格安スマホセール【どこが機種安い?】OCNモバイルONE/Y!mobile/IIJmio

格安スマホセールをしていて、機種の値引きが大きい

【とっておきの!】節約度が高いMVNO(携帯会社)の紹介記事。 

格安スマホはユーザー獲得のためのキャンペーンが盛んですが、単純にスマホセールを行っているところも多数あります。どこのMVNOが機種安い販売をしているのでしょう?

有名なところは、ワイモバイルのタイムセールやキャッシュバックですね。

あと、機種の値引きが格安スマホ会社の中でも一番くらいに大きいところがOCNモバイルONEです。

またMVNOの老舗、IIJmioも端末値引きが大きい会社として有名です。そして私のメイン端末として使っている楽天モバイルも、機種限定でしばしば1万円以下のスマホを投入してきます。

この記事ではこの4社(OCNモバイルONE、IIJmio、ワイモバイル、楽天モバイル)の端末セットの割引をご紹介いたします。

格安スマホ セール とにかく機種値引きで選ぶならダントツOCNモバイルONE

OCNモバイルONE/OCN光

↓公式サイトリンク↓
OCNモバイルONE

機種の値引きを大幅に行っている数少ないMVNOです。

驚くのが新機種を発売記念特価などと称して、他社に先駆けて値引き販売を行う事です。

また値引きの額も他社よりも1万円くらい多いこともしばしばあります。その上に、通話SIMで契約しても長期契約の縛りは半年と他社より短くメリットばかり浮かぶ会社です。管理人も勿論契約しております。

通話し放題のプランも沢山あり、TOP3かけ放題というプランではよく電話をかける相手のTOP3あてには電話料金が無料になるというもの。また110MB/日プランでは、高速通信容量の上限に達して速度制限になっても翌日には速度制限が解除されるというもので大人気です。

最新機種をお安くゲットするならここがイチオシ!
OCNモバイルONE公式サイトリンク

OCNモバイルONEではP20LITEが1万円ちょいなので買いです、私も買いました。

格安スマホ セール 機種の値引き率1位はワイモバイル

↓公式サイトリンク↓
ワイモバイル

格安スマホを知らない方でもワイモバイルは店舗が多いので知名度はトップクラス。

値引き率が一番な理由は、タイムセール!

一番安いものは機種代金を一括で1円(99%オフ)DIGNO Eですね、もう安すぎる。アンドロイドが好きではない人にもワイモバイルは激オシできます。どうしてかといいますと、

iPhoneSEの128GBが実質12800円で購入できるのでiPhone好きにはここがイチオシ

iPhone以外でも、アンドロイドの更新がある、セキュリティ高いスマホandroid one S1がなんと540円でゲットできます。

1円スマホを購入できる時間はタイムセールの時間のみなのでご注意ください。それ以外の時間では正規の価格になります。

以下のページでおとくなキャンペーンというタブをクリックするとタイムセールページが表示されます
ワイモバイル

価格や商品についてはワイモバイルの状況で日々変わりますので、リアルタイムの値引き情報は是非ワイモバイル公式サイトのリンク先でご確認ください。

ワイモバイルの最大の特徴は➡インターネット速度が速いことと、国内10分電話かけ放題がオプションではなく基本料金に含まれることです。あとは実店舗が多いのでトラブル時に楽です。

ワイモバイルの料金体系

ワイモバイル
スマホプラン
スマホプランSスマホプランMスマホプランL
月額料金2,980円
➡1980円(12か月)

家族割引サービス適用で2回線目以降
月額
基本使用料1,480円〜
3,980円
➡2980円(12か月)

家族割引サービス適用で2回線目以降
月額
基本使用料2,480円〜
5,980円
➡4980円(12か月)

家族割引サービス適用で2回線目以降
月額
基本使用料4,480円〜
1ヶ月の通話料10分通話回数制限なし10分通話回数制限なし10分通話回数制限なし
高速データ
通信容量
2GB➡3GB
(2年間)
6GB➡9GB
(2年間)
14GB➡21GB
(2年間)
その他Yahoo!プレミアムの特典が使い放題Yahoo!プレミアムの特典が使い放題Yahoo!プレミアムの特典が使い放題

格安スマホ 月額料金安い1位は楽天モバイル

スマホセールも限定的に行っていて、その点でもおすすめなのが楽天モバイルですが、最近は月額料金の安さが魅力です。

スーパーホーダイという、10分話放題がついているプランがインターネットもついて1480円(2年)使うことが可能なのです。

新たに、人気のファーウェイのnova liteも加わりました。

スーパーホーダイのインターネット速度は、お昼や通勤ピーク時間以外は最近速いです。ダウンロード速度がインターネットの速度を表しますが、以下の速度があれば動画もラクラク視聴できます。

そのうえ、話放題もついているので、ちょこっと電話も気兼ねなくかけられるからこれが結構便利。私は楽天ダイヤモンド会員なので、一年目は値引きもあり

嘘のようなこんな月額料金で電話とネットを使っています

ゼロ円機種を確認する
楽天モバイル公式サイトリンク先

格安スマホ セール コストパフォーマンス1位はIIJmio

IIJmioスマホが安い!

IIJmioもスマホの機種代金がかなり安い会社です。私もここで愛用中のZenFone4カスタマイズを購入しました。

ZenFone4が当時とても高かったので、カメラ機能が全く同じで安価なZenFone4カスタマイズを取り扱っているのがIIJmioだけでして、ここで買いました。実際他の機種も値引き大きいのでここはスマホセール狙うなら候補の一つに入れるべき会社です。

もちろん速度も速い老舗ですしね。

MMD研究所の2017年9月格安SIMサービスの利用動向調査においてコストパフォーマンス第一位に輝いたのはIIJmio

理由は ①速度が安定して速い ②au回線とドコモ回線の2があるので手持ちの機種にそのままさして使える確率が高い ③家族でデータシェアできる30GBの大容量オプションがあるのでオトク

一般的な3GBのプランの料金をピックアップしました。通話付けて月額1600円~なので安い利用料金ですね。

IIJmio料金
タイプD
ドコモタイプ
3GB
データ通信専用SIM
月額料金 900円~(税抜)
SMS機能付きSIM
月額料金 1,040円~(税抜)
(月額料金:900円+SMS機能付帯料:140円)
音声通話機能付きSIM
(みおふぉん)
月額料金 1,600円~(税抜)
(月額料金:900円+音声通話機能付帯料:700円)
タイプA
auタイプ
3GB
データ通信専用SIM
月額料金 タイプAでは提供しておりません。
SMS機能付きSIM
月額料金 900円~(税抜)
音声通話機能付きSIM
(みおふぉん)
月額料金 1,600円~(税抜)
(月額料金:900円+音声通話機能付帯料:700円)

ワイモバイルのキャッシュバックも良いですが、値引を狙うならIIJmioがオススメですね。

値引き機種IIJmio
公式サイトリンク➡IIJmioリンク

スマホ セールどこを選べばよい?値引きMVNOまとめ

スマホ セールはどこのMVNOを選べば値引き率やトータル満足度が良いでしょうか?

条件で考えてみましょう。


管理人イチオシ!機種の値引きと安さならここがトップクラス
OCNモバイルONE

とにかく安くスマホ本体を手に入れたい+安定した速度+店舗サポート
ワイモバイル

auとドコモ回線を選べる+速度が安定して速い+ファーウェイスマホを安く買いたい
IIJmio

話放題長期契約つけて機種代金も安く
楽天モバイル公式サイトリンク先

利用料金は殆ど大差ありません。機種代金をとにかく下げたいのか、話放題を付けて安価な月額料金が良いのか、速度の安定性をとるのか?などライフスタイルに合わせて考えてみてください。

 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
トップへ戻る