1万円以下の格安スマホg08評判【2018年激安】テザリング用スマホで通信費節約!

1万円台のスマホ、激安スマホは今ならOCNモバイルONEがねらい目!

管理人はスマホ機種が安い携帯会社を常に探しているのでこれは本当。

キャッシュバックなどを考慮しない場合、一括払で最新の機種を購入する場合はOCNモバイルONEがトップクラスに安いです。(もっと安いところを知っていたら教えてください)

OCNモバイルONEの凄いところは、安いだけではなく長期契約の縛りが短い点です。音声通話SIMのセットで一括払いで1万円以下のスマホを購入しても、利用開始月を1ヵ月目として6ヵ月目までの最低利用期間となっているので、同業他社よりも半年短い縛りです。

この記事では、特に安くて性能の良いスマホg08をご紹介します。

1万円以下の激安スマホg08(期間限定)OCNモバイルONE

1万円台どころか、今回ご紹介するg08はキャンペーンで6800円で買えちゃうんです。OCNモバイルONEは、話題の新機種をセール価格でよく売り出すので(このあたりは楽天と手法が似ていますね)要チェックですが、今回は大きく出たなと感じました。

何故驚いたのかは、1万円台機種にはあるまじき性能だったからです。

g08スペック(性能)nova lite2やZenFone4MAXと比較 1万円以下で買えるスマホとは思えない高性能!

キャンペーンという事もあり、とにかく6800円という安さに目がいきがちですが、なんといっても基本性能が優れているのです。わかりやすく現在人気のnova lite2やZenFone4MAXと比較してみましょう

 g08nova lite2ZenFone4 MAX
OS基本システムAndroid7.1
Nougat
Android 8.0Android7.1.1
CPUMSM 8937 / QualcommSnapdragon430, オクタコアHUAWEI Kirin 659 オクタコアQualcomm® Snapdragon™ 430 オクタコア
メモリ
記憶容量
4GB/64GB 3GB/32GB3GB/32GB
ディスプレイ5.7インチ約5.65インチ約5.2インチ
カメラアウトカメラ:1,600万画素
インカメラ:2,000万 + 800万画素
メインカメラ
1,300万画素
200万画素
インカメラ:800万画素
メインカメラ:1,300万画素
広角カメラ:500万画素
インカメラ: 800万画素
バッテリー3,000mAh3,000mAh4,100mAh
リバースチャージ

バッテリーはnova lite2と同じ、ZenFone4MAXに分がありますね。OSはこの中だとnova lite2が最新です。nova lite2やZenFone4MAXは楽天モバイルのキャッシュバックを考慮するとタダみたいな値段で買えますが、g08も6800円であれば、限りなく無償に近い・・感じです、契約の縛り期間が最長でも半年なので。

メモリや記憶容量が抜き出ているg08スマホ。g08はカメラ機能もアウトカメラ/インカメラ共に圧倒的な数値をもたらしています。

カメラを見てみましょう。

今すぐ1万円以下クラスの激安スマホラインナップをチェックする
OCNモバイルONEセール入り口

g08のカメラ性能はF値2.0のインカメラ:2,000万 + 800万画素

画素数がやたら高くて、ちょっとこの値段についているカメラらしからぬ感じですが、何故かセルフィーだけより良く映るようにデュアルレンズ方式で2つのレンズで被写体をとらえます。

インカメラ:2,000万 + 800万画素は正直やりすぎ感あります(*_*;セルフィーって盛るものだからあんまり精細に映しても凄惨な結果になる場合があるので、インカメラはほどほどの画素数で足りますよー!

そうは言っても中には相当な美形の方もいるでしょうから、そんな方は余すところなく美しいセルフィーをg08で撮影できますね。


アウトカメラは1600万画素でこれを生かせるハイクオリティセンサーもついているようです。5層構造のF2.0レンズを搭載しており、暗いところでも従来より鮮明に映すことが可能です。

カラー展開気になりますね。ピンクだけではないです。

g08のボディカラー 外観

g08のボディカラーや外観は、シンプル。でも安っぽいわけでもない。

用意されているのは3色。割と上質感のあるメタルデザイン。

ディスプレイですが5.7インチ縦横比18:9のHD+ディスプレイで、通常の縦横比16:9の画面比率と比較すると5,7インチという大き目のスマホにもかかわらず、女性でも持ちやすい幅に仕上がっています。管理人は手が小さくて、自転車のブレーキもつかむのギリギリぐらいですが、写真のように何とかつかめました(笑)こうやって写真で見ると、ディスプレイの部分かなりの面積で圧倒されます。

画面幅が広いってことは、ゲームなども楽しみやすいのでは?と感じました。

パワフルなCPUを搭載していて、なおかつ64GB ROMと4GB RAM搭載なので、複雑なマルチタスクもなんなくこなします。

ちなみにジャイロスコープついています。

今すぐ1万円以下クラスの激安スマホラインナップをチェックする
OCNモバイルONEセール入り口

1万円以下で買える(期間限定)g08はテザリングできる

g08なのですが、テザリングができます。テザリングができると、他のスマホやタブレットのWiFiルーター親機になるということです。

1万円以下で購入できるスマホは、万が一の時のスペアにもなるし、wifiルーターにもできるとあれば、買わない理由がないくらいです。

私はこの方法は思いつかなくて、とあるスマホ屋さんで以前聞いた裏技です。こうやると通信費が節約できる場合もあるので。スマホとタブレット用に2枚SIMを契約しなくても良いとか。

ただテザリングをするためにOCNモバイルONEのSIMを契約するのであれば、高速通信容量の多いプランにしたほうが良いですね。

では最後にOCNモバイルONEのプランについてご紹介します。

OCNモバイルONEのプラン

OCNモバイルONEのプランはまず、音声通話をつけるのか、話放題をつけるのか決めます。これらはつけなくてもつけてもどっちでも大丈夫です。

次に、インターネット通信のプランを月単位にするのか日単位にするのか決めます。以下は月単位の料金表。一般的には3GBプランが多いですよね。でもOCNモバイルONEは違うんです。

日単位のプランというのがあってこれがかなり人気!日単位と言ってもその日だけしか使えないというものではなくて、月換算すると何GBになるもの。

毎日の高速通信容量の限度が110MBという意味です。例えば、3日間インターネットを使いすぎて、月末まで速度制限を受ける方も世の中には多くいると思いますが、ocnモバイルoneの場合、その日の容量制限はその日のうちにリセットされるのです。

日単位のプランは2種類あって、とくに110mb/日プランはOCNモバイルONEで一番の人気を誇るプランです。

迷った場合はこの110mbプランをOCNモバイルONEでも勧めています。g08の前の機種g07に至っては4800円で(期間限定)出てましたので今アンドロイドスマホをお探しの方は要チェックです。

そうそう、honor9も驚きの価格でした。

12600円だったかな・・・OCNモバイルONE!アンドロイドスマホが豊作です。

OCNモバイルONEの激安スマホが買える場所

↓セール会場↓
OCN モバイル ONE

OCNモバイルONE

初期費用を抑えるには、キャッシュバック狙いかスマホのセールを狙うのが鉄板ですが、OCNモバイルONEはスマホの価格で勝負をかけてきます。

インターネット速度に関してもトラフィックコントロール装置を活用し、混雑時の通信をスムーズにする施策などを行い評価を得ています。

話放題は、3種類あるのですが中でもTOP3かけ放題というプランはよく電話をかける相手の上位3人との通話を無料にするという画期的なプランでこんなスタイルを求めている方は多いのではないでしょうか。遠く離れた実家の両親とも気兼ねなく通話できます。

もう一度激安スマホg08の紹介を見る

久々動画配信見たくなって最近hulu入りました。





スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
トップへ戻る