格安SIM用語集

ok1d-01

格安スマホを買おうと思って、調べると当たり前のように呪文のような単語が飛び交っていて恐れ慄いたのは私です。こちらでは備忘録として、格安スマホを購入するにあたって覚えていった言葉の意味を簡単に書き留めておこうと思います。

敵を知ってしまえば恐れるに足らず。格安SIM初めての方は、このページも利用してくださいね!

随時追加していく予定ですー!

あ行

アプリ
「アプリケーション」の略語。「Application」で「適用、応用」を意味します。iosや、アンドロイドはOS(オペーレーティングシステム)と呼ばれる基本ソフトで、そこにインストールして使えるようになるのが、「アプリ」と呼ばれる応用ソフトです。パソコンで例えますと、表計算ソフトエクセルや、文書作成ソフトワードなどがアプリといえるものになります。パソコンではソフトといいますよね。それがスマホではアプリと言い換えているだけです。

MVNO (エムブイエヌオー)
ドコモやauといった大手移動体通信事業者の通信網を借り受けて通信サービスを行う事業者。仮想移動体通信事業者を指す。Mobile Virtual Network Operatorの略。莫大な設備投資を自社で行う必要がないので安い通信サービスを提供できる。いわゆる格安SIMと呼ばれるものを提供しているのがこのMVNOと呼ばれる会社。

LTE(エルティーイー)
Long Term Evolutionの略。第3世代携帯電話 (3G) と未来の第4世代携帯電話 (4G) との間に位置しており、第3.9世代携帯電話 (3.9G) とも呼ばれている。通信速度はおおむねダウンロードで100Mbps以上、アップロードで50Mbps以上となっている。動画を見たり、ストレスフリーでいつもネットを楽しみたい方はLTEプランの格安SIMをチョイスする。逆に、ネットはメールと文書閲覧ぐらいしかしないという方は、LTEではない激安SIMプランを狙える。

MNP(エムエヌピー)
Mobile Number Portabilityの略。契約している電気通信事業者を変更しても同じ電話番号を利用可能な仕組み。格安SIMでもMNPできます。今まで使っていた電話番号を格安スマホで使えます。申し込み方法はこちらの記事

か行

格安SIM
まず、SIMは電話番号を特定するためのICカードを意味する言葉。格安SIMと呼ばれるものはMVNOが大手キャリアの回線を間借りして使うもの。3種類あるが、現在格安SIM会社で提供されるSIMは、nanoSIMと呼ばれる、12.3mm×8.8mmのものを採用。SIMは大手の通信会社ではお店で携帯本体にセットするが、MVNOが提供する格安SIMの場合、この小さなチップがスマホと一緒に同梱されてきて(別配送もあるかも)購入者がスマホ本体に設置しなければならない。実は、機種によってはこの作業が少々ハードルが高いので購入前にサポートセンターなどで確認したほうがよい。
LINEモバイルは初期設定済みで配送される。

キャリアメール
@docomo.ne.jpなどの、大手携帯通信会社(キャリア)が提供する独自メールアドレス

高速通信容量
一定の期間に、高速データ通信(LTEなど)でやり取り可能なデータの容量。たとえば、格安SIM会社では各社、プランを用意しているが、1GBプラン3GBプランなど、データ量を数値で表したプラン名になっていることが多いが、このデータ量が、1ヶ月間のデータ通信の上限量となる。そのデータ通信の上限量こそが高速通信容量であり、格安スマホを契約する際の一番の目安となる。

国際ローミング
国際ローミングとは、インターネット接続サービスおよび携帯電話等の通信サービスにおいて、契約事業者のサービスエリアの海外でも、事業者間の提携により同等の通信サービスを受けることが出来ること。

さ行

SIMフリーとSIMロック
大手携帯通信会社(キャリア)では、自社で販売しているスマホに他社のSIMカードを差し込んで使えないようにロックをかけている。それをSIMロックといい、SIMロックがかかっていないスマホのことを「SIMフリー機」という。日本では2015年5月より総務省の通達によって5月以降に販売される新機種にはSIMロック解除が義務付けられる。ドコモやauでは購入後半年に解除が可能。

3G と 4G (スリージー フォージー)

通信規格。Gとは、「Generation(世代)」の頭文字。3Gというのは「第3世代」の通信規格を意味する。3Gは、数Mbps~14Mbps程度の速さ。4Gは、100Mbpsクラスの高速通信いわゆるLTE(Long Term Evolution)がこれにあたる。スマートフォンも機種によって、3G規格かLTE規格かに分かれていることがある。動画をよく見るのであれば、LTE規格のスマートフォンを選ぶとストレスがない。

格安スマホ口コミ記事に戻る

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る