ZenFone3口コミ【ゼンフォン3とMotoG4Plus比較】

ZenFone3口コミ記事です。

ZenFone3を現在使っています。ゼンフォン3とMotoG4Plusを同時に見る機会がありましたので、実は似ているこの二機種を比較してみました。

zenfone3biglobe1

ZenFone3を使って半年になりますが、なんといってもカメラ性能が1600万画素と高いのでとても気に入っています。

展示会で、ZenFone3のそばに、今現在格安スマホランキングでもTOPに食い込んでいる、MotoG4Plusがあったのですが、これから格安スマホを買おうと思っている方は、MotoG4Plusと印象が被る部分があるZenFone3が出てきたことによって、さらに迷いが生じる可能性があります。

本日はZenFone3の大まかな機能と、MotoG4Plusと比較してどちらがよいか考えてみます。

ZenFone3は大手キャリアから乗り換えやすいかもしれない機種

ZenFone3ですが、大手キャリアから乗り換えやすい機種かもしれないです。と、いいますのはとある機能が搭載されているから。同じくMotoG4Plusもその機能があるために、人気急上昇しています。

motog4zenfone2

ではどのようなスマホなのかご紹介しますね。

ZenFone3はデュアルSIMで3G/LTE同時待受け可能!

ZenFone3の目玉は、なんといってもこのデュアルSIMの同時待ち受け可能な点ではないでしょうか?

zenfone3sim1

LTE(高速通信)のSIMを二枚入れて同時待ち受けはできませんが、片方が3G回線のSIMであれば、もう片方をLTE対応のSIMを入れて同時待ち受けできます。どういった使い方をするのか、一例としてどうしても大手キャリアの電話回線が必要な場合、ドコモの通話定額の契約のSIMを一方に入れて、もう一方のSIMは格安SIM(データ通信のみの契約)を入れて使うなどできます。

ちなみにZenFone3のSIMの対応は以下。

micro SIMスロット/nano SIMスロット/microSDカードスロット
※nanoSIMカードとmicroSDカードは排他利用となるため、同時に使用することはできません。

実際、私の夫もスマホ・ソフトバンクケータイ・仕事用の端末と3台を持ち歩いていますが、これって

hikakutanmatu53

荷物多すぎ・・

ですよね。こういった、回線をいくつか持たなければいけない方には、すっきり統一できるのでデュアルSIMの機種はオススメだと思います。

また、ZenFoneと言えば、SIMを入れる儀式がどうしようもなくイライラする仕様でしたが(今までは背面をはがしてSIMを入れていた)今回それも解消されました。

ZenFone3のSIMスロットとUSBはType-C

SIMに関して、自由度が高まったZenFone3ですが、SIMスロットも側面設置となり、SIMフリー端末初めての方でも、容易に扱えるようになりました。

zenfone23323

iPhoneと一緒で、側面のスロットに小さな穴が付いているので、ピンを刺してスロットを出すパターンですね。

これなら簡単にSIMを入れ替えることができます。

ちなみに、USB端子(充電のケーブルを刺す場所)もType-Cという、上下を問わない形になったので、この点もイラつきを最小限に抑えてくれました。

zenfone23318

こういった小さな改善が日々の生活をゆとりあるものにしてくれます。

ZenFone3の指紋センサー 認証も楽々に。

もはや、定番となりつつある、格安スマホの指紋センサーですが、ZenFone2時代は指紋センサーなかったのですよね。

zenfone23310

最大5つまでの指紋登録が可能で、スリープ状態からの起動、カメラの起動、撮影なども指紋センサーが対応しているので、操作が非常にスピーディーになりました。

アンロックは0.2秒、指紋認証は360度どの角度からでもOKという柔軟さ。また、指紋センサーの位置も、一番使いやすい場所へ配置されていたことも付け加えておきます。

ZenFone3のカメラ機能は約0.03秒の速さでフォーカス!

最近のスマホのカメラの性能には驚かされますが、ZenFone3のカメラ機能も充実したものになりました。

zenfone3-350350

レーザーオートフォーカス、像面位相差オートフォーカス、コンティニュアスオートフォーカスの3つのフォーカス技術を1つに調和し、システムに組み込みました。これにより、さまざまな状況やあらゆる場面で、わずか約0.03秒の速さで、フォーカスを実現します。

これは瞬きの10倍もの速さに匹敵します!

ファッ!?

zenfone36675

瞬きよりも速く撮影できるという事はかなり手振れやピンボケが解消されるのでは?

また、スマホで撮影するときに光の量が写真の出来をかなり左右しますが、その点もZenFone3は色彩調整センサが、光の当たり方が不自然な被写体を検出すると、自然に見えるように補正してくれるそうです。セルフィーも800万画素で撮影できるので、きれいなプロフ写真を撮影できます。

ZenFone3の高級感あるガラスボディ

外見的なこと、2.5D曲面ガラス加工された強度の高いゴリラガラスが採用されていて、

zenfone3biglobe1

zenfone2555

高級感がありますね。

zenfone22side

zenfone2593

アンチフィンガープリントが施されいるので、指紋が比較的つきにくいところもポイント。

ZenFone3とMotoG4Plusの比較

ZenFone3と同様に、デュアルSIM同時待ち受け可能なMotoG4Plusと機能を比較してみました。

 ZenFone3MotoG4Plus
CPUクアルコム Snapdragon™ 625 2GHz(オクタコア)クアルコム Snapdragon™ 617 1.5GHz(オクタコア)
OS基本システムAndroid™ 6.0Android™ 6.0
ディスプレイ約5.2インチ, Super
IPS+液晶ディスプレイ
約5.5インチ
解像度1920×1080ドット
(フルHD)
1920 x 1080ドット
(フルHD)
メインメモリ/
ストレージ
3GB/32GB3GB/32GB
バッテリー2,650mAh3,000mAh TurboPower™(急速充電)
カメラアウトカメラ:1,600万画素
インカメラ:800万画素
アウトカメラ:1600万画素
インカメラ:500万画素
その他デュアルSIM
指紋センサー
デュアルSIM
指紋センサー

motog4pluszenfone23

このように比較してみると、どちらを選ぶのか見えてきますね。

  • ZenFone3⇒若干Motoより画面サイズ小ぶり、インカメラが300万画素多い、CPUも上位、CDを超える高音質音源「ハイレゾ」対応、au VoLTE対応機種
  • MotoG4Plus⇒ZenFone3より画面が大きい、バッテリー容量が350mAh多い(急速充電可能)、Android7.0までのアップデートが保証

総じて見ますと、ZenFone3の方が、性能的に上のようですが『バッテリーの容量と急速充電・アンドロイドのアップデートの保証』などを重要視した場合は、MotoG4Plusが有利になります。

ZenFone3はアンドロイド7にアップデート可能になりました!

ZenFone3価格は意外と安かった

ZenFone3ですが、私の想像していたよりも安かったです、価格的に現状ではミドルクラスぐらいでしょうか。

BIGLOBE SIMですと、アシストパックなるプランだと1,380円(税別)×24カ月間で使えるようです。(これにSIMの月額利用料が+されます)

biglobesim229

ちなみにBIGLOBE SIMでは、契約時に割引のプロモがありまして、ちょっぴりお得。格安スマホは元々安いので、このちょっぴり割引でもそれなりの差になります。

キャンペーンの内容は以下(期限あります⇒BIGLOBE SIM

最大2万円キャッシュバック2017年9月3日まで

ちなみに分割ではなくて、一括だといくらぐらいなのでしょう。BIGLOBE SIMのサイトだとわかりづらかったので、同じ商品を扱っている楽天モバイルでZenFone3の端末代金をチェックしてみました。

楽天モバイルで、価格を確認すると一括払い 25,800円(通話SIM機種一括払い)となっていました⇒楽天モバイル

1万円台の激安スマホに比較すると高いですが、ZenFone3は、この価格で一般ユーザーであれば満足度高い性能ですのでコストパフォーマンスの高い機種だと思いますよ。

取り扱いは

格安スマホ選びの参考にしてみてくださいね(^^)/

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
トップへ戻る