【WIMAXの罠】キャッシュバックが貰えない!を防ぐ方法【GMOとくとくBB】

WiMAXのキャッシュバックは複雑で貰えない!失敗するのでは?!と考えて契約できなかった管理人ですが、あれこれ調べてやっと

GMOとくとくBBのWiMAX2+ ギガ放題接続サービス (au)を契約したよ٩(•౪• ٩)

色々と罠が多いキャッシュバックですが、過去の経験者の口コミを読み漁り、WiMAXのキャッシュバックが貰えない!失敗した!ってことにならないためには、最初の設定さえしておけば大丈夫だと自分で納得し、

なら一番キャッシュバック率が高いGMOとくとくBBでいいんじゃない?ってことになりました。
(キャッシュバック率比較はまた別記事で書きますね)

この記事では主にGMOとくとくBBのキャッシュバックの罠にはまらないように、少しでも確実にキャッシュバックを受けられるように事前の準備をしておく説明ページになります。

GMOとくとくBB WiMAXでキャッシュバックを受けるための基本条件 その1

GMOとくとくBBでは、様々なページをインターネット上で用意しているのですが、

キャッシュバックを受けたい場合はキャッシュバックありのページで申し込まなければいけません。キャッシュバック専用ページ以外の申し込みはキャッシュバック適用されませんのでご注意を!

以下はキャッシュバックページ上に書いてある、キャッシュバックを受ける条件の注意事項の一つから引用

本ページ以外から対象接続サービスにお申し込みをされた場合、特典は適用されません。また、本ページから対象接続サービス以外の接続サービスにお申し込みをされた場合も、特典は適用されません。接続サービス名を必ずお確かめの上、お申し込み手続きにお進みください。

こちらのサイトでもキャッシュバック用のリンクを以下に掲載しています。

※過去にこのキャンペーンの適用を受けた方は対象外になります。

GMOとくとくBB WiMAXでキャッシュバックを受けられるのはこのページから

キャッシュバックリンクは
最大32,000円キャッシュバック!!月額料金も3,609円(税抜)~とお得!工事不要でお得なWiMAX2+はこちら

または↓↓このバナーからもキャッシュバックページに飛びます。

大前提として、上記リンク先のページから確実に申し込むことです。

その他、キャッシュバックを受けるためのルールが存在しますので以下でご説明します。

GMOとくとくBBのWiMAXでキャッシュバックを受けるための基本条件 その2

そして、キャッシュバックを受ける条件を満たしたら、あとは11カ月後にキャッシュバック案内メールを受け取り、指示通りにするだけ!

ですが、このメールが曲者で、キャッシュバックお知らせメールが届くのは、登録時に作ったGMOの基本メールアドレスになり、連絡先アドレスとは別になります。

端末発送月を含む11か月目に基本メールアドレス宛にキャッシュバック特典の 振込に関するご指定口座確認のご案内メールを送信し、ご返信があった翌月末日(営業日)にご指定の口座に振り込みます。基 本メールアドレスはGMOとくとくBBへのご入会時にお作りいただくメールアドレスとなります

GMOとくとくBBを申し込む際に、住所や名前などの個人情報を入力して、その後にメールアドレスを作成します。

携帯番号、FAXに続いて、

希望メールアドレスとあります。

説明には「無料で取得できるGMOとくとくBBのメールアドレスです」と書いてあります。

この希望メールアドレスで設定したアドレスにキャッシュバックの案内メールが届きます!!下の段の登録受け付け確認メールのアドレスではありません!

登録受付確認メールアドレスというのは、普段自分が使っているメールアドレスのことですね。ここには、キャッシュバックメールは届きません。

ですが、いちいちGMOのメール管理画面に入って11か月後に【基本メールアドレス】のメール確認するなんて面倒なこと私はしたくないです、なので普段使っているメールアドレスにGMOのメールが転送されるように設定しました。

以下が設定方法です、ここでも軽くトラップがあるのでうまくかわしつつ設定しました。

ちなみに、個人情報登録画面の最後に【メール受信設定】とありますが、余計なメールが届いて見落としを避けるためにチェックマークは私は外しました。

では、最重要項目の転送設定方法を説明させてください。

GMOとくとくBBのWiMAXのキャッシュバック受け取り確認メールを普段使うGmailに転送設定する方法

普段使っているメールアドレスが、GmailだろうがYahoomailだろうが、ほぼGMOとくとくBBのメールを転送することが可能です。

転送設定は、親切にもGMOとくとくBBの管理画面からできます。最初から普段使っているメールアドレスに届けてくれるだけでいいのに・・・という気持ちを抑えつつ、とくとくBBの管理画面より設定を行います。

ログインすると、わかりやすい初期画面が。

メールの転送設定ボタンを押すと、転送先メールアドレスを入力する画面になりますので、【次へ】と書いてある画面下のボタンをクリックして、

以下のメールアドレス入力画面に進みます。コピーは残した方が良い方にチェックマークがついていることを確認。

画面一番下の段の【転送先メールアドレス入力】欄に、確実に見るメールアドレスを入力しましたら、その下にある【設定一覧に戻る】ボタンをクリックして現在の転送設定状態を確認します。

すると・・・現在の転送設定先

承認待ち

となっています。そうです、この状態のままにしておいたら、キャッシュバックメールは一生転送されてきません。

転送先のメールアドレスの受信メールボックスを確認すると・・・

転送先メールに【メール転送設定登録の確認】が届いているので、メール内の確認URLをクリックして認証します

そうすると上記のように現在の転送先のステータスが承認待ちから【転送中】に更新されていることが確認できます。

わかりやすいように、1から10まで書いたので非常に面倒に思えるかもしれないですが、自分で設定すれば入力箇所は一カ所なので簡単ですぐ終わりますよ。

ここで、念のためGMOのアドレスにテストメールを送ってみて、転送先にすぐ転送されてきているか確認できれば盤石です。

面倒かもしれませんが、これを設定しておくことでキャッシュバックメールを見逃す確率はぐっと下がりますし、なんなら複数の異なるメールアドレス宛にも転送設定できます。(最大5つのメールアドレスに転送設定可能)

GMOとくとくBB WiMAXでキャッシュバックのメールが届いたらすること

GMOとくとくBB WiMAXでキャッシュバックのメールが届いたらすることおさらいになりますが、

端末発送月を含む11か月目に基本メールアドレス宛にキャッシュバック特典の
振込に関するご指定口座確認のご案内メールを送信し、ご返信があった翌月末日(営業日)にご指定の口座に振り込みます。ご指定口座確認のご案内メールの送信日より翌月の末日までに受取口座の連絡をする

猶予は1か月ほどです、見落としは許されません(◞‸◟)

GMOとくとくBB WiMAXでキャッシュバックその他の注意事項

以下、間違えることはないと思いますが念のためキャッシュバック対象外になるパターンを引用しておきます。

1.特典対象接続サービスの変更
2.特典対象接続サービスの解約
3.未納によるサービス一時停止または強制解約
4.受取口座情報に不備がある場合
5.その他GMOとくとくBBが対応困難と認めるものがあった場合

私の周りで、キャッシュバックを受け取れなかったという方はいないので、手順通りにやれば大丈夫ははず。

一番怖いのは、申し込む際に戻るボタンや、進むボタンなどで画面の操作をした場合にキャッシュバックの経路を正しく認識できず特典対象外となることだと感じました。申し込みするときは、戻るボタンなどを押さずにスムーズに申し込むのがコツです。

そして、キャッシュバックのページを間違えないように気を付ける。

キャッシュバックページへのリンクは
こちらクリック⇒GMOとくとくBB

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
トップへ戻る