格安スマホ人気端末ランキング

zenfone212000116

2017年3月現在の格安スマホ人気機種ランキングページです。このページで紹介する端末は格安SIMの会社でSIMと端末のセット販売で多く取り扱われている人気格安スマホです。

格安スマホのはハイスペック機種から1万円台のコストパフォーマンスのよい機種まで今は多様な種類を選べます。

また格安スマホと言いましても、最新のものは大手キャリアのスマホの性能と変わらないものが多いのです。大手キャリアで1台1万円近い月額料金を払い続ける時代は過去のものとなりつつあります。

格安スマホはとにかく始めて見ることが肝心です。現在多種多様な格安スマホが発売されていますが、迷った場合は人気のあるものを選ぶとスタートを切りやすいです。

是非以下のランキングを見て、格安スマホを選んでみてくださいね。ランキングの根拠は当サイトのアクセス解析や価格コムなどの情報を参考にしています。


HUAWEI / nova lite

コスパ  性能 ico_grade6_4h

P9LITEよりも基本システムのアンドロイドが新しく、メインメモリも3GB。CPUはオクタコアで快適な操作をサクサクとできるコストパフォーマンスの高い格安スマホ。

見た目もコンパクトでグリップ性が高く、5.2インチフルHD搭載3000mAhのバッテリーで一日安心して使えます。androidも7.0で指紋認証も備えているコストパフォーマンス高い端末。

nova liteは女性を意識して作られているのか、セルフィー機能が充実し、驚きの自動加工で写真が美しくなります。人の顔だけではなく、食べ物も鮮やかに映し出します。

管理人はnova liteと同じシリーズのnovaを使用していますが、HUAWEIの製品は安くて、性能も安定しているので気に入っています。(ちなみにタブレットもファーウェイ持っています)

CPU Kirin655 オクタコア
(4×2.1GHz+4×1.7GHz)
OS Android™ 7.0
画面サイズ 5.2インチ FHD
解像度 1920×1080ドットIPS
RAM/ROM 3GB/16GB
バッテリー 3,000 mAh
カメラ アウトカメラ:1,200万画素
インカメラ:800万画素

HUAWEI / P9LITE

コスパ ico_grade6_3h 性能 ico_grade6_4h

この価格で指紋認証を備え、ロック解除以外にも、カメラのシャッターや着信応答、アラーム停止などの操作が指一本でできる手軽さが「誰でもカンタンに使えるスマホ」として絶大な人気を得ています。パワーのあるCPU、HiSilicon社製 Kirin 650を搭載し、スムーズな動作。

カメラは メインカメラ(1,300万画素)とインカメラ(800万画素)の両方にF2.0の明るいレンズを搭載しているので精細な写真を楽しめます。

管理人も使いましたが、この機種はルックスも使いやすさも格安スマホ超えています!

huaweip9lite4
CPU Huawei Kirin 650 オクタコア
4 x 2.0GHz + 4 x 1.7GHz
OS Android6.0
画面サイズ 5.2インチ FHD
解像度 1080×1920ドットIPS液晶
RAM/ROM 2GB/16GB
バッテリー 3,000 mAh
カメラ メインカメラ:1,300万画素
インカメラ:800万画素

ASUS / ZenFone3

コスパ ico_grade6_3h 性能 ico_grade6_4h

MotoG4と並び、デュアルSIMのZenFone3は、同時待ち受けができます。3G回線と4G回線のSIMを本体に入れて、待ち受け可能なのです。それだけではなく、指紋認証、タッチセンサーによる、カメラの起動や着信応答などが可能。外観はスタイリッシュそのもので、曲面Corning® Gorilla® Glass3で包まれ、薄さ約7.69mmに仕上げられた流れるような多次元のデザインが目を引きます。5.2インチのフルHD解像度(1920×1080)のディスプレイは、鮮明な画像を楽しむことができます。また、どのような状況、距離や光の量でも、わずか約0.03秒の高速オートフォーカスで見たままの世界をとらえる「TriTechオートフォーカス」により写真撮影がスムーズにできます。ZenFone3は私のメイン端末ですが、このランキングの中で一番気に入っている機種です。

zenfone3
CPU Qualcomm® Snapdragon™ 625
(オクタコアCPU)
OS Android™ 6.0
画面サイズ 5.2型
解像度 1920 x 1080ドット(IPS)
RAM/ROM 3GB/32GB
バッテリー 2650 mAh
カメラ アウトカメラ1600万画素
インカメラ800万画素

富士通/ arrows M03

コスパico_grade6_5 性能ico_grade6_5

日本製国産格安スマホという圧倒的信頼感で上位に君臨。海外製のスマホが好きな私も今回のarrowsm03はかなり性能的にもデザイン的にも惹かれます。ドコモのF03Hとほぼ同じスペックながら3万円近く安いarrowsm03は非常にリーズナブルと言えるでしょう。格安スマホには殆どない『おサイフケータイ』搭載、大容量 2,580 mAhバッテリーに米国国防総省の調達基準を満たした防水・防塵対応の堅牢性でアウトドアでも活躍します。

250302arrowsm03
CPU Qualcomm Snapdragon 410
MSM8916 クアッドコア 1.2GHz
OS Android™ 6.0
画面サイズ 約5.0インチHD
解像度 (1,280×720ドット)IPS液晶
RAM/ROM  2GB/16GB
バッテリー  2,580 mAh
カメラ メインカメラ: 約1,310万画素
インカメラ: 約500万画素


SHARP / AQUOS SH-M04

コスパ ico_grade6_3h 性能 ico_grade6_4h

シャープのアクオススマホということで、人気の端末。画面の美しさはもちろん、防塵・防滴機能でアウトドアにも持っていくことができる機種。

おサイフケータイ機能も使えるので、各種電子マネーをスマホで管理できます。また人工知能「エモパー」やのぞき見ブロックなど人に優しい機能を兼ね備えています。

CPU Qualcomm® Snapdragon™ 430(オクタコア)
OS Android™ 6.0
画面サイズ 5.0インチ IGZO液晶(HD)
解像度 720×1,280ドット
RAM/ROM 2GB/16GB
バッテリー 2700 mAh
カメラ アウトカメラ:1,310万画素
インカメラ:500万画素

以上が、2017年現在世間一般的に人気のある端末です。私の心で思い描くベスト5とは異なりますが、コスパや安心感などを求めると大体このような結果に落ち着くのだと思います。

また、端末の取扱い先は色々ありますが、今日ご紹介したTOP5の取り扱い

  • nova lite/P9LITE/富士通arrrowsm03/SHARP AQUOS SH-M04/ZenFone3取り扱いは
    楽天モバイル
  • P9LITE/富士通arrrowsm03取り扱いは⇒LINEモバイル
  • ZenFone3取り扱いは⇒UQモバイル
  • 楽天モバイルが現在最多の格安スマホ機種取り扱いをしています。

    ちなみに以前ランクインしていたZenFoneMAX(バッテリー5000mAhのリバースチャージ可能機種)だけはBIGLOBE SIM
    にあります。また、LINEモバイルも端末割引など行っています、子供が使ってますが結構速度が早いです。

    あと、月々の支払いはクレジットカードが大半の格安スマホですが、楽天モバイルは口座振替が可能です。銀行引き落としですね。

    私は口座振替ではなく、楽天カードで支払っています、なぜなら楽天ポイントで利用料金を値引きできるから。これはかなり便利。特に理由がなければ、楽天モバイルの場合は、楽天カードで支払うことがオトクです。

     楽天モバイルをさらにお得に使うにははこのカードが必須 ♫→楽天カード
    ※加入で何千ポイントも大量ポイントゲット可能

    ポケモンGOの対応機種は以下

    ポケモンGO対応機種格安スマホ最新情報まとめ!
    この記事はポケモンGO対応機種格安スマホを扱っているMVNOの動作確認情報のまとめです。ポケモンGOの対応検証がされた格安スマホ端末をわかり...



    以下では格安スマホと合わせて使いたい格安SIM一覧を紹介します。リンクは私が書いた各格安SIMの詳細記事もしくは公式HPに飛びます。

    電話するなら、データを沢山使うなら?あなたはどこのSIMがお好き?

    多分、色々なところでランキングを確認されている方が多いかと思いますが、実際数字ベースの表を見てもピンとこないと思います、私がそうなので(笑)

    priori3ltesim33320646

    なので、この章では私がこのサイトを作り続けてきて見えてきたSIMの特徴からカテゴリわけして紹介します。

    まず最初に、様々なキャンペーンや端末の豊富さで勝負するSIMを紹介します。

    端末が豊富でキャンペーンがある格安SIM

    私がこの格安SIMをおすすめするわけは、一番カンタンに格安スマホ生活をスタートさせることができるからです。手持ちのスマホで格安SIMを運用する時には色々と確認すべきことがありますが、格安SIMの会社で扱っている端末であれば動作保証されていますので安心です。その場合、端末の種類が豊富にある格安SIMがオススメです、私も以下で紹介する楽天モバイルで購入&契約しました。

    ■端末が豊富な格安SIM■
    楽天モバイル     関連記事その②
    U-mobileユーモバイル 関連記事その②
    mineo(マイネオ) マイネオを安く契約する裏技

    ①の楽天モバイルは、昨年度末ぐらいよりネットの閲覧速度も速くなっているようです、またユーモバイルでは話題のウィンドウズ10モバイルを扱っています。

    電話を良くかける方向けのSIMはコチラ

    格安SIMは通話料が30秒/20円と比較的高めに設定されています。なので、うっかり大手キャリアにいた頃のように電話を気にせず使うと、高くついてしまう・・そんなケースもあります。電話は必要以上にはかけないとしてしまえば全く問題ないのですが、そのような縛りは嫌だと考える方には、『通話料無料パック』のようなプランがあるところを選びましょう。
    ※トーンとBIGLOBEの()内の月額料金は基本料金を除いた通話料の価格です。

    ■通話料がお得な格安SIM安いランキング■
    トーンモバイル(月額500円でIP電話通話料1260円分=60分相当の通話)
    BIGLOBE SIM(月額650円で60分国内通話)
    ワイモバイル(10分通話300回/月、データ通信込みで2,980円)
    楽天モバイル
    (月額850円で5分以内の国内通話かけ放題)

    それぞれの特徴はリンク先が記事or公式サイトになりますので詳細書いてあります。

    私は楽天モバイルを使っているので楽天オシです(*^_^*)

    使った分だけ請求される格安SIM(一番安く上げるためのSIM)

    格安SIMのプランは、大体3GBから始まり(1GBのプランがあるSIMもある)段階的に、決まっています。そうするとあまり使わない人は無駄な部分も多いことは事実。ほぼ使った分だけ請求されるSIMがあればより格安スマホとして節約できます。また、とにかく最低料金で済ませたい場合はこの2社を置いて他にありません。一番ロープライスでの運用が可能なSIM。

    ■使った分だけ格安SIMランキング■

    FREETEL(フリーテル) 関連記事その②
    b-mobile(日本通信)

    YouTubeは何時も流しっぱなしにしたい人向けSIM

    動画はかなりデータ容量を消費します。なので、格安スマホでもデータ容量が大きなプランを扱っているところを契約しましょう。

    ■データ容量多い格安SIMランキング■

    楽天モバイル10GBプラン 2,260円~2,960円
    FREETEL(フリーテル) 使った分だけ10GB 2,470円~3,170円

    などなど他にも色々考えられますが、随時追加いたします。

    格安スマホの人気端末記事は格安スマホ人気機種リンク

    TOP ページへ戻る⇒格安スマホSIMフリーでしょ。

    スポンサーリンク

    シェアする

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    フォローする