中学生スマホおすすめランキング【2018年】格安料金で選ぶ(実録中学生感想あり)

中学生がはじめての格安スマホを使う場合のオススメランキング記事です。

【2018年】の最新格安スマホ事情を実際に中学生・高校生・小学生の子供がいる管理人(ママ)が解説。節約できて得するキッズスマホはどこが安い?人気のある会社をご紹介。

キーワードは「ギガが減る!!」

格安スマホを中学生・小学生の子供に持たせる場合のおすすめSIMフリースマホランキングとは?

やっぱり大事なのは格安な料金のスマホですね!

こちらの記事では 中学1年になって携帯電話スマホやアイホンもちたい中学生、お金がかかる高校生をお持ちの保護者の方向けの内容です。

※小学生はどこのスマホを使っている?と思う方は以下を参照してみてください。

小学生の子供さんは雑誌VERYとコラボしたツタヤのキッズスマホ

TONEモバイル(トーンモバイル口コミ記事)が一番おすすめです!セキュリティ面がダントツ優れています。

中学生以上は多分トーンモバイルでは満足できないと思うので以下をご覧ください。

動画をよく見る中学生、楽天市場が好きな中学生・・など、使い方別に格安スマホの会社を選びました。

Contents

格安スマホ中学生はじめてにオススメランキング!

すぐに答えを知りたい方のために、先にオススメの中学生向けはじめての格安スマホのランキングを書いておきますね。

管理人の家も中学生や小学生がいるので、彼らのモバイルの使い具合から以下のようにジャッジしてみました。

中学生高校生スマホは何GB(ギガ)容量プランを選ぶ?動画YouTube重視の格安スマホ(SIM) 1位

動画YouTube見放題にできる格安スマホランキング

第一位はBIGLOBEモバイル!

格安スマホを選ぶ時に一番悩むのは・・・・「中学生のスマホはどんなプランがいいの?」ということです。

データ通信容量を何GB(ギガ)必要でどのプランが良いのか・・・?
メールやLINE・インターネットをするぐらい
3GBのプランでもギリギリ大丈夫
インスタやその他SNSで動画などをよく見る場合
3GBプラン以上
YouTubeやゲームなどのデータを大量にやり取り頻繁
7GBプラン以上は必要

男の子は特にYouTubeが好きな子が多いと思います。

通常、スマホのプランは 動画YouTubeを見続けていると、パケット(通信量)が嵩んで月の途中でGB(ギガ)がなくなってしまい、速度制限にあってしまいます。

実際に中学生にスマホの用途を聞いてみました。

スマホで見るものってほぼ動画ですね。周りみんなそうですよ。YouTubeとか。 (中学生)

動画をよく見るのであれば7GB~10GB以上のプランではないとオススメできません。

なのですが、大容量プランは高いっす。

でも、激安でYouTube見放題のサービスが一社だけあるのです(*’∀’人)

YouTubeを見るのにパケットを消費しないカウントフリーのスマホ

それが上記のBIGLOBEモバイル

YouTubeを見て毎月何十ギガも消費している子はBIGLOBEモバイルの一択です。

オプション代金480円(税別)/月~で、YouTube、Google Play Music、Apple Music、Abema TV、Spotify、AWA、radiko.jp、Amazon Musicのデータ通信量が制限なくお楽しみいただけるサービスです。

条件は3GB以上のプラン(シェアSIMを含む) を契約

して、この月額料金に音声SIM(通話できるSIM)契約であれば480円(税別)/月をプラス、データSIMの契約であれば、980円(税別)/月プラスするだけです。(3GB/6GB/12GB/20GB/30GBプランあり。)

中学生向け携帯ビッグローブモバイルでYouTube見放題でいくらかかるか

中学生や高校生の携帯として人気があるYouTube見放題(エンタメSIM)のビッグローブモバイルのスマホ料金は

■中学生YouTube見放題月額料金実例■

毎月のお支払 
 
=2,082円


内訳
基本プラン通話付き(月額)1,600円
ユニバーサルサービス料2円

エンタメSIM480円

 

2000円台でYouTube見放題

ってすごい破壊力ですね。

手持ちのスマホがない場合、BIGLOBEモバイルでスマホを買えます。一番安いのは月々の機種代金が400円台なので機種代金を入れても2000円台で収まるのです。

高校生に人気のスマホおすすめ機種ランキング1位iPhone(中学生も)

高校生は後で説明しますが圧倒的にiPhoneです。iPhoneを買うなら、①BIGLOBEモバイル、②UQモバイルか③ワイモバイルでキマリですね。

3社の料金を比較してみましたが、特にBIGLOBEモバイルが一番コスパ良くiPhoneのセットを購入できます。

(期間限定のキャッシュバックを行っているので、他社は4000円台のなかBIGLOBEモバイルは月額2000円台での運用も可能です。)

月額料金って、よく見ると各社で違ってくるんです、

特に端末とSIMのセットはずいぶん違う。

中学生の携帯機種を格安スマホで、アンドロイドなら安い

iPhoneと比較するとアンドロイド機種は安いです。

中学生に携帯を買うならおすすめのアンドロイド格安スマホ機種は私も持っているHUAWEI nova(電池持ちの良さと、カメラの性能が高い)やnovaより少しお安めのnova lite(これか楽天モバイルのP10LITEがコストパフォーマンス高い機種です)

中高生のスマホで重要なのはとにかく写真!撮りまくるので容量(ROM)多い機種がいいかな。私のはファーウェイnovaです。 (中学生)

iPhoneの端末とSIMセットやアンドロイドのキャッシュバックがあれば必ずそれを利用しましょう。

今ならキャッシュバックあり。
大キャッシュバックはこのリンク先
BIGLOBEモバイル

BIGLOBE SIMでもドコモやauで契約したiPhoneは使えますよ。詳しくは↑↑上記のリンク内にある「動作確認済み端末」を見てくださいね。かけ放題プランもあります。

完全通話かけ放題/初期費用安い/ゲーム向け大容量もある 格安スマホ(SIM) 1位

電話の完全かけ放題オプションや、機種代金をゼロ円で買えるプランがある楽天モバイル

総合第一位といっても過言ではありません。

①機種セールを頻繁に行い
②ゲームする人用の大容量プラン
③機種代金無料の長期契約プラン
④5分かけ放題や完全かけ放題
⑤公衆Wi-Fiのオプション

などすべてを網羅している

楽天モバイルがオススメです。

楽天モバイルが女子学生にオススメの理由

特に女の子は楽天市場のポイントなども貯まるのでオススメですね。

貯めたポイントでショッピングも可能。

また、家計に優しい

スーパーホーダイプラン3年契約で機種代金が無料になるスマホが多数!

スマホは高いので、これは大きなメリットです。

私のメインスマホも楽天モバイルです。格安スマホのワイモバイルと楽天モバイルだけが完全通話かけ放題のプランがあります。


ちなみに、クレジットカードは楽天のものを使うとオトク。入会で何千ポイントも貰えるのでそれを利用できます。

楽天ポイントを効率よくためる裏技には楽天カードが必須です⇒楽天カード

クレジットカードがオトクですが、楽天モバイルは格安スマホでは数少ない口座振替(銀行引落し)にも対応!低速/3,1GB/5GB/10GB/20GB/30GBプランあり。

楽天モバイル大容量30GBプランがゲーム好き男子学生にオススメの理由

BIGLOBEモバイルはYouTubeなどがカウントフリーになりますが、スマホのゲームで消費したギガはフリーになりません。ギガを消費するゲームを頻繁にするのであれば、30GBなどの大容量プランが最善です。

スマホでゲームしてる子多い。大したことないゲームはいいんだけど面白いゲームってギガ減るんだよ。 (中学生)

格安スマホの有名どころで現在、大容量30GBの通話プランがあるところは

BIGLOBEモバイル 月額7,450円
楽天モバイル   月額6,150円
OCNモバイルONE  月額6,750円

となっていて

楽天モバイルの大容量プランが突き抜けて安いことがわかります。

大容量プランはスーパーホーダイプランではなく、

【組み合わせプラン】になります。

楽天モバイルのセールや機種の情報は以下に書いていますので参考にしてみてくださいね

楽天モバイルおすすめ端末【2018年】人気機種を比較!スーパーセール後の半額情報
楽天モバイルスーパーセールの後に2018年の大感謝祭が始まりました! キャンペーン期間 Web 2017年12月28日(...
公式サイトのセール情報は⇒楽天モバイル

LINEだけできればいいやSNS重視・中学生に持たせるおすすめ格安データシム(格安スマホ)1位

LINEはもはや、部活の連絡などにも使われるほど普通の連絡手段です。そのLINEが2016年より自社のSIMを出していますが、これがSNSやるなら便利です、LINEのサービスはタダになるんですよ、パケット消費が。

LINEだけではなく、ツイッターもインスタもギガを減らさないプランです。

ネットのニュース見ると、LINEはもう終わったとかあるけど、そんなことない。まだみんな使ってる。少なくとも中学生はLINEで友達と話すよ。(中学生)

うちも、LINEだけ使う端末に入れています。その端末では電話機能は使わず、格安データシムを入れてデータ通信だけできるようにしています。

電話機能無いと困る・・と思うかもしれませんが、LINE通話で済ませる用途なので月額500円で使っています。電話機能をつけると、1000円台ですがそれでも安いですね。

機種もバリエーションあります、HUAWEI nova liteや、富士通のarrows M03などが人気ありますよ。

最初にスマホ本体を買ってしまう、もしくは家にあるスマホにLINEモバイルのSIMを入れて使えば、月額500円でつかうこともできます。動画やゲームをしたいのであれば10GBぐらいのプランで3,220円/月ぐらいになります。

またLINEモバイルは格安スマホだけれどLINEのID検索に対応しているんですね。LINEだけ使えればいい、あとネットできればという中学生高校生には向いています。

おすすめの格安SIMまとめ→simちゃんがおすすめする中学生のスマホ

スマホが欲しいけど親に買ってもらえなくて悩んでいる中学生

補足なのですが、スマホがどうしても欲しい中学生がいると思います。

主にLINEなんですよね。我が家では現在高校生のお姉ちゃんは高校はいるまでガラケーでした。LINEもさせませんでした。子どもの親友もガラケーだったので助かりました。

ですが、交友関係によってはLINEないとキツイ場合もあると思います。

そこは親御さんがよくお子さんを見て判断するしかないです。

経済的にということであればLINEモバイルの一番安いプラン(500円)や楽天モバイルの安いプランであればなんとかなると思います。時代は変わってしまったんですよね。

ちなみに我が家は、次女と小学生の長男は塾通いがあるのでスマホを現在持たせています。

スマホ本体が高くて買えないという事であれば、楽天モバイルは現在ゼロ円のスマホもあります(0円スマホは契約3年縛りです)

中学生スマホ料金が高い!安くするには格安スマホはなぜ中学生におすすめ

なぜ格安スマホを中学生にオススメするのか、それは単純に通信費が1/3になるからです、実際に格安スマホと大手キャリアの月額料金を比較してみましょう。

中学生向けのドコモの携帯はいくらかかる?格安スマホの月額料金の最低価格プラン比較

中学生の携帯スマホ料金をドコモやauソフトバンクで支払うといくらかかるかというと、7000円ぐらいでしょうか計算してみましたが、

めちゃくちゃ高い!!シュミレーションは以下です。

大手キャリアドコモ社の場合


Galaxy Active neo SC-01Hを24回払いで支払う場合

カケホーダイプラン(スマホ/タブ)2年間の定期契約あり:2,916円
データSパック(小容量)(2GB):3,780円
spモード:324円
月々サポート(24か月間):702円割引
U25応援割:基本使用料 -540円(税抜500円) + ボーナスパケット1GB
U25スマホ割:月々サポートで864円×24か月(合計20,736円)割引

1~24か月目(月々サポート適用期間中) 7,371円

様々な割引がありますが、ここでは公式サイトで選べるシュミレーション条件でのみ掲示しています。(ドコモには家族3人5GBシェア契約で一人当たり4500円のものも2016年春よりあります)

対して、格安スマホNifMoで、Galaxy Active neo SC-01Hとほぼ性能が同じASUS ZenFone Goを契約した場合のシュミレーションが以下です。こちらもニフモの中にある最安のプラン(通話可能な)になります。


ASUS ZenFone Goを24回払いで支払う場合

データ1,1GBプラン:440円(25か月目以降640円)
音声通話契約料:700円
電話料金20円/30秒でひと月に20分かけた場合 800円

1~24か月目 1,940円

格安スマホのニフモのほうはデータ容量が1,1GBと少なくなってますが、3GBにした場合でもこの月額料金から260円プラスされるだけです。

この条件での比較では、大手キャリアと格安スマホの価格の差は5,431円になります。

iphone android どっちがいい?中学生と高校生

中学生や高校生に持たせるスマホをiPhoneとアンドロイドとどちらが良いのか、迷う保護者の方もいると思います。

理由は後述しますが、女子はiPhoneが圧倒的多数です、我が家の長女(高校生)の友人でアンドロイド女子は・・一人もいません。

iPhoneが一番安く運用できる格安SIMの会社はBIGLOBEモバイルです。

iPhoneを最安で運用したい
BIGLOBEモバイルのキャッシュバック先リンク

中学生の次女はガジェット好きなのでファーウェイのアンドロイドを使っていますが珍しいかもしれないです。

本人にiPhoneへのこだわりがないのであれば、アンドロイドで十分です、小学生の息子の塾通いにはアンドロイドの安いスマホを持たせています。

女子高校生・中学生がiPhoneを使いたい場合のオススメ格安スマホ

現在シムフリースマートホンの端末シェアで一番多いのはiPhoneです。(2017年現在MMD研究所調べ)

また、女子高生や中学生が使うスマホも圧倒的にiPhoneが多いのです。そしてiPhoneでも格安SIMを使えます。

まず、格安でiPhoneを使う場合2通りの方法があります

  • 手持ちのiPhoneに格安SIMをさして安く運用する
  • iPhoneの機種を販売している格安SIMの会社で機種ごと契約する

ということ。

現在iPhone SEの格安プランを設けている会社からご紹介しますね。

iPhoneを格安SIMの会社で買って安く使う方法

アイホンは高いので中学生にはまだ早い!という保護者の方は多いかと思います。それはドコモやauで契約してしまえば月々料金がとても高くなるからです。でもiPhone6SやiPhoneSEであれば、取り扱っている格安SIMの会社もあります。

答えは先ほども書きましたがBIGLOBEモバイル

【iPhoneを格安で運用する最強SIM】BIGLOBEモバイルは女子高校生オススメ
iPhoneを格安で運用できるSIM を過去色々紹介しましたが、 iPhoneをセットした月額料金最安クラスのSIM(現時点独走状態)...

他に現在iPhoneを取り扱っている、有名どころの格安な携帯の会社でおすすめなのはワイモバイルUQモバイル

です。

どちらの会社でも、キャンペーンの条件をクリアした場合、端末料金が別でiPhoneを月々1480円から運用できます。(こみこみで4000円弱ぐらいになりますのでBIGLOBEモバイルのほうが安いです。)

UQモバイルに関しては以下の記事でiPhoneSEについて書きました。

iPhoneSEをSIMフリーで安く【UQモバイル】は家族割もある!
iPhoneSEがSIMフリーの会社で契約すると安く運用できます! この記事は、iPhone運用でオススメのUQモバイルについて料金や...

手持ちのiPhoneで格安SIMを入れて使う方法

中高生はiPhoneが大好きです。

以前、アプリマーケティング研究所が行った女子高生のアンケート結果は・・・

子どもにiPhone好きな理由を聞いたら、iPhoneケースが圧倒的に種類が多くて可愛いからだそうです。
iPhoneは価格が高めなので、できれば手持ちのiPhoneがあれば、それを格安に使いたいです。方法は簡単です。

格安SIMの会社のサイトには、かならず【端末動作確認済み一覧表】が掲載されています。

そこには、SIMが対応しているiPhoneの機種についても記載されています。端末動作確認済み一覧表に、手持ちのiPhoneが掲載されていれば使用可能という事です。

以下の格安SIMはiPhoneを使う場合にもリーズナブルで対応していればオススメですね。

 iPhone運用におすすめの格安スマホ(SIM)
BIGLOBEモバイル
・YouTubeなどのパケット料金が無料オプションあり
・ライトS、12ギガプランはWi-Fiスポットが全国80,000カ所無料
・通話パック60分や3分かけ放題プランあり
楽天モバイル・楽天ポイントが貯まる!
・電話かけ放題プランあり
・ゲーマー用大容量最安クラスプランあり
iPhoneユーザーに人気
【UQモバイル】
・電話かけ放題プランあり
・家族割あり
・左のリンクからWEB割あり

iPhoneをすでに持っていて、SIMロック解除・SIMフリー端末である場合は格安SIMのカードを買って、手持ちのiPhoneにさして使います。

その方法は・・・(詳しくは過去記事参照ーiPhoneを格安スマホに

BIGLOBE SIMはエンタメフリーオプションという、YouTubeなどが見放題(パケットカウントフリー)のオプションもあるので動画好きな子供にはおすすめですね。

また、姉妹・兄弟で使いたい場合は、BIGLOBE SIMでシェアSIMするのもオススメです。

12GBのプランが3400円なので、二人で分けると一人頭6GBを1700円で使えます。ニフモは公衆Wi-Fiサービスがあるから、上手に使えば最低ラインの1.1GBでも動画なりを外でも楽しめそうです。

私、塾に中学生の子たちを送り迎えしていますが、上の比較を見せてどれがいい?と聞いたら・・・(イメージ写真です↓)

point33323216

でした。ほんとのほんと(笑)男の子に聞いたらまた違うのでしょうけど、女子は「ポイント欲しいよね」と即答。Wi-Fi?シェア?何それ的な回答。

手持ちのiPhone(動作確認されている機種)を格安スマホにするためには、MVNOのSIMを契約して、iPhoneに自分で刺して

SIMiphone6sbmobile88

apnの設定を行います(過去記事)ただそれだけでiPhoneが安く使えるようになりますよ。

楽天市場や109シネマで使えるポイントが貯まる→楽天モバイル

LINEだけ使いたい手軽な→LINEモバイル

兄弟・家族でデータ容量シェアできる→BIGLOBE SIM

中学生は動画がお好き。格安スマホでYouTubeやゲームをしたい

中学生は(高校生もだけど)スマホで動画やゲームをすることが、一番ナチュラルな使い方ではないでしょうか。受験やテスト勉強を考えると、害悪でしかないと思いますがたまの息抜きや待ち時間にYou Tubeで音楽を楽しみたいという中学生。

speedtestskytree20158

格安スマホでも動画やゲームは楽しめますよ。当然ですがSNSも。

こちらでご紹介するのは、動画などの大量データを消費する場合使いやすいと思われるであろう格安スマホを選びました。

まず「3日間のデータ使用量の合計が既定量を超えると通信速度制限がかかる」ところは除外して、

3日間の通信速度制限がなくて、大容量のプランと言えば

20GBと30GBプランがある⇒楽天モバイル口コミ

ですね。ゲームを集中してやる方にはおすすめですよ。

中学生スマホを安くする方法は格安スマホにすること

中学生・高校生の通信代を安くする方法は格安スマホにすることです。上記でご紹介したことをまとめると

Gathering of the Graduates
Gathering of the Graduates / NazarethCollege

将来、子供のために奨学金や進学ローンなどに頼らざるを得ないこともあるかもしれません。
ですが、できれば借りないですましたいものです。格安スマホにすると通信費は減らすことができるので教育費をプラスにすることが可能です。

格安スマホの場合注意点があるとすると、緊急地震速報はアプリのヤフー防災などを入れて対応させることが重要です。格安スマホを契約した後は必ずヤフー防災インストール、動作確認してください。Jアラートをスマホに届かせるためです。

中学生の格安スマホの2大ポイントは、今日ご紹介した

・iPhoneを使いたいのか

・動画やゲームをメインで使いたいのか

この2点で選ぶと、目的にあった格安スマホが見つかるかと思います。

通信費は目に見えないものなので、当たり前に毎月何万円も支払っている方も多いのではないでしょうか。これがもしスーパーに売っている肉だったら?

スーパーで殆ど味の変わらない生産者の同じ肉が1000円と7000円だった場合、どちらを選びますか?

格安スマホの回線はドコモもしくはKDDIと同じ回線を使っています。

通信費も目に見えるものと同じように、価格とものを見極めて選ぶとその節約度は家計において最大の効果を発揮しますよ!

よい格安スマホが見つかりますように。

お読みいただきまして、誠にありがとうございました!

スマホ本体の値引き率がトップクラス⇒楽天モバイル

LINEモバイルのSIMも、iPhone結構対応していますね。



格安スマホSIMフリーでしょ。TOPページへ戻る

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. […] ↓以下のサイトに書いているので興味があれば読んでみてね。 格安スマホ中学生におすすめは? […]

トップへ戻る