Mate Sファーウェイ楽天モバイル15,000円引き!端末半額セール12月5日

Mate S メイトSと言う名のHUAWEI(ファーウェイ)のフラッグシップモデルが、

楽天モバイルで販売します!

matespink

こちらは、世界でもシェアを伸ばし続け、日本国内での格安スマホ市場で最多の端末(7モデル)を展開しているファーウェイが、オナー6プラスよりもさらにハイスペックな端末として12月4日販売する予定になっております。

家電量販店でも扱われますが、11月26日より楽天モバイルで予約受付が始まりました。

楽天モバイルで予約すると他より安く買えます。以下楽天モバイルより引用

「楽天モバイル」で「Mate S」を購入されたお客様には、発売記念キャンペーンとして2016年1月15日(金)9:59まで台数限定で、通常価格79,800円(税別)から15,000円引きの64,800円(税別)にて同端末を提供します。

えーーー!64,800円格安じゃないじゃん、と思うなかれ。キャンペーン適用価格64,800円(税別)ということは、2,916円(税込)×24回なのです。高速通信使ったデータ端末としてなら+900円から行けますし、もしくは月額利用料金525円からもやり方によっては可能です。

格安・・というわけではないですが、でも少なくとも大手のキャリアよりは遥かに安いと思います。

HuaweiのMate Sスペックをhonor6Plusと比較して記事後半でご紹介しますね。

matescamera

なんでも、ファーウェイ端末らしく、またカメラが進化しているみたい・・・・!もはやデジカメは必要ないかもと思うほど?!

しかし、楽天モバイルめちゃ端末多くないですか??今ざっと数えてみたんですけど・・・

現在【2015年11月27日】に楽天モバイルで販売されているスマホは計14端末!

せっかくだから、今回発売されたファーウェイのMate S以外にどんな端末があるか、以下であげてみますね。

※12月5日より半額セールも開始端末めちゃ豊富!!→楽天モバイル

楽天モバイルではどんな端末が今あるのか??

超格安スマホから、安定のスタンダードまで取りそろえていた楽天モバイルですが、今回ファーウェイのMate Sをラインナップに加えたことにより、最上級モデルも選んで格安SIMで運用すると言うことが可能になり、「単なる節約だから格安SIM」という動機を超えて、趣味的に使って見ようかな・・という要望にもこたえることができるようになりました。

それでは、ファーウェイのMate S以外にどんな端末があるのかというと、

電池持ちが良く格安スマホでは珍しいおサイフケータイ、Edy対応のアクオス、AQUOS SH-RM02↓↓

20151127aqu11

↓↓泣く子も黙る、日本製国産格安スマホ、MIL規格(米国国防総省の調達基準)に準拠し、真夏のビーチやスキー場などでも安心して使える富士通の↓arrows RM02

arrows20151127

2万円台とお安いのに、スペックは満足できる世界で使われている格安スマホhtcのDesire 626↓↓

htc20151127

12000円の超格安↓激安スマホLiquid Z330↓

20151127liqu

私が過去記事で散々書いてきた「カメラ機能にこだわるならコレ!」な honor6Plusこれもファーウェイ製

honor6Plusup00283

元祖格安スマホおサイフケータイの↓ Sony のXperia™ J1 Compact

osaihusony

この間まで借りていた、これまた安いのに高スペックなZenfone2Laser暗いところでもよく写真が撮れました。

zenfone2lazer

そして、更に若者向けにセルフィー機能を高めたZenFoneセルフィー

zenfoneselfie333 Collage

今年前半のモンスター端末ZenFone2 と私のZenFone5もまだあるみたい。

zenfone20578

コスパが良く、使える端末として(スペックもなかなか)大好評なP8LITE

p8litehuawei795

楽天モバイルで一番安い、正真正銘激安端末【オンライン限定販売】の↓Ascend G620S

Ascend G620S

国産格安スマホの走り、富士通の↓↓ARROWS M01(現行モデルの1個前の機種です)

nifmo44433_1036

以上、今回発売されたファーウェイのMate Sを加えると、総勢14端末というすごいことになっちゃってる楽天モバイル。

格安SIMの抱き合わせの端末はダサくてロースペックというのは、もはや過去の話と言わんばかりの豊富な選択肢。

基本、手持ちの端末でも格安SIMに流用できる場合もありますが、MVNOで動作確認が取れていても動作保証はされていないものです。

そうなると、格安SIMに乗り換える時よくわからなければ私のように端末と格安SIMセットをさっさと注文することが手っ取り早いのですが、せっかく端末を買うなら納得のいくものを選びたいもの。その点楽天モバイルは沢山の層が選ぶことのできるラインナップを用意しているので、なんだかんだ言っても魅力があるものです。

と〆させていただいて(笑)次はMate Sのスペックがどんなものか、同じくファーウェイ製のhonor6Plusと比べてみたいと思います。

ファーウェイのフラッグシップモデルMate Sはどのくらいの性能?

比較対象をhonor6Plusにしてみました。

 Honor6PlusスペックMate Sスペック
プラットフォームAndroid™ 4.4 Kit Kat / Emotion UI 3.0Android 5.1
プロセッサーHisilicon Kirin 925 オクタコア A15/1.8GHz + A7/1.3GHzHisilicon Kirin 935 オクタコア(2.2GHz + 1.5GHz)
液晶ディスプレイ約 5.5inch FHDIPS-NEO™(In-cell)5.5インチ フルHD
解像度1080 x 1920ドット1080×1920
メインメモリRAM:3GB 3GB
記録装置32GB32GB
Webカメラメインカメラ:800万画素(開口部 F2.0/AF/BSI) x 2
インカメラ:800万画素(開口部 F2.4/FF/BSI)
メインカメラ:1,300万
画素(F2.0/光学手ブレ補
正/4色RGBWセンサー/2
色Flash)
インカメラ:800万画素/
ソフトライトLED
バッテリー容量3,600mAh2,700mAh

一見すると、カメラ機能が大幅にブラッシュアップされて、CPUが若干上程度の違いくらいしか私が作成した表ではわかりませんが、実際は細かな機能がMate Sには盛り込まれています。

例えば約0.5秒の速さで360度、どの角度からも認識する好感度センサーを搭載した指紋認証や画面を汚さない指の関節部分(写真参照)で認証する「ナックルセンステクノロジー」など、

2015nauckle21

ちょっとしたハイテクがMate Sにはみられます。

実際カメラ機能に関しては、撮影された写真を見て驚きを隠せませんでした。もうその辺のカメラなど必要なくなるくらいに被写体を美しくとらえていたのです。honor6Plusもかなり感動的でしたが、Mate Sの写真は革新的にキレイです。

「プロフェッショナルモード」というものがあり、これを設定すると光や色味、シャッタースピードなどをマニュアルカメラのように細かく指定できるのであたかも一眼レフで撮影したかのような写真を完成させることができるようです。

なにはともあれ、格安SIMで月額料金は下げたいけど、ハイスペックな端末を使いたいと言う方の要望にこたえたMate Sの発売は、喜ばれる方もいるのではないかと思います。私も欲しい(笑)

matescover

Mate Sには、レザー調のカバーが同梱されるらしいです。

2016年1月15日(金)9:59までの期間に申し込みをすれば、15,000円の割引でファーウェイのMate Sを購入することができます、ただし楽天モバイルのみの特典となります。

ちなみに12月5日より楽天モバイル半額セールがはじまります!

今日ご紹介した、大半の端末が時間期間限定で大放出!!ぜひチェックしてみてくださいね~

楽天モバイル

お読みいただきまして、本当にありがとうございました~!!いつもありがとうございます!

にほんブログ村 スマホ・携帯ブログ SIMフリー端末・その他キャリアへ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
トップへ戻る