富士通arrows M02マルチキャリア対応auドコモ可能マイネオとニフモで

富士通arrows M02という、

マルチキャリア対応端末が発売されます~~~!!!!

SIMフリー端末!しかも国内では高い支持を得るメイドインジャパン!

今回、富士通はまずmineoと、ニフモでarrows M02を販売をします!

時期はニフモ公式サイトでは

ニフティは、MVNOサービス「NifMo(ニフモ)」にて、富士通株式会社(以下、富士通)のスマートフォン「arrows M02」と通信サービスとのセット販売を10月下旬から開始します。なお、販売開始日については、追ってサービスページ( http://nifmo.nifty.com/smp/fujitsu_m02.htm )にてお知らせします。
また、本日から「ARROWS M01」を9,250円(税抜、代金引換一括払いのみ対応)にて限定販売します。

mineoでは、11月19日販売となっております。

こんなに日にちは違うものなのだろうか?でもそう書いてありましたよーー公式サイトに。

ブラック・ホワイト・ピンクの3色の端末写真が出ていますが・・・・

こちらの目も鮮やかなピンクはニフティでは、取扱いはなくマイネオのみの取り扱いになります。

んんんんん ピンク最近出すぎじゃない???なんで??

と思った貴殿!ピンクと言えば、iPhone6Sシリーズもピンクゴールド旋風が凄かったですよね。

Backstage at Tibi during New York Fashion Week Spring Summer 2015 Collections
Backstage at Tibi during New York Fashion Week Spring Summer 2015 Collections / AvedaCorp

実は2016年度の流行カラーは 桃色なんですよ~~~(*’∀’人)♥*+私が毎月読んでる天下のファッション雑誌VOGUEで何カ月か前に読みました。コレクションがピンク一色というところもありましたね。リスペクトするVOGUEの編集長渡辺三津子さんも気分はピンクのようです。

そんなわけで、

☆日本製スマホ
☆FeliCaを搭載 おサイフケータイ
☆マルチキャリア対応(auもドコモもオッケー!)
☆ピンクい端末

という条件のSIMフリー端末をお探しなら、それはmineoので販売する富士通arrows M02に違いありません。

それでは、マイネオのお話を取り交ぜまして、アローズM02のスペックを近い性質の端末と以下で比較してみますねー

マイネオはフリーテルなどと同様に相互接続レイヤー2だった!

MVNOと一言にいっても、自社で設備を持っているか持っていないかなどでその形態が微妙に違うのですが、ドコモなどと「相互接続」という形の接続方法をMVNOが取る場合、かなり資金が必要なため、この接続方法をとっている格安SIMはそれほど多くないです。大体が卸契約というより簡便な方法をとっています。

SIMiphone6sbmobile88

よくこちらのサイトでご紹介している【FREETEL】や私の契約している日本通信(b-mobile
)もドコモとの相互接続を行っている業者ですが、実はマイネオも相互接続の業者でした。

itmediaより引用

2社の回線を提供するだけに止まらない。大本の回線が違っていても、家族割引を組めたり、データ容量をシェアできたりと、MVNOならではの仕掛けが盛り込まれている。こうしたサービスが可能なのは、ケイ・オプティコムがKDDIに加え、ドコモとも直接相互接続しているからだ。

※ケイ・オプティコムはマイネオの会社。

Extra small SIM card
Extra small SIM card / smjbk

へ~!だからいろんな試み(「パケットシェア」は、キャリア(MNO)を超えて、ギフトができるようになっている)も柔軟にMVNOであるマイネオが取り組めているんですね~。将来的には1枚のSIMカードでauもドコモも両方使えるといいなといった夢があるとか。

マイネオのケイオプティコムは、関西電力系列の電気通信事業者であり、光ファイバーインフラを提供してきた、大きな会社なのでそういった面での安心はとてもあると思います。

では、ニフモでは販売されないマイネオ専売の「ピンクarrows M02」ですが、スペックを見てみましょう。

富士通arrowsM02のスペックはおサイフケータイがあるというところがポイント

というわけで、最大の特色はMVNOでは殆ど見かけることのない、おサイフケータイであること。FeliCaを搭載し電子マネーやクーポンとして使えること、買い物時の支払い・交通機関などで、より便利に使える可能性がある「日本製のスマホ」というところでしょうか。

性能が似ている、ZenFone2Laserとスペックを比べてみましょうか。

 ZenFone2LASER富士通arrows M02
プラットフォームAndroid 5.0 (Lollipop)Android 5.1 Lollipop
プロセッサーQualcomm® Snapdragon™ 410Qualcomm®「MSM8916」(1.2GHz駆動のクアッドコア)
液晶ディスプレイ5型ワイド TFTカラータッチスクリーン IPS液晶 (LEDバックライト) / 約5.0インチ 有機ELディスプレイ
解像度1,280×720ドット (HD)720×1280ドット
メインメモリ2GB RAM:2GB
記録装置8GB / 16GBROM:16GB
Webカメラインカメラ: 500万画素Webカメラ内蔵
アウトカメラ: 1,300万画素Webカメラ内蔵
アウトカメラ:約810万画素 インカメラ:約240万画素
バッテリー容量2,070mAh(8GBモデル)、2,400mAh(16GBモデル)2,330mAh
SIMサイズmicroSIMスロット×2nanoSIMカードスロット/microSD/

CPUはどちらもクアルコムの410(ですよね?ちょっと不確か)アンドロイドは富士通の方が最新、でもカメラは若干レーザーの方が格上の感があります。

しかしながら総じて見ても、大体スペック的には大差ないレーザーとM02です。ただ、富士通のarrows M02の最大のチャームポイントである「おサイフケータイ」は必要としている方にとっては、かえがたい魅力ではないでしょうか。

ちなみに、富士通arrows M02は、au VoLTE対応端末となっており(クリアな音質)、

iraq
iraq / The U.S. Army

なおかつ、米国国防総省の調達基準「MIL-STD-810G」の14項目に準拠し、防塵防水落下に強いらしいです。

おサイフケータイの格安SIM対応で日本製のスマホを待っていた方には、やっと出た端末。

マイネオでは、2015年10月31日までドコモ回線プランスタートキャンペーンを行っていて半年間800円の割引が受けられます! キャンペーンは終了。

これはかなり大きいサービスで開始1カ月で2万件の加入という驚くべき記録を達成したんですよ。

私も800円割引の恩恵を受けさせてもらいました(*’∀’人)♥*+

また富士通arrows M02の販売を記念して 先行予約キャンペーン も開催しました。

ここのキャンペーンは凄いので期待して良いと思います。

割引キャンペーン詳細は→mineo

お読みいただきまして、本当にありがとうございました~!!いつもありがとうございます!

にほんブログ村 スマホ・携帯ブログ SIMフリー端末・その他キャリアへ

関連記事広告
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク