楽天スマホ評判通り今月も2000円代で料金収まり速度遅くなく安いです

楽天モバイルの2015年7月の口コミです(*’∀’人)♥*+

zenfone20578

こちらは、楽天モバイルでも取扱いがある、ZenFone2とZenFone5です!

ZenFone2やっぱりかっこいいですね~~~~~!!!!この2の持ち主の方は、iPhoneから乗り換えたらしいですが、まあまぁいいですね~とおっしゃっていました。林檎ユーザーも唸らせる禅Phoneやるなぁ~ლ(ಠ_ಠ ლ)

それで、私のは赤いZenFone5なのですが、本日記事に致しますのは、2015年7月度の楽天モバイルの利用状況と月額料金そして、夜に新橋でスピードテストをしたときの結果でございます。

楽天モバイルの評判が気になる方は多いようなので、みっちり使っている私が1ユーザーの使用状況を暴露致します(←別にたいした内容じゃないけどw)

本当のところ、楽天モバイルの欠点はあるのか・・・本当に月額料金が安いのに使えるの?

solve in pdx
solve in pdx / vis-a-v.

まぁそう思いますよね、使っていない方からすれば。

私が契約しているのは、通話つき格安SIM3,1GBです!

ということで、私が楽天モバイルで契約しているのは、

楽天モバイル 3.1GBパックプラン(マイクロSIM)=月額1600円

でございます。

6月分の明細内訳です。

サービス内容/詳細金額
楽天モバイル ユニバーサルサービス料2円
楽天モバイル 通話料・SMS利用料金207円
端末お見舞い金サービス350円
楽天モバイル 3.1GBパックプラン(マイクロSIM)1,600円

先月と殆ど変りません。5月分の明細合計は2,357円、6月分の明細合計は2,315円なので、今月は42円安く上がりました。

基本料の1600円と、端末お見舞い金サービスと楽天モバイル ユニバーサルサービス料は固定費ですので、毎月の使用料を左右するのは通話とSMSの消費量だけ。

五月内訳楽天
(上の表は5月度の通話明細内訳)

これが私は今月207円なわけですが、先月は249円だったので、おおよそ200円から300円ぐらいが基本料金にプラスでかかるという計算です。

これ以外月々取られるものはないので、ほんと単純な明細だと思いませんか?

格安SIMを最近知った方の中には、色々オプションをつけたら結局大手キャリアと同じくらいになると思っている方が結構いらっしゃいますが、オプションをつけたとしても、基本料金が安いので結果的には節約される額に収まるのです。

端末代金を私は最初に一括で払いました。端末をローン組む方はもう少し月額料金はあがります。

ただ格安SIMを扱っているところの端末は、往々にして世間のスマホからしましたら安いので(だから格安スマホと言う)ローンつけても、多分すごく安いので今まで大手のキャリアで使っていた方は驚くと思いますよ。

これから対面のショップを増やす計画があるようですが、そうはいってもすぐに自分の町にショップができるとは限らないので、格安スマホを仕事用で使う場合は、保守対応のオプションを選択することも検討に入れると良いと思います。(故障時の対応について→過去記事

夜の新橋でスピードテストの結果

最後になりましたが、新橋に行ったときにスピードテストをしてみましたので、こちらにはっときます。

新橋で18時ころ、JR川崎を過ぎたあたりで22時頃のスピードテストの結果です。

speedsinbasi Collage

別段問題なく使えました。うそでしょ??って思います?動画などもこの速度であれば、問題なく視聴できるのです。(私が見た動画は見れます。動画を楽天モバイルで視聴した詳細記事リンク

あ、あと先月どのくらいデータ通信容量を使ったかもご紹介します。

20156rakuseikyu1

3,1GBの契約をしていますが、先月は0,97GBのデータ使用量でした!

毎月このあたりの使用量をウロウロしているので、正直NIFTYの次世代ローコストスマホ「NifMo」のように、1,1GBのプランがあるといいのに・・・と内心思っています。

なんとなく無駄がある気がする。

ただ、上の使用量ですが私は

Green Gables
Green Gables / smilygrl

ほぼ毎日自宅にいる生活をしていますので、通勤時間にネットを見るというような日課は殆どないので、その辺を考慮して頂ければと思います。

Ligne 1 Paris MétroLigne 1 Paris Métro / billknock

通勤や通学をされている方は、きっと3GB位が心配なく使える下限なのかもしれないですね。

また、この速度表示ですが、総務省が7/14付で携帯電話会社の広告で使うスマホの速度表示を実行速度レベルで表示するようにドコモ、au、ドフトバンクに求めたそうです。

朝日新聞記事によると「総務省が携帯大手の通信速度を全国で調べたところ、データはおおむね「10~40Mbps」の範囲に集中した。」とのこと。

以下朝日新聞サイトより引用

事業者が人口規模などが異なる全国10都市の計1500カ所を選び、2カ月かけて受信速度を調べる方法を設定。これらのデータの中央値に近い範囲も広告に表示させ、利用者が比べやすいようにする。調査結果を、ホームページなどで詳しく公開することも求めた。

今回の総務省の指針はひとまず大手3社に対して行われたようですが、今後格安スマホでも明確な速度表示を求められるかもしれないでですね。

今月末まで、端末セットで4750円のキャッシュバック(解約金半額相当)を行っていますよ→楽天モバイル

あまりデータ通信使わなそうであれば1,1GBプランおすすめです→NIFTYの次世代ローコストスマホ「NifMo」

今日もご訪問ありがとうございましたヾ(。>﹏<。)ノ゙✧* にほんブログ村 スマホ・携帯ブログ SIMフリー端末・その他キャリアへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

読んでいただいて、ありがとうございました~~~(*’∀’人)♥

関連記事広告
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク