oppoR15Neo最安値IIJmio\オッポ到着/nova3と比較!

oppo R15Neo最安値クラスはIIJmioです!オッポの低価格帯のスマホが届きましたので実機レビューします。

oppo R15Neo オッポのスマホ

まずは、このoppoの値段が、iijmioで安すぎる件!

一括払い一括支払い 24,800 円(税抜)、分割払い1050×24か月

oppo R15 Neo最安値
oppoの最安値リンク

oppoのR15Neoの対抗馬としてnova3が人気ですが、あちらの最安値も2万円台なのですね。OCNモバイルONEで27,600円(税込29,808円)のアンコール特価!12/14 11:00までの価格となっています。

oppoR15neoとnova3比較

価格をできるだけ抑えたいのであれば、IIJmioでoppoを購入がベストです。

が! 一応ひかくしておきましょうね(^^♪ nova3とoppo R15neoの違い!

oppo(オッポ)R15 NEOとnova3 HUAWEI の比較

opppo(オッポ)R15Neoはnova3と実際に比較すると、上回っているのがバッテリーの数値です。

 nova3oppo
R15Neo
基本システムAndroid 8.1 ColorOS 5.1(Based on Android™ 8.1) 
CPUHUAWEI Kirin 970 オクタコアCPU Qualcomm® Snapdragon™ 450 オクタコアCPU
メモリ
記憶装置
4 GB RAM / 128 GB ROM
microSD™スロット(最大256 GB)
RAM:3GB / ROM:64GB
microSD 最大256GB(別売)
カメラアウトカメラ(ダブルレンズ)
: 約1600万画素カラーセンサー
(開口部 F1.8)+ 約2400万画素モノクロセンサー
(開口部 F1.8)/ 像面位相差AF+コントラストAF

インカメラ
(ダブルレンズ: 約2400万画素 + 約200万画素 / FF)
アウトカメラ:1300万画素
(アウトカメラ:1300万画素+200万画素)
インカメラ:800万画素
(インカメラ:800万画素)
ディスプレイ約6.3インチ FHD+ (2340 x 1080ドット) / TFT約6.2インチ HD+ 1520 x 720
バッテリー3750 mAh (一体型) 急速充電対応 9 v / 2 A4230mAh

カメラやCPUなど、スマホの操作性能にかかわるものはnova3の方が上位です。ですが、バッテリーが480mAhもoppoの方が大きいことは、かなり有利です。

oppoR15neo

スマホで困ることのNO1って、電池切れではないですか?

私は普段iPhoneとZenFoneの2台持ちですが、1日でかけるとどちらもバッテリーが残り少なく、時には電池切れになります。

nova3も持っていて使っていますが、電池の持ちは標準的です。最近のスマホは性能が良いから、バッテリーも結構くうのかなと感じます。

だからこそ、バッテリー容量が大きなoppoはかなりの魅力だと考えます。

あと、oppoのR15Neoにはゲーム加速モードと呼ばれる機能があって、ゲームを始めると、CPUが自動調整を始めて高パフォーマンスな操作性をもたらします。

oppo R15Neoのカメラ機能

写真も撮影して、カメラ機能を確認してみました。管理人は数年前、一眼レフで写真を撮影していましたが、現在はスマホのカメラ機能でほぼすませています。理由は、スマホカメラは性能が良いことと、一眼レフと違って重くないからです。

oppo R15Neoのカメラ機能

oppo R15Neoもお安いながらダブルレンズで

アウトカメラ:1300万画素(アウトカメラ:1300万画素+200万画素)
インカメラ:800万画素 (インカメラ:800万画素)

となっているので、ポートレートモードなど期待できます。

まずはオートで撮影してみました。このオートでの撮影が一番大事です。スマホで写真を撮影する際に、今はマニュアルでも撮影できるようになりましたが、大多数の人はオートで撮影しているからです。

oppoで撮影した写真

画像を縮小しているので現物よりは写真の質は落ちていますが、オートでこれだけ鮮明に室内で撮影できるなら合格!

背景をぼんやりぼかす、ポートレートモードは?

ポートレードモードoppoのカメラ

ポートレートモード!最初撮影したときに、かなり背景をぼかすことに成功したのですが、ちょっと不自然だったので後ろのぼかしを控えめにしましたが、グッと雰囲気が出たと思います。

特に、操作をちょこちょこしないで、ボタン押すだけでこれだけきれいな写真を撮影できるなんて、安いスマホなのに凄い時代になりましたね。

\oppoの激安価格check/
IIJmio(みおふぉん)ページ

oppo R15Neoのディスプレイ

oppo R15Neoのディスプレイですが、サイズ6.2インチ、比率19:9のフルスクリーンかつ画面占有率を88.8%なのでスマホへの没入感がすごい!

サイズ6.2インチ比率19:9のフルスクリーンR15 Neo

nova3とディスプレイそっくりです。ですが、nova3のディスプレイが若干サイズ大きいです。

nova3とoppo R15Neo比較

色彩も豊かで、視認性が良いですね。

oppo-R15Neo

アンドロイドの操作性、画面回りは特に変わらないです。物理ボタンではなく。タッチ式のホームボタンや戻るボタンになります。

これで、2万円台は。。。安いですね。

oppo R15Neo 最安値価格はIIJmioなの?

UQモバイルでは、R17Neoが販売していて、端末代金38,988円となっています。R15Neoはありませんね・・・そのほかの、LINEモバイルや、OCNモバイルONE、BIGLOBEモバイルなど主要な店舗でも取り扱いがありませんでした。

oppor15neo

IIJmioでは、

24回分割払い 1,050 円(税抜)一括支払い 24,800 円(税抜)
2018年12月3日(月)23時59分までの契約であれば、音声通話契約条件でアマゾンギフト券3000円分もらえます

特典利用の場合実質21800円なので、買いですね。

IIJmioは、格安SIMの会社でも最多のスマホ機種取り扱いになります。oppoに強くて様々取り揃えていますよ。

値段の安さ、インターネット速度の安定は業界内でも人気の会社です。

\oppoの激安価格check/
IIJmio(みおふぉん)ページ



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
トップへ戻る