シャオミXiaomiのMi Maxはギアベスト(GearBest.com)から配送された

シャオミXiaomiのMi Maxという、中華スマホがギアベスト(GearBest.com)から配送されてきました。

xiaomimimaxe_9976

キャサリン(仮名)という人から突然メール依頼が来て、とんとん拍子に話が進んで届いたこの、ちょっと大きめの6.44インチのファブレット(タブレットにしては小さく電話機能もあるもの)は、今我が家にあるどのスマホよりも性能が良いもので出会うことを楽しみにしていました。

最初にお断り・・・この端末、スマホとしては使ってないです。

日本の技適を通過していない端末なので、残念ながら電波を入れることはできません。(やろうと思えばできますが。)

xiaomi-mi-max002

このMi Maxは、2016年のムーブメントである、同時待ち受けに対応している機種なので、日本以外では4G 3Gと2枚のSIMを使えます。

海外旅行に持っていく場合に、便利なハイスペックタブレットですよ。

海外であれば、日本の法律の問題もないので、使えるところが多いと思います。

Xiaomi Mi Maxとてもよい端末なのでご紹介いたしますね。

Xiaomiとは?

Xiaomi(しゃおみ)とは、北京に本社を置く総合家電メーカーで、ハイスペックながらお安いラインでスマホを販売しており、人気があります。どうやらアップルを意識しているようなのですが、オシャレ度というより、性能とのコスパバランスがよいスマホという感じ。

まあちょっと見てくださいよ、的な感じでシャオミの箱ですが、無造作にDHLの黄色のビニール袋にくるまれて届きました。

dhl1image

上の写真左下ですね、これがシャオミのMiMax製品箱だとしたらかなり・・個性的です。

たとえば、日本のフリーテルだとボックスも

freetelREI332_0237

それなりにオシャンティーですが、シャオミは、不必要な飾りは一切なしで潔ささえ感じました。

さて、本体の外観は・・・

Xiaomi(シャオミ)Mi Maxの外観

6.44インチのファブレットということで、かなり大きく感じます。

xiaomi19934

ZneFone2Laser(5インチ)と並べるとシャオミMiMaxは

xiaomi122936

二回りぐらい大きく感じます。電話として使うには、大きすぎるかなーでも、とっても見やすいですね。老眼とか画面が小さいと疲れてしまう方は、こういった大き目のファブレットを扱うと、目が疲れづらいと思います。端末が2万円台と安いのに指紋認証もあるので、コスパの良さが際立ちます。

xiaomi-mi-max9985

正直、外観に高級感とかセンスの良さはあまり感じないですが、実務に徹した感じで、サイズが大きいのですが意外と持やすいエッジであったり、

xiaomimimax013

無駄がないですね。そして、SIMスロットは左サイドにあるので、付属のピンでスロットを出して、SIMを2枚セットできます。

デュアルSIMのXiaomi Mi Max 16GB ROM 4G Phablet

2枚のSIMを同時待ち受けできる端末は、今後も沢山出てくるようになると思いますが、Mi Maxは2万円台で、なかつ基本スペックも高い中、2枚のSIMが同時待ち受けできるので、海外出張などが多い方には使い出のあるファブレットだと感じました。

xiaomimimax004

xiaomimimax007

一方がマイクロSIMスロットで、もう一方がナノSIMのスロットです。nanoSIMの方にはマイクロSDを入れることもできますがその場合は2枚のSIMを同時待ち受けはできません。

技適が通ってないので、このスマホは電波通せないと書きましたが、オリンピックに向けて、海外から来た方が持ち込んだスマホを期限を限って、日本国内で使用できるようにすることを許可する法律改正が最近ありました。

もしかしたら、近い将来もう少しこの技適が緩和されるようなことがあれば、通販でこのような端末を買っても自由に国内で使える日が来るかもしれないですね。

xiaomi009

実際とても良い端末だったので、これが普段使いできないのはとっても残念です。

では、その性能を以下で見てみましょう。

シャオミXiaomi Mi Maxのスペック

シャオミMi maxのスペックは

xiaomi68161

バッテリー: 4850mAh Battery
ディスプレイ: 6.44 inch, 1920 x 1080 Pixel
CPU: Qualcomm Snapdragon 650 64bit 1.8GHzヘキサコア
GPU: Adreno 510
システム: Android 6.0 ( MIUI 7 )
RAM + ROM: 2GB RAM + 16GB ROM
カメラ: 5.0MP with f/2.0 aperture front camera + 16.0MP with f/2.0 aperture back camera
センサー類: Light sensor, G-sensor, Proximity sensor, Hall Sensor,ジャイロセンサー, E-compass, Infrared, Fingerprint sensor, Accelerometer, etc.
SIM カード: Dual SIM dual standby. One is Micro SIM card slot, the other is Nano card slot, which can also be used as a TF card slot.

バッテリーが4850mAh で、かなりの電池持ちの良さです。また、カメラもマニュアルモードで微妙な調節できたり、
camera111collag

操作も、かなり感覚で迷わず扱えるのでとても気に入りました。

セルフィーで撮ると、なぜか顔で年齢と性別を判断してきます。

camerat111

ゲームのようで面白く、いかに若く判定させるかで遊べましたw かなり誤作動してくれるのでいい気分。

さて、中華スマホですが、日本語入力できるのかな?

このMiMaxは日本語入力できるようにしないと、できません

私は結局そのまま使っちゃっていますが、GearBestから届いた、シャオミのMi Maxは、日本語入力をできるようにしないと、できません。

アプリをいれたらいいだけなのかな?と思いましたが、調べるとそうでもなかったです。

一番わかりやすかった記事は以下のサイトで見つけました。

ベヨンド・ガジェットライフ

もし、Mi Maxを購入されて、海外で使用する方は上のサイトを参考にして、日本語入力できるようにするとよいと思います。

Xiaomiシャオミ Mi Maxのスクリーンショットの撮影と保存場所

シャオミのMi Maxの記事を書くのに、スクリーンショットの取り方がわかりませんでしたが、右サイドにある電源ボタンと、音量ボタンを下に同時に押すとスクリーンショット撮影できます。

screenshot_2016-11-12-10-08-15_com-miui-home

で、撮影した写真がどこにあるやら探しまくったら、エクスプローラーという黄色のフォルダの中にありました。

エクスプローラーの黄色のアイコンをタップすると、右上にinternal strageというところがあるので、開くと以下のように

stragexiaomi11

フォルダの一覧が表示されるのでDCIMのフォルダを開きます。DCIMのフォルダ内には、スクリーンショットのフォルダがあるので、それを開くと、スクリーンショットの一覧が出てきました。

screeenshots-image

ちなみに、シャオミのMi Maxの写真をパソコンに吸い上げるには、Mi MaxをパソコンにUSB接続して、Mi Maxの画面を上から下にスワイプすると以下のような表示が出てきます

usbphotoxiaomi

この一番上のUSB Photo for transfer(もしくはUSB・・と別な表示の場合も)出てるので、それを開き

USE USB FOR (USBを何に使いますか)と聞かれているので

transferphptos1

USB Photo for transferを選択すると、パソコンからMi Maxの中身を開けるようになります。

中華スマホで注意すること

別に中華スマホではなくても、日本のスマホでも同じですが、個人情報の扱いをやはり気にしたほうが良いですよね。

写真と位置情報と・・・

xiaomi1-image

写真の位置情報は、カメラの画面で右側にスワイプして、詳細の画面を出して、詳細画面の下の歯車アイコンがカメラ設定なのでそこを開き

caneraxiaomi1_com-android-camera

SAVE LOCATION INFOなどは写真の位置情報なので、オフって、更にカメラのシャッター音ですかね、これもここで調整できるようです。

ちなみに、全体の設定として

xiaomimimax20

ホーム画面→歯車アイコンタップ→Settings画面→Additional settings→Privacy

Privacyプライバシーの画面で、下の方にスクロールすると、位置情報のオンオフ設定ができます、また、User Experience Programも、何かあると通信するプログラムなので、これもオフにしてもいいと思います。

xiaomimimaxe_9976

以上、魅力的なXiaomi Mi Maxの紹介でした!

GearBest.comでは、ただいま大セール中でこういったガジェットなどがとても安く手に入ります。

ただ海外通販なので、日本のアマゾンや楽天などの迅速さを求めてはいけないと思います、私は個人輸入のサイトをしていますが、個人輸入は気が長い人向きだと思います。

今回GearBestからはかなり早く届いた(11月4日に連絡して、11月11日に到着)のですが、海外からものを取り寄せるのは時間かかるのでその点だけご留意を。

ファブレットなどが安い→GearBest.com

関連記事広告
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク