格安スマホで通話し放題MVNO

格安スマホで通話し放題MVNO

は、通話を毎日する方向けの格安スマホになります。

1simsim2210005

基本料金の中に通話無料パックがついている格安スマホで知名度が高いところは

・ワイモバイル

です。

通話無料パック(月額オプション)で、通話料が無料になる格安スマホで有名どころは

楽天モバイル

です。

私が数々の格安SIMのサービスを見てきて、現時点で通話し放題と言えるレベルでサービスが豊富と思われるのはこの2社になります。

どちらの格安スマホが自分の利用条件に合うか、以下でご確認ください。

利用者の通話利用頻度によって、ワイモバイルか楽天モバイルか絞り込むことができるはずです。

ワイモバイルの通話し放題の内容

i_osusume3
ワイモバイルのメリット
①10分以内の電話が無料化
②データ通信の速度がトップクラスに速い
③ショップが多い
ワイモバイルのデメリット
①他の格安スマホより若干割高感
ワイモバイルの通話し放題は、基本料金に含まれています。ワイモバイルでは以下の3プランありますが、全てに通話料無料のパックがもれなくついています。

ワイモバイル
スマホプラン
スマホプランSスマホプランMスマホプランL
月額料金2,980円
➡1980円(12か月)

家族割引サービス適用で2回線目以降
月額
基本使用料1,480円〜
3,980円
➡2980円(12か月)

家族割引サービス適用で2回線目以降
月額
基本使用料2,480円〜
5,980円
➡4980円(12か月)

家族割引サービス適用で2回線目以降
月額
基本使用料4,480円〜
1ヶ月の通話料10分通話回数制限なし10分通話回数制限なし10分通話回数制限なし
高速データ
通信容量
1GB➡2GB
(2年間)
3GB➡6GB
(2年間)
7GB➡14GB
(2年間)
その他Yahoo!プレミアムの特典が使い放題Yahoo!プレミアムの特典が使い放題Yahoo!プレミアムの特典が使い放題

(契約24ヶ月間の料金)

注意が必要なのは、見ていただいてわかりますように『条件付きの無料通話』になります。一番ミニマムなスマホプランSですと1ヶ月の通話量は10分通話300回/月までとなっています。

公式サイトの引用キャプチャですが

ymobiledaretomo1

他社のスマホやケータイであっても、固定電話でも一律に1回あたりの10分以内通話は無料になります。

例えばこれを完全な国内通話し放題にしたい場合に、

『誰とでもスーパー定額』というプランもあります。基本料金にプラス1000円で完全な通話し放題が完成します。

・電話をかける回数が毎日もしくは2日に一度はある
・固定電話を持たないで携帯電話だけ
・仕事に格安スマホを使いたい

こういった方は、迷わずワイモバイルで通話し放題を選ぶと後悔がないと思います。

一番安いパターンで月額

2,980円で通話し放題(1回あたり10分以内の通話300回まで)

になります。

ちなみにワイモバイルは、格安スマホの中でも段違いに速度が速いです(速度の記事はこちら

格安スマホの中では若干利用料金が高めですが、その価値はあります!!
私の友人もワイモバイル多いですね。

ただ今キャンペーン中ワイモバイル

楽天モバイルの通話し放題の内容



i_osusume3
管理人がはじめて契約したMVNOで、CMも多いので知名度はとても高いのではないでしょうか?

楽天モバイルのメリット
①通話料無料パックが月額安い
②SIMフリー端末がMVNOの中でも最多クラス
③銀行の承認メールやデコメも使えるメルアドがある

楽天モバイルのデメリット
①ショップは少ないので通販がメイン

楽天モバイルの、通話し放題パックはオプションで月額料金を支払います。その金額は月額850円です。

以下の料金に通話SIMのそれぞれのプランに850円プラスすれば、毎月電話し放題(条件付き)です

楽天モバイル
月額料金表
データSIM
(SMSなし)
050データSIM
(SMSあり)
通話SIM
(SMSあり)
通信速度
ベーシック525円645円1,250円200Kbps
3.1GB900円1,020円1,600円下り最大225Mbps
上り最大50Mbps
5GB1,450円1,570円2,150円同上
10GB2,260円2,380円2,960円同上
20GB4,050円4,170円4,750円同上
30GB5,450円5,520円6,150円同上

楽天モバイルではポイントバックキャンペーン中!楽天モバイル

電話し放題の内容は1回5分以内の国内通話を回数制限なしでかけられるというもの。

ワイモバイルは制限ありですが、こちらは制限なし。時間は5分なので、ワイモバイルの10分以内の半分です。

実は、 一般社団法人 電気通信事業者協会の調査を見ると、携帯電話・PHSから発信された通話の1回あたりの通話時間の約93%は5分以内なんだそうです。確かに、携帯で長電話はしませんよね。

3,1GBのデータ通信でこの通話し放題のパックをつけると


1,600円+850円=月額2,450円

となります。

3,1GBのデータ通信は、通常のネット閲覧SNS利用であれば十分な量です、動画を見る場合はもう少し多い方がよいですね。通話もついて2,450円であれば、もう2台持ちをする必要もなくなりそうです。

個人的には、楽天モバイルがはじめた新しいメールアドレスも注目です。

通常格安スマホではG-mailなどのフリーメールを使うようになりますが、G-mailですと認証用メールに使えなかったり、デコメも使えません、ですが楽天モバイルの「@rakuten.jp」であればドメインメールになりますので、フリーメール扱いにはならないようなのでこれは便利だと思いますよ。

・電話は手短にすませる方
・豊富な端末から選びたい方
・月額料金を抑えてデータ容量も確保したい方

端末も恐らく格安スマホ界ではトップクラスです。

現在ポイントバックサービスを行っていますよ!注目です→楽天モバイル

通話し放題の格安スマホまとめ

通話し放題の格安スマホのまとめですが、ワイモバイル、楽天モバイルどちらを選んでよいか、まとまりましたか?どちらもピッタリの方がそれぞれあると思いますよ、チェックしてみて下さいね。

最後、一言でこのサービスを例えろと言うのであれば、

・少し高くてもよいからとにかく通話機能が充実している格安スマホを求める方
ワイモバイル

・費用をとにかく安く抑えて、いざという時にタダで短い電話をかけたい方
楽天モバイル


TOP ページへ戻る⇒格安スマホSIMフリーでしょ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る