格安スマホかけ放題や無料通話があるMVNO

格安スマホにはかけ放題的プランが少なかったですが、現在、格安スマホには『無料通話パック』やかけ放題がついているMVNOが増えて、

楽天モバイル、ワイモバイル、FREETELもかけ放題(制限付き)

が出ました!通話が格安スマホのネックだと思っていた方も、もう格安スマホへの乗り換え時期がやってきましたね。

kakehorakuten

今日はそんなかけ放題的プランや、無料通話パックを用意した格安スマホをご紹介。

別頁でもまとめています↓

まず、格安スマホの通話は20円/30秒と比較的高額ですが、アプリを使うとたいてい半額になります。

では代表的なかけ放題の格安スマホサービスをピックアップしてご紹介しますね。

格安スマホ5分かけ放題10分かけ放題

電話をするといっても、長電話をするという機会があまりないのであれば、完全なかけ放題にする必要はありません。

おすすめなのが、

1回につき5分かけ放題 10分かけ放題

kakehorakuten

というプランを提供するMVNO(格安SIMの会社)です。

私が契約している 楽天モバイルでも、とうとう通話パックが販売されました。

楽天モバイルでは850円月額オプションで支払うことにより、5分以内の通話は国内であればかけ放題なのです。

正直、外で長時間の電話を頻繁にかけることがないのであれば、

このプランで十分賄える はずです。私はかけ放題なら5分を選ぶかな。

電話って意外と長電話しないですよね。

1分かけ放題の格安スマホ

もっと短いかけ放題もあります。1分以内の通話で収まる場合はFREETELの安価なかけ放題もあります。

freetelkakeho2111

一番安価にかけ放題をする方法はこのフリーテルの1分かけ放題ですね。上の料金は基本料金に+するかけ放題オプション料金です。

フリーテルは5分かけ放題も提供しています。電話を掛けるときは緊急が多いから1分ではちょっと足りない気がしますね、個人的には・・・

1分かけ放題⇒【FREETEL】

無料通話60分パック格安スマホ

☆かけ放題まで必要ない方には、無料通話60分を買う格安スマホもオススメです。代表的なのが、BIGLOBE SIMとトーンモバイルです。

電話料が普通程度の使用の場合は、2000円弱で電話もデータ通信もできるBIGLOBE SIMがおすすめです、BIGLOBEでんわ 通話パック60が650 円(不課税)/月で利用できます。

biglobeeee3332392

ビッグローブ記事はコチラ

同じくトーンモバイル(記事はコチラ)でも、通話パックがあります。

tonemobiletsutaya33321

トーンモバイルでは、『フラットパックオプション』というサービスで、IP電話通話料1260円分=60分相当の通話と、高速チケットオプション(300円分=1GB、動画再生約7.5時間相当)を使えるのです。

格安スマホのかけ放題や無料通話の月額料金を比較する。

実際に基本料金と合わせるとどれぐらいかかるのでしょうか?完全なかけ放題も可能なワイモバイルも加えて比較してみます。

ワイモバイルのかけ放題月額料金

まず、1回の電話が10分を超えることが多い方は、ワイモバイルの1択です。

ymobilenexus013

ワイモバイルは私も使ったことがありますが、とにかくデータ通信の速度が速いので夕方や昼休みなどのピーク時間も全くのストレスを感じさせません。

ワイモバイルは以下のような料金体系です。10分以内の通話が無料(回数制限あり)です。この手の制限時間ありかけ放題プラン格安SIMでは一番時間が長いタイプのプランです。外で比較的長い時間通話するパターンが毎月多い方はコチラが安心です。

ワイモバイル
スマホプラン
スマホプランSスマホプランMスマホプランL
月額料金2,980円3,980円5,980円
1ヶ月の通話料10分通話300回/月10分通話300回/月10分通話300回/月
高速データ
通信容量
1GB3GB7GB

契約当初2年の料金。スマホプランの料金があがることはなくなりました

MNPなどで乗り換えると、データ容量が2倍になったり、当初1年の月額料金割引などのキャンペーンを随時行っているので、MNPして乗り換えた友人の話を聞くととてもサービスが良いことに驚いていました。

オンラインのみのキャンペーンもあります

Glamour shot :)) #iPhone6plus
Glamour shot :)) #iPhone6plus / Janitors

楽天モバイルのかけ放題月額料金

では、10分も電話をかけないけれど、気兼ねなく電話を使いたい場合は楽天モバイルになると思います。楽天モバイルは回数制限なしで1回あたり5分以内の通話を無料にするというプラン。

3,1GBの高速データ通信プランで契約すると以下のような形になります。

プラン楽天モバイル
料金
基本料金(通話SIM)
データ容量3,1GB
1600円
5分かけ放題プラン850円
合計2450円

月額料金2450円で、

ちょっとした時に何時でもかけられる安心は大きいですね。私は楽天モバイルの3,1GBプランですがまだ電話かけ放題は付けていないのですが、最近出先で電話をかける機会が増えて今月もしかしたら2450円以上になっちゃいそうです。そう考えると最初からこのプランつけた方がよかったなぁと思いました。電話を10回以上かけそうならつけちゃうとラクかもです。

楽天モバイルでは頻繁に端末もセールをしています→楽天モバイル

楽天モバイルの記事はコチラ

BIGLOBE SIMのかけ放題月額料金

電話料が普通程度の方はBIGLOBE SIM
をおすすめしましたが、こちらは1回につき5分以内ということではなく

111biglobeeee3332392

月額650円を支払うことによって、60分の通話時間を買う仕組みです。3GBの高速通信のプランが1600円ですので、+650円で60分の通話つけて毎月2,250円と、今日紹介したかけ放題的プランの中比較すると安いです。その分電話できる時間は楽天やワイモバイルよりは少ないですが。これでも十分なユーザーも沢山いるでしょう。

1600円(3GB通信)+650円=月額2250円 となります。

ビッグローブ記事はコチラ

とにかく安く済ませたい場合のかけ放題トーンモバイル月額料金

最後にトーンモバイルですが、ここはちょっと特別で基本は高速通信ではありません、先ほどご紹介したフラットパックオプションを契約することで、高速通信を少しと、電話料金の60分を購入することになります。

価格的には、

■大学生方の月額料金実例■

毎月のお支払 
 
=1,502円


内訳
基本プラン(月額)   1,000円
ユニバーサルサービス料   2円
フラットパックオプション 500円

となるので、一番お安く上げることはできます。ただ、機種がトーンモバイルで売っているものを使うことが前提になります(2機種しか選択肢はないです)

公式サイト⇒月額1000円からの、はじめてのスマホ。【TONE】

以上、簡単でしたがかけ放題的プラン、通話料無料パックがあるMVNO(格安SIM)のご紹介でした!

そうそう、格安スマホには家族間通話無料は残念ながらありません。ワイモバイルでスマホプランに更に1000円プラスすると国内通話(携帯・固定)は完全無料になるのでこれぐらいが該当する感じです。ワイモバイルスマホプランSプランで完全かけ放題にした場合は3980円(2年)となるのでキャリアと比較しても安いですね。

でも・・・安さを求めて、それほど電話は使わないのであれば

私のかけ放題のおすすめは、時間も短くかけ放題な楽天モバイル
です。







お読みいただきまして、本当にありがとうございました~!!いつもありがとうございます!

格安スマホの機種情報は以下にあります

関連記事広告
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. Sim-chan より:

    相互リンクについてのお問い合わせを頂きまして
    ありがとうございます。

    大変申し訳ないのですが、一般的な相互リンクを当サイトでは、
    現在行っておりませんのでご了承ください。

    ご期待に沿えず申し訳ありません!