ガラケーとスマホ2台運用する方法。シニアにはタブレットをオススメします

ガラケーとスマホを2台運用する方法をご紹介します。

2auxperia_BF

実はこの方法は、大手キャリアでスマホを持つよりも遥かに月額料金が安いです。

上の写真は、IIJmio(インターネットイニシアティブ)のSIM運用の白ロムエクスペリアにauのガラケーを組み合わせて使っている方です。

今回ご紹介する方法は何も『スマホ×ガラケー』だけではなくて、『タブレット×ガラケー』でもいいと思うのです、というかむしろその方が合理的なパターンもあるかもしれないです。

MediaPad M2 8.0383

なんだかんだでスマホの画面は小さいので目が疲弊します。シニアにとってはこれがスマホへのハードルだったりします。金融取引などを行う場合でもタブレットの方が画面が大きいのでスマホより適しています。

では、ガラケーを電話として使い、スマホ(タブレット)をインターネット閲覧端末に使う方法と利用料金の目安をご紹介します。

ガラケーとスマホを2台運用する方法

今回ご紹介する方法は、auと格安SIM運用のスマホのパターンですが、

格安スマホなら!DMMモバイル

を想定しています。

理由は、今回選ぶプラン5GBのデータ通信のみのSIMのプランでは、業界最安値だから。

ガラケーとスマホ2台運用するために必要なもの

ガラケーは今とても高いので、大手キャリア以外での入手方法を考えます。

①ガラケー →手持ちのものか、なければアマゾンのガラケーなどで探す。(スマホからガラケーへの機種変は高くつくので×)もちろん使用するキャリア(auならau、ドコモならドコモのガラケー)のガラケーを手に入れます。中古市場にもあります。

②スマホ  →手持ちのものか、新規購入するのであれば契約する格安SIMの会社で買う。1万円台~あります。

端末を2台用意できたらプランの選定です。

ガラケーは『かけ放題プラン』格安スマホは『データ通信のみのSIM』プラン

何か特別な方法があるわけではなく、

・大手キャリアでガラケーを使いプランは『かけ放題プラン』を選択(どのキャリアもあるようです)

・格安SIMの会社で『データ通信のみのプラン』を選択する。

このプランで2台を運用すると、以下のような料金体系になります。大手キャリアの1台運用と比較してみましたらこのような結果でした。

augarakesumaho2211

大手キャリアのスマホ1台で行く場合も、格安SIMとガラケーの2台運用で行く場合も

①電話はかけ放題

②高速のデータ通信は5GBまで

と言う同じ条件。

同じ条件でその差は毎月大体

 4590円 

となります。データ通信が5GBもいらない方は、もっと安くなります月額2000円台にすることも大いに可能です。

節約が大好きな私は、電気自由化にも興味シンシンでさしあたり何冊か本を読んだり調べましたが、電気の自由化は格安スマホほどの経費削減にはなりません。

既に調べた方はご存知かと思いますが、サービスを併用したり、ポイントバックであったり合わせ技を使うことによって年間トータルでいくら浮きます。というのが電気自由化ですが、格安スマホは目に見えて毎月使用量が安くなります。

もっと世間での認知があがってもいいのになぁと思います。

これからはマイナス金利など、庶民にどれほどの恩恵があるのかわからない経済政策が続きますが、できる範囲で家庭の経済もコストカットを個々人で考えていく世の中なのだと感じます。

ガラケーと格安スマホ2台運用まとめ

今回オススメした方法はどのような方に向いているかと言うと

①完全かけ放題の電話が欲しい方
②ガラケーが電池持ちもよいし、使いやすいので使いたい方

です。この方法であれば24時間国内通話時間制限なくかけ放題です。(多少のかけ放題程度であればコチラがオススメ→格安スマホで通話し放題記事

大手キャリアのガラケーと2台持ちのお供の格安SIMはデータ通信のみで選ぶのであれば、大体最安値は格安スマホなら!DMMモバイル
です。

今回ご紹介した2台運用は、スマホとガラケーだけではなく、タブレットとガラケーの組み合わせも同じようにできます。

注意は、大手キャリアの方で色々とルールが変わることがあるので、そちらを公式サイトやショップでご確認してから、検討してみて下さいね。

お読みいただきまして、ありがとうございました!

TOP ページへ戻る⇒格安スマホSIMフリーでしょ。

関連記事広告
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク