FREETELの雅MIYABIを買える場所hi-hoとレキモでSIMセット販売あり

FREETELの雅MIYABIが、本家フリーテルでは完売しております。次回入荷まちとなっていますが、まだみたいですよ。

freetel333332190444

ちなみに忘れちゃいけないのが、近々【FREETEL】では、

11月16日にKIWAMI極が予約開始予定ですが、これも雅以上に争奪戦が予想されます。今までのことを考えると・・・。

ですが、16日に逃しても他の格安SIMサービスで端末セットとして出てくる可能性もあるやもしれません。

と、思ったのが、現在フリーテルでは完売中のMIYABIが、他のMVNOで端末セットとして販売されているのです。

それが、沖縄の格安SIMレキモhi-ho です。

どちらも格安SIMの契約とセット販売で提供されています。

どうしてもMIYABIで格安SIMをしてみたい方は、この2社で買うのも良い選択かもしれません。

では、レキモとhi-hoの違いを比較してみます。

レキモとhi-hoどちらでMIYABI雅を買ったらよい??

MIYABIは【FREETEL】で、2015年度9月に発売された端末ですが、発売当日、瞬殺でソールドアウトして、その後の追加入荷でも即売り切れておりました。

freetelmiyabi_0581

どうしてここまで人気があるのか・・・・フリーテルのもてはやされた方は尋常じゃない盛り上がりなのですが、日本国内の格安SIMのメーカーで自社開発した端末を販売しているところは、私の知る限りでは他になくたいてい、どこかのメーカーの端末をセット販売しているところばかりです。

なので、FREETELのそういった独自性、格安SIMサービス1本で勝負している点などがユーザーの期待感をあおるのだと思います。社長のキャラも抜きんでていますしね。社長の話を聞くと世界平和とかwe are the world的なすごく格安SIMに対して壮大な気分になってしまうのです。私もかなり感化された1人です。

そんなフリーテルの雅ですが、公式サイトではただ今手に入らないものの、前述のようにフリーテルとは別な格安SIM会社のhi-hoとレキモではあります。

両社のサービス概要を比較した表を作成いたしました。2015年11月14日現在の情報です。

 データ容量月額料金・端末代金込み最低利用期間
レキモ3GB
(1GBからあり)
データSIM 1975円
通話SIM 2475円
※データ容量1GBだと
データSIM 1275円
通話SIM 1775円
6か月
hi-ho
LTE typeD
ミニマムスタート
with SAMURAI 雅
3GBデータSIM 1826円
通話つきSIM 2582円
2年

※実際に契約する際には公式サイトで情報を再確認してくださいね。

データ容量3GBで比べてしまうと、hi-hoの方が若干安いですが、レキモの場合は、データ容量のプランが1GBからありますので、安く上げようと思えばデータ容量を少なくすればよいのでそれができそうならレキモを選んだほうが月々払は安くなります。

レキモはフリーテルのような使った分だけプランがあるので、こちらもユーザーに優しいですよね。

結論としては

データ容量3GB以上でMIYABI端末を契約するならhi-ho
データ容量2GB以下で雅を契約するならレキモ

といったところでしょうか。

フリーテルのミヤビがやっぱり欲しい!ということであれば、本家FREETELの再販を待たずしてもレキモhi-hoという選択肢もあります。

ただ、フリーテル公式サイトで購入する場合だと、雅の「PREMIUM 月額補償 for MIYABI」なるものもサービス開始していて、月額380円支払うことで、MIYABI が故障してしまった場合でも、通常本体価格の約 80%OFF にて良品と交換できるます。

FREETELでは保証が手厚い&毎月増速【2015年11月現在】しているので、ネット閲覧も快適という利点はありますが・・・・。

そして、フリーテルではいよいよ2015年11月16日にきわみKIWAMIが予約開始です!

kiwami22246_BF

限りなく立体な写真を撮影できる驚きのカメラ機能!!是非みたいです!

多分数はないと思いますので、買いたい方は当日は見逃さないようにチェックですね!

発売詳細は→【FREETEL】

お読みいただきまして、本当にありがとうございました~!!いつもありがとうございます!

にほんブログ村 スマホ・携帯ブログ SIMフリー端末・その他キャリアへ

関連記事広告
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク