ラインモバイル口コミ【使ってる2年目】欠点は料金?LINE無料で評判良し

この記事はラインモバイルを実際に使って2年目に突入するユーザーがプラン詳細の評価やLINEモバイルを入れてスマホを使ってみた口コミ(レビュー)感想をご紹介しています。

LINEモバイルのキャンペーン情報も更新しました☆

ラインモバイルキャンペーン開催中!⇒公式サイト詳細

ラインモバイルのキャンペーンからご紹介しますね

ラインモバイルキャンペーン

一時期キャンペーンしてませんでしたが、またキャンペーンがLINEモバイルで開催。丁度1周年になりました!

内容は

LINEモバイルをご検討中の方へ。今、LINEモバイルをはじめると
最大4,000円相当もお得に!この機会をお見逃しなく。対象者は

1.対象期間中に、音声通話SIMで利用開始された方
2.ウェブページからお申し込み時にキャンペーンコードを入力した方
3.利用開始後、LINEモバイルの公式アカウント(LINE ID:@linemobile)で契約者連携をされた方

◆LINE STOREコース

LINEフリープランで契約した場合:1,500クレジット
コミュニケーションフリープランで契約した場合:4,000クレジット
MUSIC+プランで契約した場合:4,000クレジット

◆LINEポイントコース

LINEフリープランで契約した場合:1,000ポイント
コミュニケーションフリープランで契約した場合:2,000ポイント
MUSIC+プランで契約した場合:2,000ポイント

です!これはかなりチャンスだと思いますよ~オススメ^^LINEモバイルは私も使っています^^

11月30日までは以下のキャンペーンも!

※LINEモバイルは、キャンペーン殆ど無い時もあるので、今キャンペーン豊作時期と言えるので、検討してたら超チャンスです。

ここだけの話・・・・

かれこれ2年使ったけどなかなか良いスマホです!

辛口なブロガー仲間の間でも評判良いです。

ラインモバイル使えなかったらすぐやめようと思いましたが、今もなお気に入って使っています。

そんなLINEモバイルのスマホプラン詳細をこちらでも記事の中でご紹介いたしますね。

linemobile418

ラインモバイルはSIMカードだけではなく。なんと端末も販売することになりました。lineモバイルの安い本体端末を購入した場合は、SIMカードの初期設定はしなくて大丈夫ですよ。

まずは、実際に1か月使ってみての簡単な感想をご紹介します。

セット販売の機種は一括払い!
オススメの機種の説明は⇒LINEモバイル端末おすすめ

ラインモバイルで販売される機種のご紹介と、続いてLINEモバイルのプラン内容詳細をご説明いたします。

LINE mobile2222

実際に契約される際には、LINEモバイルで、今一度内容をご確認くださいね。

LINE MUSICもデータカウントフリーになるプラン2017年ついに登場!!

LINEモバイル口コミ実際使ってみての簡単な感想

様々な格安SIMを今まで使ってきた管理人ですが、今回LINEモバイルを使ってみての率直な感想ですが『とりあえずチョイスしてもよさそうなSIMだな』ということ。

linemobile_0398

格安SIMにしたいけど、悪かろう安かろうが心配な方ってかなりの数いらっしゃるようで、迷っている様子がうかがえるのですが、そういった方にもLINEモバイルは基本をおさえているのでファースト格安スマホとしても良いのではないでしょうか?

どういった点が?といいますと、まず良い点からご紹介しますね。

LINEモバイル良い点 感想その1

基本をおさえているところがLINEモバイルの良い点ですが、以下が長所ですね。

  • 1 主にスマホの用途がLINEの人にはLINE(LINE通話やトーク)のパケット代(通信)が無料
  • 2 端末セットを買った場合、SIMは端末に挿入して送られてくるので自分でやらなくてよい
  • 3 通信の速度が現時点では速め
  • 4 コミュニケーションフリープランはLINEだけではなくフェイスブックやツイッターも通信無料
  • 音楽配信LINE MUSICのデータカウントがフリー!

1のLINEの通信代が無料になるのが、最低限のプラン(私の契約している月額500円)でも適用されるのがうれしいところ。

2に関しては、初心者のハードルである、格安スマホのSIMの設定や挿入が既にされた状態で受け取れる点

3に関しては、後述しますがまだユーザーもそんなにいないので、想像しているより通信速度が速かったのです。

linemobile1112121

上の写真は、先ほど思い出したように速度を計測しましたが、9時台という事もあり非常に安定しています、ダウンロード速度19.12もあれば動画もゲームもできますよね。

また通話のできるプランやSMSつき(ショートメッセージ機能)のプランである『コミュニケーションフリープラン』はLINE/ツイッター・フェイスブックの通信代金がフリーになるので、SNSを頻繁に使う方にはもってこいのSIMといえます。

おすすめはLINEなどのSNSを活用する若い層


(私は小学生用に最安プランで契約しています)→LINEモバイルが買える場所のリンク

LINEモバイルの悪い点 感想その2 欠点は料金?

一応、良いことばかり書いてもなんなので、悪い点をあげると

  • SNSを使わない人にはメリットをそれほど感じない
  • ほんのごくわずかですが、月額料金が高い
  • 店舗が現時点でない

girl003312

この3点ですね。『え!月額料金が高いの?』と画面の向こうで身構えた方。90円とかそれぐらいです、ツイッターやSNSやフェイスブックやLINE通話を使うのであれば十分ペイします。

そうLINE通話が肝です。

LINEモバイルはお金のかかる学生にぴったり!

LINEモバイルはお金のかかる学生にピッタリです、何故なら月額500円からLINEによる通話(LINEユーザー同士の通話)もできるし、ツイッターやLINE、フェイスブックも無料で使用可能なのです。

students0047

本来これらを多用するのであれば、高速通信容量が3GBぐらいはないと安心できませんが、これらSNSのパケット使用量がカウントされないのであれば、最低ラインの月額500円でも1GB容量があるので可能なのです。

もちろん動画やゲームをする場合は、このプランは無理ですが、LINEモバイルであれば、節約しても指定のSNSだけ(500円のプランの場合LINEが無料)は『し放題』なのでこの点がLINEモバイルのユニークさなのです。

LINEモバイルは、インスタグラムもギガを減らさないパケットフリーになっています

申し込み先は現在ネットから受け付けは以下になります。

スマホの通信料を徹底的に節約したい⇒LINEモバイル

動画やゲームがメインの方はLINEモバイルではなくて他の方がよいかもしれないです。SNSだけであればLINEモバイルはオススメですね。

では、実際に以下でLINEモバイルの詳細情報(販売端末など)をご覧ください。

ラインモバイルLINE MOBILEの端末セットおすすめの機種は?

ラインモバイルの端末はオリジナルではなく、一般的なSIMフリースマホの機種を販売することになりました。

LINEモバイルの機種ラインナップは、

Zenfone4 Selfie Pro/64GB 、HUAWEI MediaPad T3/16GB 、FUJITSU arrows M04/16GB 、BLU GRAND X LTE/8GB 、HUAWEI P10/64GB 、HUAWEI nova lite、VAIO Phone A、富士通arrowsM03、ZTE BLADE、ASUS ZenFone3です。

LINEモバイル最新機種

LINEモバイルの最新機種でおすすめなのは、、Zenfone4 Selfie Pro/64GBとFUJITSU arrows M04/16GBです。

どちらもお値段的にはZenFone™ 4 Selfie Pro 43,800円、arrows M04 32,800円と昨今の格安スマホとしては高めですが、ZenFone4 Selfie Proの方が、性能的に富士通をはるかに上回ります。

なんとZenFone4セルフィーの方は、前面には、自撮り撮影に特化したデュアルレンズカメラを搭載しているので、自撮りしたい人にはピッタリの高性能カメラを備えたスマホです。もちろん美人エフェクトも入っています。

 富士通
arrowsM04
ASUS
ZenFone 4 Selfie Pro
OS基本システムAndroid™ 7.1.1Android™ 7.1.1
CPUQualcomm Snapdragon 410 MSM8916 クアッドコアQualcomm® Snapdragon™ 625
(オクタコア)
ディスプレイ約5.0インチ HD(1,280x720ドット)5.2インチ IPS液晶 1920×1080ドット (FHD)
RAM/ROM2GB/16GBROM:64GB
RAM:4GB、microSDXCスロット(最大2TB)
アウトカメラ:1,310万画素
インカメラ:500万画素
メインカメラ:1,600万画素
インカメラ(メイン):1,200万画素
インカメラ(2nd):500万画素
バッテリー2,580 mAh3,000mAh

何より、ZenFone4 Selfie ProはデュアルSIMデュアルスタンバイということで、2枚のSIMを入れて2つの電話番号から同時待ち受けも可能です。

ただ少しお高いですね、あとZenFone4 Selfie Proは日本製ではありません。

日本製にこだわり、防水機能、防塵機能があり、おサイフケータイ機能も欲しい場合は

富士通Arrows M04ですね。

予算があって、防水機能もおサイフケータイ機能もいらなければ、ZenFone4 Selfie Proがオススメですよ。

LINE モバイルエントリー機種

HUAWEIの機種はとても人気がありどこの格安スマホの会社でも取り扱っていますがLINEモバイルでもあります。nova lite(19900円)がラインモバイルでセット端末として販売しています。

HUAWEI nova lite
OS(基本システム)Android™ 7.0 Nougat /CPU Huawei Kirin655 オクタコア/内蔵メモリRAM:3GB / ROM:16GB / Micro-SDスロット(最大128GB)/ メインカメラ:1200万画素(開口部F2.2/AF/BSI)インカメラ:800万画素(開口部F2.0/FF/BSI) /バッテリー3000mAh/ディスプレイ5.2インチ/指紋認証

エントリー機種としてはnova liteをチョイスするのがオススメです。どうしても更に安く済ませたい方はZTE BLADE(13800円)もありです。

ZTE Blade E01
OS(基本システム)Android™ 5.1 /CPU MT6735P クアッドコア 1.0GHz/内蔵メモリROM 8GB/RAM 1GB/メインカメラ:800万画素インカメラ:500万画素 /バッテリー2200mAh/ディスプレイ5.0インチ

ただZTE BLADEは容量が小さいのでアプリをあまり入れられないので、それでも良いという方が選ぶパターンですね。

LINEモバイル ミドルクラスの機種

ZenFone3は私も持っています、この機種は少し高め(39800円)になりますが、その価値はありますよ。

写真撮影もとってもきれいに撮影できますし、電池持ちも良いですよ。また見た目もスタイリッシュ。

上の写真はカバー被せちゃっていますが、キレイな波紋が表面に浮き上がっています。

ASUS ZenFone3
OS(基本システム)Android™ 6.0 /CPU Qualcomm® Snapdragon™ 625(オクタコア)/内蔵メモリROM 32GB/RAM 3GB/メインカメラ:1,600万画素インカメラ:800万画素 /バッテリー2650mAh/ディスプレイ5.2型/指紋認証

他は、富士通のarrows M03があります、国産の機種、日本製にこだわるのであれば、富士通でキマリでしょう。32800円、防水防塵仕様で、おサイフケータイ機能も備えているのでまさにTHE 日本仕様のスマホです。

LINEモバイルで販売される機種は、SIMが設定されて届きます。

  • エントリー機種でも指紋認証やカメラ機能にこだわるのであれば⇒nova lite
  • 3万円台まで予算あるのであれば高性能な⇒ZenFone3
  • 日本製の格安スマホは⇒富士通arrows M03
  • アプリなどは使わないから激安端末⇒ZTE Blade E01
  • VAIOが好きな方⇒VAIO PHONE

私は自分が使っていることもありZenFone3がオススメできますね、あとnova liteは実際に私も

nova(nova liteの上位機種)を使ってるので、2万円弱でこのnova liteが使えることを考えるとこれもイチオシですね(*”▽”)

nova liteはnovaとそれほど性能が変わらないんですよ、お買い得だと思います。

公式サイトの機種一覧とキャンペーンリンクは
LINEモバイル

LINEMOBILEラインモバイルの通信速度は遅い?ネットのスピード速い?

一番気になるのは、月額利用料金が安いだけに本当にラインモバイルで通信をしても、ネットのスピードは遅くないのかどうか・・?ということです。せっかく安くても、ちんたら速度では期待外れです。

はやる気持ちをおさえて、さっそくスピードテストを一番混み合う時間の昼時に行ってみました。湘南地区です。赤線で囲っているところがダウンロードスピードで、ネット閲覧時の快適さの指標になります。

linemobilespeedtest2016924

!!な・・予想外に速い!!

ちょっと驚きました、これ格安スマホにしては、速いですね。昼時は1Mbps以上あればいいかなーという期待度だったので、これは嬉しい誤算です。使ってだいぶたちますが、2017年9月現在でも速度は特に落ちている感じがしないので、後発のSIMにしては大健闘だと思います(*’∀’人)

次に、LINEモバイルで発表されたプラン詳細を簡単にご紹介しますね。

LINE MOBILEラインモバイルのプラン

ラインモバイルのプランはわかりやすいです。まず第一段階として今回発表されたプランは、

2016-09-05 (52)

LINEモバイル1.0ということは、今後も進化しそうですね。どのような内容なのでしょう。

以下は公式発表より引用させていただきました。

ラインモバイルLINEフリープラン

2016-09-05 (11)

上のプランはエントリーユーザーや、ライトユーザー向けの月額500円で使えるLINEフリーというプラン。高速通信です。私もこのプランで使っています、メインの端末ではないので、使う頻度も低いし高速通信ができる容量は1GBで十分だと考えました。(メインの場合は3GB以上を選んだほうが良いです)

linemobile418

これが、メインの端末となると、もう少し容量が多いプランにしたほうが無難です。これでは外出が続くと、通信容量を早く使い切ってしまうケースもあるからです。学生で動画などを流しっぱなしにする方は、7GB~10GBが安心ではないでしょうか。

LINEの機能である、音声通話・トーク・画像動画の送受信・タイムラインの閲覧などをしても、データ通信をカウントされないので、月定契約データ容量を消費することがありません。

LINEフリーの500円プランは、いわゆる電話回線ではなく、LINEを使った通話が付いたデータSIMです。

apnhenko1

1GBというのは、ひと月に使えるデータ通信量です。動画やゲームを外でするヘビーユーザーには、足りないですが、外出時に地図を確認したり、ネット少々閲覧するぐらいであれば使える方が多いです。ちなみに私は毎月のデータ消費量は、1GB前後です。

このLINEフリープランは、LINEだけでもしてみたい。という要望が、お孫さんを持つシニアの方や、学生などの初めての方向けのために作られたサービス。実はこのサービスは3種類ありまして

2016-09-05-53-e1473050955717

500円のプラン以外にも、ショートメッセージサービスが付いた1GB月額620円のプランと、電話回線を使った通話が可能な、月額1200円の1GBプランがあります。緊急通話110番119番が可能なプランは、1200円のプランになります。

500円と620円のプランも通話できますが、電話回線を使った通話ではありません。子供には緊急通話を持ってほしい、と考える保護者の方は1200円以上のプランを選んでください。

LINE MOBILEコミュニケーションプラン

LINEフリー以外にもう一つ、『コミュニケーションプラン』があります。

linefreefb1

こちらは、データ消費をLINEサービスだけではなく、カウントフリー対象がツイッターやフェイスブックなどにもおよび、一か月のデータ容量も3GB、5GB、7GB、10GBとなっています。

ラインモバイルのコミュニケーションプランの月額料金は

comfreeline1

LINEモバイルは安いのか、高いのか?他と比較してみると、

通話SIM、データ通信3GBと音声通信ができるコミュニケーションプランですと、同じプランで比較して、楽天モバイル(1600円)や、マイネオ(1510~1600円)、フリーテル(1600円)より90円から180円ぐらいラインモバイルの方が割高となっていますが、先に説明しましたように、LINEやツイッターフェイスブックのデータ消費量がカウントゼロなので、実質ネットを他社よりも多く使える計算になります。

ラインモバイルLINE MOBILEの有害サイトフィルタリングやSIM設定など

初めて格安スマホに触れる方のために、端末をセットで購入した場合は、SIMをセットしてくれるそうです。これで格安スマホの導入も簡単ですね。

sevicelinmobile332

またフィルタリングですが、子供に使わせる場合有害サイトをフィルタリングしたり、ID検索をできなくすることも可能だそうです。この未成年者保護のフィルタリング機能は500円のLINEフリーという一番安いプランでも基本プランとして利用可能です。

LINEモバイル

LINEだけ使えればいい!という格安スマホをお求めになる方にぴったりの格安SIM。

SIMカードだけの契約もできますし、安いスマホ本体を購入することもできます。

スマホ本体をSIMカードと一緒に契約した場合、SIMカードを本体にセットして配送してくれるので初心者にもやさしいです。

デメリットは、ショップがないことですが、安さ・手軽さ・LINEを使い放題(LINEがデータ消費ゼロで月額500円~!)なのでLINE好きにはたまらない格安スマホです。

☆LINEのID検索ができる格安SIMです。

公式サイトはこちら→LINEモバイル

※機種の性能詳細や種類は上記リンク先にある【LINE MOBILE】の緑のロゴをクリックするか、

公式ページの申し込みページで確認できます。

LINEモバイルの回線元、MVNOとしてのサービス内容

ラインモバイルの回線元は、以下の形態になっています。

linemobilemaru1

ドコモの回線をNTTコミュニケーションズを通して使っています。

linfreeecount1

今まで格安SIMに参入することに首を縦に振らなかったLINE株式会社がどうして格安SIMの事業に乗り出したのかと言いますと、

2015年の日本国内におけるスマートフォン普及率は49.7%*1となり、国内人口の過半数が未だスマートフォンを利用していないことが伺えます。このような状況を受け、LINEではスマートフォンのコミュニケーションインフラ提供者として、また、コンテンツプロバイダーとして、人と人、人とコンテンツの繋がりをより快適にすることを目的に、モバイル通信環境向上を目指してMVNO事業への参入を決定

なのだそうです。

Happiness.
Happiness. / WestbroekPhotography

特に若者にとってはスマホはSNS社会に住む彼らにとって必須のアイテムですが、音楽配信、SNSもデータ容量を消費します。そういった部分の負担を軽くしたいという背景もあるようです。

ラインモバイルLINE MOBILEのオプション

ラインモバイルにもオプションサービスがあります。

lineop73056405466

データの追加、留守電、割り込み通話などのサービスがあります。

マイネオにある、パケットプレゼントもラインモバイルではありまして、LINEのID宛てにデータ容量をプレゼント可能です。

2016-09-05 (28)

今回ラインモバイルが注目されているのは、スマホでよく使うサービスのデータ通信の負担を軽くすること。

linemvno2221133

いまや格安SIMの世界は戦国時代で、独自のサービスを展開しているところ・知名度などが高いところに新規ユーザーが集まり、参入するには遅い気もしますが、

LINEはすでにSNSサービスとして独自のサービスを確立していて、なおかつ格安SIM事業に参入するということ・・・これは、後発ですけれど、若い世代に爆発的に人気が出そうですね!

どうして若い世代になのか。

LINE モバイルが、SNSのデータ通信量の上限を定めず使い放題にしようとしているからです。

最後に、ラインモバイルの概要についてまとめてみますね。

申し込みはサイトで楽々!⇒LINEモバイル

LINEモバイルの月額料金と提供サービス

サービスの始まった、ラインモバイルの月額料金は

月額500円~

サービス内容としまして

◎「LINE」でのトーク、タイムライン投稿・閲覧に加え、無料通話などの通信量をカウントしない

◎ツイッターやフェイスブックも同様のサービス(コミュニケーションプラン)

◎回線はドコモ回線

『無料通話』の通信量をカウントしないので、LINEを使えば、電話も無料ですることが可能

無料通話なのに通信料金0円とか意味わからん!という方のためにご説明いたしますと、LINEなどのサービスは、データ通信を行ってするものなので、通話料金はかかりませんが、データ通信量を消費しますので、契約しているプランのデータ容量を消費していきます。プラン容量すべて使い切ると高速通信が使えなくなります。

enren903221

LINEの無料通話のデータ通信量がカウントされないということは、遠くの家族と長電話を頻繁にする方や、遠距離恋愛につき・・という方にとってかなり良いサービスなのではないでしょうか。

ちなみに【FREETEL】でも同様に、LINEのトークが無料のサービスが開始されていますね。ただ通話の通信量の部分は無料対象ではありません。

そう考えると、長時間電話をかけるかたは、このLINEの無料通話のデータ容量をカウントしないことは、かなりの魅力であると考えます。

通常LINEの無料通話で1時間程通話すると

denwasiterujyo12

1時間のデータ消費量=およそ18MB

なので一日当たりのデータ容量を考えてもさほど消費する感はありませんが、このほかに動画や音楽配信などのリッチなデータを毎日使う生活をしている方にとっては、やはりデータ容量をカウントしないプランは魅力ですね。

音楽配信LINEミュージックもデータカウントフリー決定!!

2017年いよいよLINE MUSICがデータカウントフリーになるプラン登場しました!!

LINEは様々なサービスを行っていますが、昨年話題になりましたLINEミュージックという音楽配信サービスも提供しています。以前のニュースではこのLINEミュージックもカウントフリーになるのか?ということが取り沙汰されました。

linemusillage

五百円のプランでは無理ですが、データsimなら3GBのデータ容量で月額千八百円台から契約可能です!(LINE MUSICの使用料金は別途必要)

NO MUSIC NO LIFE な学生などにぴったりですね。

私のおすすめTOP3のMVNOです⇒LINEモバイル

お読みいただきまして、誠にありがとうございました!

その他の格安スマホ口コミを見てみる

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. 真柄佐俊 より:

    格安スマホを探しています。
    年齢:後期高齢者
    スマホの用途:ほとんど受信がメインで以下の機能がほしい。
    1.インターネット閲覧
    2.外出時の地図検索
    3.テレビ/ラジオの受信
    4.会話はほとんどしない/メールはパソコンで行う。
    5.ゲームはしない
    6.電池はできるだけ長持ちが必要。できれば1WEEKに一回の充電に耐えてほしい。
    以上の条件で機種の提案を望む

    • Sim-chan より:

      真柄様

      コメントありがとうございます、
      条件の内容ですと、

      ・格安スマホ機種は富士通のarrows M03

      がよろしいかと思います。ワンセグ視聴がスムーズにできましたし、
      防水・防塵機能がアメリカのMIL規格に対応しているタフネスさです。地図検索も、ラジオ受信(アプリを入れて行います)も可能です。

      ※ただ電池持ちは1週間はその使用方法
      だと持たないとは思います。

      スマホの場合、電池が大容量でも
      割とガラケー(二つ折りの電話)よりも充電回数が頻度になります。

      メールは、スマホでパソコンメールを見ることができますよ、
      もしくは無料のメールアドレスを持てます。

      ゲームをしないのであれば、高速通信の容量は3GBプランで十分だと
      思います。

      富士通arrows M03を購入するとして考えますと、

      ・SIMをスマホに装着することが可能であれば、楽天モバイル

      ・SIMの装着をした状態で格安スマホを送ってほしい場合は、ラインモバイルなどがあります。

      イオンモバイルも初期設定済みで送られますが、オススメの富士通M03はありません。

      これまで、家電の設定(DVDデッキなど)を説明書見ながらした経験をお持ちでしたら、SIMを入れて格安スマホに使う設定をすることは同じように説明書を見てできるかと思います。また通販でもサポートセンターがありますので、電話で問い合わせも可能ですよ。

      よろしくお願いいたします。

  2. けんじ より:

    ラインモバイルは何処のお店で買えますか

    • Sim-chan より:

      けんじさま

      コメントありがとうございます。ラインモバイルは、オンラインでのみの
      販売です、今後ショップができるようですが、今はパソコンかスマホか
      タブレットから申し込みする形です→LINEモバイル

  3. asada hiromu より:

    スマホは始めてです、電話はガラケーを使っています、メールは殆ど家族間の連絡です
    フエイスブックをしています、デジカメで撮影パソコンで送受信しているので不便です、フエイスブックを送受信したいのでカメラ機能はありますか、ガラケーはこのまま使用するつもりです、以上で毎月の料金はどのくらいですか。      年齢82歳の男性です

    • Sim-chan より:

      asada さま

      格安スマホも一緒にお持ちになるということですね、
      そうすると、スマホに通話機能をつけなくても大丈夫ですね、電話はガラケーですると考えますと、スマホの月々の代金はずいぶん安くなります。フェイスブックと写真機能ということであれば、LINEモバイルだと端末代金が一番安いもので、¥13,800、毎月のお支払い料金目安¥1,113です。登録事務手数料は¥3,000(初回のみ)ぐらいかかりますね、月々は1000円ちょっとです、私が契約している楽天モバイルも同じ機種がキャンペーンで10月3日まで9800円で、月々は1020円ほどです。登録事務手数料が3000円ほどかかりますが、本体が値引きされていますので、楽天モバイルもオススメですね。ただ最初にSIMを機種の中にセットしなければいけませんが、不安がある場合はLINEモバイルで買ったほうが良いかもしれないです。参考にしてみてくださいね。

  4. 工藤 弘美 より:

    dokomoガラケーから楽天モバイルに主人名義で2台MNPを使って乗り換え、LINEで主人を友達招待すると、「自分を友達にすることはできません」とLINEから通知が来ます。同一人物とみなされているようです。主人を友達に追加する方法はあるでしょうか

    • Sim-chan より:

      工藤弘美さま

      コメントありがとうございます。

      私が楽天モバイルに移行したときは、
      確かフェイスブックを利用して移行
      したような・・

      異なる端末で、電話番号がそれぞれ
      あれば、お互い違うLINEになると
      思うのですが、友達追加の画面上にある
      QRコードで追加や、ふるふるで追加も
      できないようですか?

      友達追加の方法は以下の公式サイトを
      参照してみてください!友達追加についての
      ページです。

      https://help.line.me/line/ios/categoryId/20000088/2/sp?lang=ja

      宜しくお願いいたします!

トップへ戻る