の乗り換えキャンペーン始めましたが、最大7500ポイントの楽天ポイントをゲットできるらしく、他社と比較してもこれはオトクキャンペーンですね。もともとの端末値引きとは別なんで

    UQ mobileも端末割引サポートありますね。

    あと、月々の支払いはクレジットカードが大半の格安スマホですが、楽天モバイルは口座振替が可能です。銀行引き落としですね。

    私は口座振替ではなく、楽天カードで支払っています、なぜなら楽天ポイントで利用料金を値引きできるから。これはかなり便利。特に理由がなければ、楽天モバイルの場合は、楽天カードで支払うことがオトクです。

     楽天モバイルをさらにお得に使うにははこのカードが必須 ♫→楽天カード
    ※加入で何千ポイントも大量ポイントゲット可能

    ポケモンGOの対応機種は以下

    ポケモンGO対応機種格安スマホ最新情報まとめ!
    この記事はポケモンGO対応機種格安スマホを扱っているMVNOの動作確認情報のまとめです。ポケモンGOの対応検証がされた格安スマホ端末をわかり...





    以下では格安スマホと合わせて使いたい格安SIM一覧を紹介します。リンクは私が書いた各格安SIMの詳細記事もしくは公式HPに飛びます。

    電話するなら、データを沢山使うなら?あなたはどこのSIMがお好き?

    多分、色々なところでランキングを確認されている方が多いかと思いますが、実際数字ベースの表を見てもピンとこないと思います、私がそうなので(笑)

    priori3ltesim33320646

    なので、この章では私がこのサイトを作り続けてきて見えてきたSIMの特徴からカテゴリわけして紹介します。

    まず最初に、様々なキャンペーンや端末の豊富さで勝負するSIMを紹介します。

    端末が豊富でキャンペーンがある格安SIM

    私がこの格安SIMをおすすめするわけは、一番カンタンに格安スマホ生活をスタートさせることができるからです。手持ちのスマホで格安SIMを運用する時には色々と確認すべきことがありますが、格安SIMの会社で扱っている端末であれば動作保証されていますので安心です。その場合、端末の種類が豊富にある格安SIMがオススメです、私も以下で紹介する楽天モバイルで購入&契約しました。

    ■端末が豊富な格安SIM■
    楽天モバイル  関連記事その②
    UQモバイル  関連記事UQのiPhoneSE
    mineo(マイネオ) マイネオを安く契約する裏技

    ①の楽天モバイルは、昨年度末ぐらいよりネットの閲覧速度も速くなっているようです、またユーモバイルでは話題のウィンドウズ10モバイルを扱っています。

    電話を良くかける方向けのSIMはコチラ

    格安SIMは通話料が30秒/20円と比較的高めに設定されています。なので、うっかり大手キャリアにいた頃のように電話を気にせず使うと、高くついてしまう・・そんなケースもあります。電話は必要以上にはかけないとしてしまえば全く問題ないのですが、そのような縛りは嫌だと考える方には、『通話料無料パック』のようなプランがあるところを選びましょう。
    ※トーンとBIGLOBEの()内の月額料金は基本料金を除いた通話料の価格です。

    ■通話料がお得なおすすめSIMランキング■
    トーンモバイル(月額500円でIP電話通話料1260円分=60分相当の通話)
    楽天モバイル
    (月額850円で5分以内の国内通話かけ放題・完全かけ放題オプションもあり)
    BIGLOBE SIM(月額650円で60分国内通話)
    ワイモバイル(10分通話無制限/月、データ通信込みで2,980円)

    それぞれの特徴はリンク先が記事or公式サイトになりますので詳細書いてあります。

    私は楽天モバイルを使っているので楽天オシです(*^_^*)

    使った分だけ請求される格安SIM(一番安く上げるためのSIM)

    格安SIMのプランは、大体3GBから始まり(1GBのプランがあるSIMもある)段階的に、決まっています。そうするとあまり使わない人は無駄な部分も多いことは事実。ほぼ使った分だけ請求されるSIMがあればより格安スマホとして節約できます。また、とにかく最低料金で済ませたい場合はこの2社を置いて他にありません。一番ロープライスでの運用が可能なSIM。

    ■使った分だけ格安SIMランキング■

    FREETEL(フリーテル) 関連記事その②
    b-mobile(日本通信)

    YouTubeは何時も流しっぱなしにしたい人向けSIM

    動画はかなりデータ容量を消費します。なので、格安スマホでもデータ容量が大きなプランを扱っているところを契約しましょう。

    ■データ容量多い格安SIMランキング■

    【殿堂入り】BIGLOBE SIM 現状別格!YouTubeがカウントフリーギガが減らないエンタメフリープランあり

    楽天モバイル10GBプラン 2,260円~2,960円
    FREETEL(フリーテル) 使った分だけ10GB 2,470円~3,170円

    などなど他にも色々考えられますが、随時追加いたします。

    格安スマホの人気端末記事は格安スマホ人気機種リンク

    TOP ページへ戻る⇒格安スマホSIMフリーでしょ。

    スポンサーリンク

    シェアする

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    フォローする

    トップへ戻る