iPhoneで格安SIMを使う方法まとめ

iPhoneで格安SIMを使う方法のまとめです。

iPhone6S_0417

iPhone SEを安く運用するならUQモバイルがイチオシ!iPhoneSE本体とセットで激安運用可能

(5分以内の通話を何度でものおしゃべりプランつき!)

iPhoneを買いたい人も必見⇒UQ mobile

まず、現在のiPhoneですがSIMフリーiPhoneキャリア版のiPhoneがあります。

キャリア版のiPhoneというと、ドコモ,au ,ソフトバンクで販売しているSIMロックがかかっているiPhoneですね。SIMフリーiPhoneはアップルや家電量販店で購入したSIMロックがかかっていないSIMフリー端末。

※SIMロックとは他社の回線を使えないようにする制限のこと。

SIMフリーiPhoneはすぐ格安SIMを使えますが、SIMロックされているキャリアのiPhoneはSIMロック解除しないと格安SIM運用できません。

どちらのiPhoneかによって、格安SIMを使う方法が変わってきます。SIMフリーiPhoneとキャリア版SIMロックiPhoneのそれぞれの方法を、以下でご紹介しますね。

SIMロックが解除できるiPhoneなら格安SIM運用できる

最初にキャリア版(ドコモauソフトバンク)のiPhoneのSIMロック解除についてご紹介しますね。

~ドコモauソフトバンクのiPhone6s iPhone6sPlusのSIMロック解除の流れ~

・SIMロック解除を申し込む
・MNPの申し込みをする(電話番号引き継ぐ場合)または、解約手続き
・格安SIMに申込する
・SIMをセットする
・APNの設定

まずSIMロックできるiPhoneとそうではないiPhoneがありまして、ドコモやau、ソフトバンクでSIMロック解除できるのは

iPhone6sとiPhone6s Plus

Lr43_L1000119
Lr43_L1000119 / TheBetterDay

それ以外は、キャリアでのSIMロック解除は受け付けておりません。

また事前準備として、移行をスムーズにするため、必ずどこの格安SIMでiPhoneを使うかあらかじめ決めておきましょう。(この記事最後の章で用途別SIMご紹介しています)

①SIMロック解除の申し込みをキャリアにする

以下がソフトバンク、au、ドコモのそれぞれのSIMロック解除の対応です。

 SIMロック解除の条件解除方法費用
ソフトバンク・2015年5月以降発売機種のSIMロック解除は、購入日より181日目以降に可能。
・解約済み製品のSIMロック解除のお手続き可能期間は、解約後90日以内
①My SoftBankのサイト
②ソフトバンクショップ
①無料
②3000円
au・機種購入日から180日以上経過している機種であること。
・2015年5月以降に新たにauで発売されたSIMロック解除機能対応
①auお客さまサポートサイト
②auショップ
①無料
②3000円
ドコモ①端末購入日から6か月経過
②対象回線におけるSIMロック解除実績があり、かつ前回のSIMロック解除受付から6か月以上経過している場合は、端末購入日から6か月経過していない場合でもSIMロック解除の手続きが可能です。
※回線契約期間中に受付したSIMロック解除が対象です。
・すでにドコモを解約済の方は、解約日から3か月以内
①My docomoの「ドコモオンライン手続き」
②携帯から151電話
③ドコモショップ
①無料
②3000円
③3000円

色々と盛り込んでしまいましたが、SIMロック解除の条件としては、キホンはiPhone6sもしくはiPhone6sPlusが購入後どのくらい経過しているかです。大体どこも半年経過してからという条件ですね、これに当てはまっていればあとはお好きな申し込み場所で申し込めばSIMロック解除できます。

iPhone6S664427

無事SIMロック解除できたら、次は解約手続き、もしくはMNPナンバーポータビリティ申し込みします。

MNPの申し込みまたは、解約手続き

今使っている電話番号を引き続き格安SIMでも使いたい場合はナンバーポータビリティMNPの手続きが必要です、必要なければこのMNPの項はすっ飛ばしてさっさと大手キャリアと解約手続きを行ってくださいませ。

大前提として、MNPや大手キャリアとの契約解除は更新月に行ったほうが諸費用が安く上がります。

更新月ではない時にMNPや契約解除を行うと契約解除金9500円が別途かかります。

更新月の考え方は以下です。

keiyakukikann444332

公式サイトのマイページやショップなどで自分の更新月を必ず確認してから、ことを進めてください。

ナンバーポータビリティはネットで申し込むと5分かからずMNP番号取得できるスピーディーさらしいです。

 MNP申し込み先費用
ドコモ①ドコモ携帯から151
②My docomoオンライン手続き
③ドコモショップ
2000円(例外5000円の場合あり)
ソフトバンク①ソフトバンク携帯から *5533
②3G ケータイ版のみMy SoftBankオンライン手続き
③ソフトバンクショップ
3000円(例外5000円の場合あり)
au①電話0077-75470 (無料)
②EZwebオンライン
③auショップ
2000円

ショップでの申し込みは身分証明書やクレジットカードなど必要なものがありますので、確認してから訪問してください。

ネットで申し込める場合サクっとネットで申し込みましょう、すぐ番号受け取れるらしいですから。

あ、上の表ソフトバンクの手続き方法②のネット申し込みはiPhoneはとれないです、これを除く。あと費用の例外のところは、ソフトバンクは携帯電話を購入しないで契約・シンプルスタイル・スマート一括契約・みまもりケータイの契約にて新規で加入の場合、 契約後翌々請求月末までのMNP転出については、5,000円かかるそうです。ドコモはドコモUIMカード単体の新規契約、2in1Bナンバーの契約の場合が、90日以内に携帯電話・PHS番号ポータビリティ(MNP)を利用した解約を行う場合、手数料が5,000円だそうです、きっと当てはまる方はは少なそうですね。費用は2000~3000円ということですね。

※MNPの予約番号の期限は15日間です。すぐに移行手続きを行います。

ちなみにMNPの場合移転先の格安SIMに申し込んだらキャリアの契約は自動的に解除となります。

MNPをしない場合(電話番号変わってもよい方)は、単に大手キャリアとの契約解除を行えばよいです。それがすんでから移行します。

格安SIM会社にMNPで契約申し込み、またはMNPなしで契約する

MNPしないで申し込む場合は、公式サイトからただ申し込めばいいです(笑)

MNPする場合も、公式サイトからただ申し込むだけなんですけど、その際にMNP番号を入力するんですね。SIMのサイズを選ぶときに気を付けてくださいね、iPhoneはNano SIMです。

SIMiphone6sbmobile88

楽天モバイルに以下の記述がありました。

MNP予約番号を事前に取得しておけば、オンラインで簡単に申し込めます。一般的には、料金プランやMNPの転入を選択し、MNP予約番号を入力すると、SIMカードの発行手続きが完了します。

ここは特筆すべきことはなく、ただ粛々と申し込んでくださいね。MNPの注意事項としては

MNP番号取得後2日以内、3日以内に申し込みを完了させること

というかなり短い期間での申し込みを条件としている格安SIMもあることです、なので即座に格安SIMに申し込むことが大事です。

申し込むと、SIMが配送されてきます。セットをしましょう。

SIMカードをセットして、構成プロファイルAPNの設定

SIMカードの設定方法は、格安スマホのサイトなどに詳しく記載されています、一番わかりやすいのは楽天モバイルですね。

rakutemnmobile211

楽天モバイルの楽天モバイルトップ > はじめての方へ > 楽天モバイルでiPhoneを使う > 楽天モバイルでiPhoneを使う 設定編に詳しく書いていますが、ここでかいつまんで話しますと、

電源切った状態で

iPhone6ssimbmobile333

iPhoneに付属のピンでトレイを出して入れてまたしまいます。私の感想は、戻す時が若干難しいかなと、入れたSIMがずれやすいのでお気を付けくださいませ。

そうしまして、電源を入れます、後はiPhoneをWi-Fiにつなげてネットつながる状態にして、契約した格安SIMの会社にある『構成プロファイル APNの設定』のURLをタップしAPNをダウンロードします。以下は日本通信の画面です。

2bmobilesettei4Collage

そうすると何事もなければ、以下のようにインストールは完了します。

3bmobile33333 Collage

これでネットにつながるようになりました、お疲れ様です。

iPhoneで格安SIMを使うときに注意しなければいけないのは、iOSのアップデートです、お知らせが来たからと言ってすぐにアップデートしてしまうと稀に不具合が出ることがあります。

キチンとした格安SIMの会社であれば、iOSの新しいのが出るとすぐ検証してくれて、『動作確認端末』というところに対応している場合は対応に○がついているはずです。(過去記事参照

iOSは格安SIMの対応状況を確認してからアップデートをしましょう。

SIMフリーiPhoneの格安スマホ運用

は、簡単です、appleでSIMフリーのiPhoneを購入して、格安SIMの会社を決めたら申し込んで、SIMが届いたらiPhoneにSIMさして、上記のAPNの設定を行えば使えるようになります。

買ってきたばかりのSIMフリーiPhoneは立ち上げると、グーグルアカウント(メールの設定など)があってそれが終わると、APNの設定ができるはずです。よくわからない項目はスキップしても大丈夫です(クレジットカードの登録とか)

iPhoneで使う格安SIMはどこのものがよいか

以下は全く私の好みからご紹介するものですが、スキキライだけで紹介するのもアレですし、用途別に。

電話かけ放題のライトなプランが欲しければ→
楽天モバイル

iPhone用のお得なSIMや使った分だけ請求の安いSIM→【FREETEL】

家族でデータシェアやYouTube見放題エンタメフリープラン→BIGLOBE SIM

などは、有名どころでオススメだと思います。

iPhoneをこれから買う場合であれば、UQ mobileで本体も買えます。大手キャリアより毎月の料金が遥かに安いですよ。

UQモバイルのSIMは私も使っていますが、評判通り通信速度が安定しています。

iPhoneで格安SIM、おすすめ。iPhoneは本体がとても高いので、毎月の月額利用料を下げられたらうれしいものです。

TOP ページへ戻る⇒格安スマホSIMフリーでしょ。

関連記事広告
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク