速度が速い格安SIM。遅い格安スマホに満足できない方はこのMVNO

速度が速い格安SIM。遅い格安スマホに満足できない方はこのMVNO!!

2015年より格安SIMを色々と使ってきましたが、格安スマホは速度が速いものも増えてきました。

simfreetel332_0014

世間での格安SIMの評判も照らし合わせて速度が比較的速い格安SIMをご紹介します。

まず結果を発表する前に、格安SIMの速度に関する注意ですが

・時間や場所によって速度は変わる
・契約者数やMVNOの帯域によっても変わる

ので、ここで紹介してあるからと言って必ずしも同じ結果が毎回得られるわけではないものだということです、あくまでも参考にする程度で、流動的な評価であることをご了承ください。

では、最近はどこのMVNOの速度が速いのでしょうか?ご紹介いたしますね。

LINEモバイルが結構速い!FREETELやワイモバイルは速い常連組格安SIM

まず、最近の状況として2016年よりサービス開始したLINEモバイルの速度が結構速いのです!

もちろん我が家でも子供のスマホでLINEモバイルを使っております。

ラインモバイルは、LINEなどのサービスのついでに格安スマホを販売しているイメージだったので、予想外に速度が速めだったことに私も驚きを隠せませんでした。

以下はある日の速度@ラインモバイルです。

ダウンロード速度というものが、ネット閲覧の速度でこの数値が高いほど快適性が保たれます。

これはほぼ昼時に計測したものですが、これだけ速度が出ていれば問題がないです、そしてこれだけ速度を出せるところも格安スマホではあまりないかもしれないです。

LINEモバイル以外に速度の速い格安スマホはどんなものがあるかというと以下をご覧ください。

参考にさせていただいたのはこちらのITmediaの記事です。

平日午前(8時50分~)、午後(12時20分~)、夕方(18時~)のピーク時間に17社の格安SIMのスピードを計測した結果がありました。それを見ると、(moperaUも計測されていましたが、ここでは除きます)

平日午前(8時50分~)の第一位はFREETEL(19,6Mbps)、第二位はSo-netモバイルLTE(17,83Mbps)、第三位はNiFmo(15,51Mbps)でした。

000lunch33322

午後(12時20分~)魔のランチタイム、ここで速度が出ていると本当に速いSIMだなぁと感じる時間ですが、

第一位 FREETEL(16,2Mbps)、第二位 DTI SIM(11,9Mbps)、第3位 Wonderlink LTEF(6,78Mbps)となっておりました。

夕方(18時~)の結果はどうでしょう?この時間もたいてい速度が落ちる時間です。

第一位 FREETEL(16,2Mbps)、第二位 DTI SIM(11,9Mbps)、第3位 Wonderlink LTEF(6,78Mbps)という結果でした。

ITmediaさんの結果を見ると、FREETELのSIMがぶれなくダントツに速くて、2位 DTI SIM、3位 Wonder LINKと考えてよさそうですね。ちなみにwonderlinkは大手のパナソニックの通信サービスになります。

wonderlink3

料金体系としてはこんな感じ。

DTIってかなり昔から通信のサービスをしている老舗なのですよね。だからポッと出の新興通信会社ではないところも、信頼できますね。半年間無料はすごい太っ腹だと思う。試してみて良さを確認してねっていうことなのでしょうね。

詳細はこちら→『DTI SIM』半年タダでお試し!キャンペーン!

さて、世間の格安SIMの評判はこのような形でしたが、私が今まで見てきた中で一番速いと思ったところはこの格安スマホです。

電話し放題もあるワイモバイルが一番速い

先ほどのスピード調査をしていたITmediaの速度調査ではワイモバイルは中に入っていなかったのですが、私が今まで計測した限りですと、FREETELもダントツに速いのですが、ワイモバイルがさらに速度が速い格安スマホです。

こちらのサイトでも何度も紹介していますが

ymobilefreetelspeed1

お昼の時間帯でもFREETELよりも若干早いですし、その他の時間も

ymobilespeeed

もれなく速いのです。昨年夏ごろに計測したころも速かったのですが、そのうち落ち着いてきて遅くなるかな?と思いましたが、一向に速度は衰えないですね。速いです。

フリーテルとの決定的な違いは、ワイモバイルには月に300回まで1回あたり10分以内の電話が無料という通話料無料サービスが付帯していることです。

ワイモバイル
スマホプラン
スマホプランSスマホプランMスマホプランL
月額料金2,980円3,980円5,980円
1ヶ月の通話料10分通話300回/月10分通話300回/月10分通話300回/月
高速データ
通信容量
1GB3GB7GB

価格帯としては上のような料金、電話をあまり使わない方にとっては少し高いかもしれませんが、電話を使うのであればとても良いサービスだと思います。しかも速度がとても速いですからね~

ちなみにほぼ同じ速度のフリーテルの料金はといいますと、

freetel0937824556

ワイモバイルと同じ1GB通話付きで比較すると、FREETELのSIMは1,199円、ワイモバイルは2,980円なのでだいぶ違います。FREETELには無料通話パックはついていないので、この部分をどう判断するかですね。ほとんど電話しないのであればFREETELを選んだほうがオトクです。

電話を電話料金気にせず使いたいときにすぐかけたい派であれば、Y!mobileにしたほうが電話代の心配がありません。電話代は大体どこも20円/30秒となっております。電話かけると格安SIMは高くつくんですよね。

ということで・・・・結論。

速度が速い格安スマホは

ワイモバイル(通話料無料だけどちょっと高い、でも速い!)

【FREETEL】(どこの計測結果でも速い、使った分だけ請求明朗決済)

LINEモバイル (LINEサービスのデータ通信料が無料!)

格安スマホのキャンペーンやキャッシュバックでオトクに契約したい

私は格安スマホのキャンペーンがないころに契約したので、何のおトクもなかったのですが、今は各社熾烈な競争でキャンペーンを展開しています。

当サイトでは、見つけたキャンペーンをキャンペーンページでご紹介していますのでこちらをご覧いただいて、格安スマホを選ぶこともできますので参考にしてみてください。

ブックマークをよろしくお願いいたします(*”▽”)

格安スマホキャンペーン8社比較!【2017年5月】どこを選べば節約オトク?
格安スマホキャンペーン!2017年5月どこを選べば節約でオトクなのか8社を比較してみましたよ!格安SIMの契約はキャンペーン通してが必勝です。
関連記事広告
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク