楽天モバイルは動画ゲームを直近3日間速度制限なしでいける格安スマホ!

楽天モバイルでも動画やゲームをガンガン視聴して、直近3日間の速度制限なしで使いたい!そんな格安スマホになりましたよ楽天モバイル。

3020gbrakuten1

(^^)/すごいです!だってこれを実行しているところって、私が知っているMVNOでは過去記事に書いたエキサイトモバイルぐらいなのです。

そもそも、格安スマホでは直近3日間でのデータ使用量での速度制限は、当たり前なんですよね~~~!!!!でももう楽天モバイルは、プランを変更すれば、この直近3日間の速度制限もないのです。

そりゃ、私が契約している3GBのプランでは、動画やゲームをやりすぎると直近3日間の制限に引っかかってしまうけど、今回出たプランに最初からしておけば、大丈夫、速度制限かかりませんよ。

では、今日は楽天モバイルの新プランをご紹介いたしますね。

楽天モバイルの新プラン

実は今回楽天モバイルの新プランとしてこの直近3日間のデータ使用量による速度制限なしのプラン以外にデータシェアもついに始まったんですよね。これは、前からユーザーが要望していましたが、なかなかつくことがなかったので家族で乗り換える場合嬉しいです。

Family
Family / ezhikoff

それでは、最初に直近3日間の制限がない大容量プランのご紹介をしますね。

直近3日間の速度制限がない大容量20ギガ30ギガプラン

通常、オンライン動画の視聴やゲーム、音楽のダウンロードなど、多くのデータ通信を使う場合格安スマホの会社で、直近3日間で使用したデータ通信量が一定の上限を超えると通信速度が制限するようになっています。

これが原因で、格安スマホに乗り換えるのはちょっとなぁとためらう方も、特に若い方はいるのではないでしょうか?

sumahosaya1

そこに新しく出たのが20GB 30GBと2種類の大容量プラン。これは、大容量なだけではなく、大容量プランを選ぶ方の多くが、動画やゲームをする頻度が高いことを見越して、直近3日間のデータ使用量による速度制限を撤廃しています。

格安SIMってさー、動画とか外で見まくるとすぐ速度制限かかるよね?なんて言われていましたが、このプランを選べばそれはNO!

新しく出たプランは、データSIM「20GBプラン」は4,050円(税別)、「30GBプラン」は5,450円(税別)通話SIMの「20GBプラン」は4,750円(税別)、「30GBプラン」は6,150円(税別)となっています。

ん??格安スマホにしては安くないじゃん・・と思った方。この容量を、大手キャリアで使うとしたら月額料金は以下のようにかかるので、その差は大きいです。以下は通話し放題プランを含めた価格(通話なしでネットのみならもっと安いです)になりますが、かなりの価格差です。

rakumobile29014

概ね30%オフになる、3000円近く安いわけですよねぇ。これって小さい額ではありません。

楽天モバイルには今まで容量が多いプランはせいぜい10GBのプランまでしかなかったので、超ヘビーユーザーを満足させる20GB30GBプラン登場で、すべてのユーザーを網羅できましたね。

students0047

格安スマホで大容量を探している方は、中高生のお子さんを抱えている方も多いと思うので、ちょっとその辺にも触れたいです。

例えば受験生がいるとして、3000円という額でも場合によっては大きいのだ

我が家には受験生がいるのですが、受験生って今や受験最後の年、中学三年や高校三年、もしくは小学校六年生を指すのではなく、その前から始まっているんですよね。受験のために何年も塾に通う。もちろん、進学だけが全てではないし、塾へ行かなくても目標としている学校に行ける子もいます。

study058

気になる教育費ですが、塾代だけで7桁は行きますね。で、塾の代金ですが、これって年収にかかわらず、一律ですから。年収1000万円の方も年収400万円の方も、同じ塾に通えば(評判の良い塾に入れないと意味ないですからね、結局みな同じところになる)

みな教育費にかかるお金は同じなのです!!

年収によって割引がある塾は私の知る限りありません。

昔よりも、この教育費は過熱していて都心だけではなく、地方も恐らく同じような状態だと思います。

でも考えてみてください。アメリカの大統領もトランプ大統領に決定し、この先日本は世界の中でどうなるんだろうという、先の見えない時代。


トランプ大統領ではありませんが、自分の家庭の財政状況を守ることは、家庭の未来へ繋がります。教育費は削れませんが、通信料金は乗り換えるだけでとてつもなく削減できる費目なのです。

年収1000万円の家庭であれば、月々3000円ほどの削減はそれほど大きくないかもしれない(とはいっても、実際は年収1000万円ぐらいでも通信費削減したほうが良いと思います)けれど、そうではない家庭にとって年間1台につき3万6千円の削減はかなり大きいと言わざるを得ないでしょう。

ということで、話戻りますが、こんなにも大事な通信費削減なのに世間での格安スマホ率はMMD研究所の発表によると、

15歳から69歳の男女35,161人を対象に、格安SIMサービスの利用について聞いたところ、利用していると回答した人は14.7%だった。

私は楽観的ではなく、心配性なので先々を考えるタイプ。

なので、大多数の方が、将来を見据えているのかいないのか、高い通信料金を支払うことに躊躇がないことが不思議なのです。

楽天モバイルでは、データシェアもできるようになったので家族で乗り換えもお得なのです。

楽天モバイルデータシェアプラン登場

2017年1月から、家族でも、ひとりでも、分けあえるデータシェアプランが楽天モバイルで始まります。

データシェア家族でわけあうというのは、実は他人でも大丈夫です。

  • 同一名義のSIMカード間や家族間に限らず、「楽天モバイル」の利用者であれば誰とでも設定できるため、友人や同僚と分け合うことも可能。1回線あたり月額100円(税別)のシェアオプション料金で最大5回線

もちろん彼氏彼女でもできますね。例として、20GB契約した場合、データシェアでこのぐらい使えます。

  • 父親が20GB契約の11GB分使う(4750円)
  • 母親がコミコミプラン2GB+5分かけ放題+5GBシェア(1880円)
  • 長女が3.1GB通話SIM(1600円)
  • 次女が050SIM(ベーシックプラン)+3GBシェア(654円)
  • 祖母が050SIM(ベーシックプラン)+1GBシェア(654円)

という組み合わせなら、家族5人、1人あたり月額1600円弱で済むパターンも考えられます。

この大容量プラン、上記のようなデータシェアもできて、しかも直近3日間の速度制限がないのですから、とっても使いやすいSIMだと思います。

現在、楽天モバイルではこっそり楽天ポイントプレゼントキャンペーンを行っていて、方法は楽天カードに申し込んでそれで支払いをするだけなのですが、端末代金を分割する場合手数料が無料になるだけではなく、ゲットしたポイントで端末割引も可能です。

で、ここが最強なのですが、楽天モバイルは端末セール中。

rakutencard131

大幅値引きしてあるその価格から更に、カード入会でゲットした楽天モバイルのポイント分を引ける

のです。値引き幅は、他の格安スマホは比べ物にならないほど大きいので、端末を一緒に購入することを考えているのであれば、オススメの一択です。

実は、このポイントゲットキャンペーンは以下のリンク先を通してしか、ポイント加算されませんのでご注意ください。

別なページで入会しても、ポイントは無効になるのでご注意ください。年会費無料なので、持っていて損はないです。

月々の利用料金も楽天スーパーポイントで支払えます(これもかなり大きいですね)



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
トップへ戻る