格安SIM学割比較\最安値/2019年おすすめ

格安SIMの学割が増えてきましたが最安値になるのはどこでしょう?

2019年度格安SIM学割おすすめをご紹介します。

格安SIM学割最安値

当サイトで頻繁にご紹介し、私が実際に利用してオススメできると実感した格安SIM内で最安値を探しました。

【学割】という名前でキャンペーンを行っている全5社になります。

格安SIM学割比較\最安値/2019年

では、早速ですが格安SIM学割比較\最安値/2019年を一覧でまとめたのでご確認ください。

 料金と
対象プラン
対象者受付期間
ワイモバイルワイモバ学割
最大13カ月間
1000円割引
スマホプランM/9ギガ
1,480円/月
スマホプランL/21ギガ
3,480円/円
(家族割適用1年目)
△最大合計13000円割引
使用者年齢5~18歳2019年5月31日(金)まで
楽天モバイル月額基本料3カ月無料!
通話SIMプラン
(20GB30GB以外)が対象
スーパーホーダイS(2GB)の場合
△4440円の値引き
申し込みの時点で満20歳以上の方が申し込み可能記載なし
UQモバイル学生とその家族
ファミゼロ学割
最大3カ月基本料無料
(新中高生の場合
最大五か月基本料無料)
次の機種変更まで
ずーっとデータ増量が無料!
おしゃべりプランと
ピッタリプランのS/M/Lが対象

Sプラン(3GB)で例
△家族4人で19,260円
子ども高校生いたら
△家族4人で22,220円の値引き
申し込み時点で契約者または利用者が5歳以上18歳以下2019年5月末まで
TONEモバイル春の学割
基本プラン月額料金3ヶ月無料
※TONE SIM (for iPhone)の場合:月額1,500円×3ヶ月分
 トーンオリジナル端末の場合:月額1,000円×3ヶ月分
△最大4500円の値引き

申し込み時点で利用者が19歳以下の方2019年5月31日(金)

TONEモバイルだけ、高速通信容量はオプションになるので、比較というと少し違うかもしれませんがざっと同じような条件にしてみて(2GB~3GBの通話SIMプラン)

学割キャンペーンとしてはUQモバイルが割引率が一番高い

という事がわかります。

ただ、スマホ本体を買うとなると話は少し変わってきます。

各社の特徴を以下でご紹介します。

学割を使いながらiPhoneを最安値で買いたい学生はワイモバイル

中学生高校生

圧倒的に人気があるスマホはiPhoneです。

中学生スマホiPhone

格安SIMの会社でも今やiPhoneを主力にしているところも多いのですが、数社比較しても

iPhoneを買うならワイモバイル以外の選択肢は損だと思います。

高校生スマホ人気機種【iPhoneとアンドロイド】どちらの保有率が多い?
高校生のスマホ人気機種はiPhoneです、アンドロイドよりも保有率が圧倒的に多い! ※只今ワイモバイルでiPhoneが50...

その時期によってキャンペーンが変わりますが、他社よりも上を行く感じで、春先だと一括500円(税抜)で買えたりします(笑)

なので、目先の月額料金の値引き合計よりも、iPhoneを安く買いたいのであればワイモバイル以外考える必要はなさそうです。

その上、学割も13カ月1000円毎月割引もあるのだから、実質iPhoneを学生が買うのであれば、これ以上の割引率のところもないでしょう。あとワイモバイルは基本料金の中に1回10分以内の国内通話かけ放題がついているのも他社と違ってよいところです。

iPhoneが一番安く買える。
だからiPhone好きな中学生や高校生には一番オススメの学割格安SIMです。
ワイモバイル

家族割と学割を最大限生かしたければUQモバイル

UQモバイルにもiPhoneは何機種かありますが、ワイモバイルほどには安くはないので、iPhone目当てでここは選ばない方が良いです。

UQモバイルの良いところは、家族割と学割を最大限まで生かすと、

一人の高校生がいる4人家族で、おしゃべりプランL(容量21ギガ月額4980円)を4人分契約した場合

65,220円

割引になりますので、大容量を契約するご家庭であれば、ある意味iPhone代の元手くらいには、料金が浮きますね。

あと、速度が安定してる・・といっても、ワイモバイルも速いですからね。

楽天ポイントや楽天カードでオトクに使いたい

楽天モバイルの学割は、パッと見一番お得感がないのですが、楽天ポイントを利用料金に充当することができることが他社にはない強みです。

楽天モバイルはポイントを利用料金に使うとこの通り、利用料金がゼロ円になります~(*^^*)

楽天モバイル口コミ(写真はちあままさんにいただきました)

ドコモやSoftbank、auでスマホを使ってる方には、信じられない光景かもしれませんが楽天ユーザにとっては当たり前の光景です。

楽天の何が凄いって、このように自社ですべてのサービスをうまく回せるところで(楽天経済圏ですね)楽天をよく利用する女性などであれば、

楽天モバイルが一番オトク度が高まるのは必須なのです。

なので、学割の値引き総額が多少渋くても、長い目で見るとかなりオトク・・っていうか、楽天大丈夫かな・・?と心配になるレベルのサービスです。

ですが、市場シェアNO1ってことは、みんなこの事実を知っているから選んでるってことですよね。

MMD研究所データ
MMD研究所より引用

契約プラン別に利用している格安SIMサービスを見てみると、音声通話プラン契約者(n=4,988)が利用している格安SIMサービスは、「楽天モバイル」が最も高く27.0%、次いで「mineo」が16.6%、「UQ mobile」が12.3%となった。

トーンモバイル学割 小学生にオススメ

トーンモバイルは、オプションを付けないとまともに動画も見られませんが、小学生や小さなお子さんに電話機能で持たせるのであれば最適です。

トーンモバイル口コミ!m15は子供と高齢者向けスマホ(m17と比較)
トーンモバイルの口コミです!実機を使ってみました~!新機種TONE m17も発売。クリスマス商戦で、このm17が5000円もの値引きを行いま...

中学生や、高校生だとちょっと親の監視がきつすぎるかな~と思います。機能制限が豊富にできるんですね。保護者の方で。そういったことを、したいと保護者の方が計画しているのであればオススメです。

有害な情報をシャットダウンする意味では、小さなお子様には最適のスマホ。それがトーンモバイルです。

子供のスマホVERY掲載TONE m17を使った!夜10時~朝6時は使用不可
子供のスマホにぴったりなTONE m17を使ってみた口コミです! VERY掲載!! NHKやテレビ朝日のスーパーJチャンネルな...



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
トップへ戻る