格安SIMアワードを受賞IIJmioとUQモバイル、ニフモの人気MVNO理由は?

格安スマホって結局どれがいいのヾ(。>﹏<。)ノ゙✧*

という切なる叫びが聞こえますので、今回は私のおすすめというより、根拠あるオススメを公開します。

株式会社イード(リサーチ事業も展開している会社)で先月発表されましたその名も格安SIMアワード受賞のMVNOで代表的部門でランキング1位だった格安スマホをご紹介しますね。もちろんその理由も!

TsExJYBOxzUPPaN1438385686_1438385861

こちらの調査は、通信速度測定アプリ「RBB SPEED TEST」を日ごろからお使いの、通信速度にはこだわりをお持ちのユーザーから投票された結果なので、おそらく辛口の評価が多いとは思いますが、そんななかぶっちぎりで1位のMVNOってどんなでしょうね。

49cad23354bef871147702f5880a45c6_s

私も見てびっくり!というのは想像通りの、いわば評判通りの結果だったからです。

今回は代表部門の結果3つをご紹介いたしますね。総合部門、速度部門、サービス部門です。

ではご覧くださいませ~~!

総合部門第1位はIIJmio インターネットイニシアティブ

3ZVvCdhEQeqab7R1438385965_1438386119

IIJmioが堂々の第1位。

実は、IIJmioは今回の格安SIMアワードだけではなく、MMD研究所の2015年5月格安スマホ利用者の満足度調査でも第1位になっており、月額料金、音声通話品質、通信速度、データ容量、サポート・アフターケアサービスの充実度など計12項目の満足度で、IIJ mio利用者は、初期費用、月額料金、音声通話品質、通信の途切れにくさ、通信速度、データ容量の6項目で最も満足度が高い結果となったそうです。

実際IIJmioは、2015年4月号「家電批評」に掲載されていましたが、日曜日の13時から山手線内で行われたスピードテストで圧倒的な成績を残しています。

DSCF6991DSCF6991 / chinnian

品川、新橋、秋葉原、渋谷など12駅で計測した平均速度が、11,6Mbps!!

一番早かったのは目黒駅で20,42Mbpsの速度が出ていました。お昼の都市部で奇跡的ですね。ユーザー数が圧倒的に多いと推測されるのにこのデータは素晴らしい成績なのではないでしょうか。

家電批評の記事を読んだら使いたくなりました(笑) IIJmioユーザーの皆さん快適ですか?

IIjmioは、ファミリーシェアプラン(最大3枚のSIMカードを使って、プラン容量をシェアできる。)や、高速通信できるデータ量を使い切ったあとも全くの低速状態になるのではなく、はじめの一定量だけ高速通信できる「バースト転送」ができるようになっている点が他社と差がつく部分です。

あと、IIJmioは、最近SIMだけではなく端末セットにも力を入れていて、こちらでも取り上げたことがあるP8LITEをセットで販売しているのですが、安いです。

p8litezenfone57800

分割だと1000円台なので、お安いSIMとあわせても2000円台で済むのです。

料金詳細は→IIJmio

雑誌やリサーチ会社の各ランキングで1位になっているので、迷った場合はそういった評価を参考に考えてみるのもよいと思います。

au系格安SIMを選ぶならUQモバイルがダントツに良さそうな気配

Jci5mADUWKq50SJ1438386143_1438386197

UQモバイルは、通信速度の部門で1位になりました!

au系のMVNOはmineoもありますが、UQモバイルは、ヨドバシカメラやケーズデンキなどの家電量販店に置いているところもあるので、知名度が高く、格安SIMという未知のワールドに入る際に心理的障壁が低そうです。

また月間データ容量無制限で通信速度最大500kbpsというプラン(直近3日間に1GB以上の利用は通信速度を制限)があるところも、マイネオとは違います。

ちなみにMMD研究所が発表した速度調査は

■ダウンロードスピードが早いMVNOトップ3■
i_suuji18 UQモバイル  平均9,8Mbps
朝10-11時10Mbps 昼12-1時9,2Mbps 夕方17-18時10,3Mbps

i_suuji30 IIJmio  平均7,1Mbps
朝10-11時11,7Mbps 昼12-1時0,7bps 夕方17-18時8,8Mbps

i_suuji42 b-mobile 平均7,0Mbps
朝10-11時10,2Mbps 昼12-1時3,3Mbps 夕方17-18時7,5Mbps

なんだよ、さっきの山手線の話と違うじゃないか!とおっしゃる方もあるかもしれないですが、場所と状況によって、多少の前後はあると思うのでご了承ください(*’∀’人)♥*+

Yodobashi-Akiba
Yodobashi-Akiba / kadluba
イメージ写真

UQモバイルは格安スマホが即時開通できるショップが7月現在275店舗と大躍進しております。

詳細は→UQモバイル

ニフモはコストパフォーマンスと速度を兼ね備えたMVNO

x0p5pwB9_oduY0u1438401443_1438401516

当サイトでも大人気のNIFTYの次世代ローコストスマホ「NifMo」が、コストパフォーマンス部門で第一位です!

ニフモは、sim-chanも実際に友達に見せてもらって(過去記事リンク)、その計り知れない能力におののきましたが、今日ご紹介したMVNOの中で、私は個人的に一番リアルに使いやすそう・・というか使ったら面白いんじゃないかな。って思っています。

何度もご紹介しているのですが、独自に月額料金を下げることができるプログラムがあるので、ユーザーの頑張り次第で、安い格安SIMの月額料金を更に下げられるんですよね。

一般的に、格安SIMを契約している方は、それなりにMVNOを知っている方ばかりだと思うので、一番の重視は速度問題と安さだと思うのですが、ニフモは速度というよりもサービス面で画一化されない魅力を感じるのです。

それでいて、速度が予想以上に速かったので、これがまた私の心をくすぐりまくりました。

nifmo7819

上の写真は過去記事を見てくださいね→

今回のランキングの結果から考えること。

今回紹介した3社は、様々なリサーチ会社やメディアでの速度判定で常に上位にいるMVNOです。そういったことを考えると、速度が速いのが格安スマホの条件なのかって思いますけれど、速度ってそれほど速くなくても使えるので(過去記事参照私のMVNOの速度はこれですが使えます)私のような主婦とか、シニアやこども、もしくは普通のネットサーフィンぐらいしかしない人には、

University Life 55
University Life 55 / francisco_osorio

それほど速度は要求しなくても満足できると思います。

格安スマホをがっつり仕事で使いますから~~

Internet mobile dans les villagesInternet mobile dans les villages / workshop.segou

と言う方は、このランキングに表彰された、

①総合満足度第一位のIIJmio

②au系のスマホが持っていって使える(もちろん新たに端末も購入可)のUQモバイル

③当サイトでの様々な記事と、スピードテスト、独自サービスで人気のNIFTYの次世代ローコストスマホ「NifMo」

このあたりに絞って考えるとラクかもしれないです(*’∀’人)♥*+

ちなみに私のメイン格安スマホは→楽天モバイル

お読みいただきまして、本当にありがとうございました~!!毎日暑いので水分補給にお気をつけてくださいね٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

にほんブログ村 スマホ・携帯ブログ SIMフリー端末・その他キャリアへ

関連記事広告
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク