格安スマホキャンペーン8社比較!【2017年3月】どこを選べば節約オトク?

この記事は格安スマホキャンペーンを行っている8社【2017年3月版】をピックアップして格安スマホのキャッシュバックや割引を比較しています。

オトクに格安スマホをゲットするために必見のページなのでブックマークしておくと便利です♪

uqmobile33215

2017年3月はどのMVNOを選べば節約したオトクな格安スマホ生活ができるのでしょうか?

是非以下を読んで、ライフスタイルにあった格安スマホを選んでみてくださいね。

ご紹介する格安スマホキャンペーンを行っている会社MVNOは、

NifMo(ニフモ)/楽天モバイル/LINEモバイル/ワイモバイル/マイネオ/TONEモバイル/BIGLOBE SIM/FREETEL

となっております。

格安スマホキャンペーン【2017年3月】8社比較どこを選べばよい?

現在格安スマホキャンペーンを行っている会社で多いのが、データ容量プレゼントや、〇カ月分基本料無料などのキャンペーン内容が多いです。

少ないですが、キャッシュバックキャンペーンも展開している格安スマホ会社もあります。まずは、わかりやすいキャッシュバック系の格安スマホをご紹介いたします。

なお、期間限定になりますので申し込みの際は期日にお気を付けください。(随時修正は行っていきますが)

格安スマホキャンペーン 半額セール開催の楽天モバイル

値引き額が最高のパフォーマンスをたたき出しているのは、間違いなく楽天モバイル。

初期費用をとにかく抑えたければココ!

楽天モバイルも、大変キャッチーなキャンペーンを沢山開催中。内容は、端末の割引キャンペーンがイチオシです。

キャンペーン期間: 2017年3月10日(金)10:00~2017年4月10日(月)9:59

なんとHUAWEI P9liteの端末費用が12,800円!!通話SIMで申し込みの場合ですね。

この機種使ったことがありますが、指紋認証もあるし激安だと思います、この価格だと。オススメですね。

条件の一部を公式サイトより引用します

通話SIMをお申し込みの場合
honor 8の端末費用が29,800円となります。
AQUOS M04の端末費用が19,800円となります。
HUAWEI P9liteの端末費用が12,800円となります。
AQUOS mini SH-M03の端末費用が34,800円となります。
arrows M03の端末費用が21,800円となります。
ZenFone 3の端末費用が29,800円となります。
AQUOS RM02の端末費用が12,800円となります。
ZTE BLADE E01の端末費用が980円となります。
ZenFone Goの端末費用が2,880円となります。
050データSIM(SMSあり)/データSIM(SMSなし)をお申し込みの場合
honor 8の端末費用が34,800円となります。
AQUOS M04の端末費用が21,800円となります。
HUAWEI P9liteの端末費用が14,800円となります。
AQUOS mini SH-M03の端末費用が36,800円となります。
arrows M03の端末費用が23,800円となります。
ZenFone 3の端末費用が32,800円となります。
AQUOS RM02の端末費用が14,800円となります。
ZTE BLADE E01の端末費用が2,980円となります。
ZenFone Goの端末費用が9,880円となります。

私はキャンペーンのない時に、定価で購入したので羨ましいです。

キャンペーン対象外の条件もあるので、公式サイトで見てご注意ください。楽天市場での申し込みはNGです!

申し込みはこちらから→楽天モバイル

楽天モバイルは支払い方法が他社より選択肢があります。

格安スマホでは数少ない口座振替も可能な楽天モバイルですが、殆どの方はクレジットカード払いが多いと思います。クレジットカードを使うのであれば、楽天で統一したほうが、月額料金もポイントで値引けるので、これは必携だと私個人は思っています。(もちろん私も楽天カード払いです)

 楽天モバイルの機種代金分割払いの手数料を無料にする裏技はこのカードが必須 ♫→楽天カード

ポイントが楽天モバイルの支払いにも使えるので一石二鳥です。

激安冬の特価セール取り扱いは→期間限定のニュースはココ→楽天モバイル

楽天モバイルについてのユーザー口コミ記事

楽天モバイルの機種について知りたい方は以下を参照

楽天モバイル半額セールおすすめ端末【2017年版】はどれか比較
この記事は楽天モバイル半額セール情報と楽天モバイルおすすめ人気機種ランキングのページです。楽天モバイルは2017年最新機種豊富! 半額...

端末値引きキャンペーン LINEモバイル

データ容量増量キャンペーンを行っているのが、ラインモバイル。

【期間】
2017/3/31までの申し込み

注意すべきことは(公式より引用)

気をつけていただきたいのが、3/31までに利用開始日を迎えた方が対象となること。お申し込みだけ済んでも、本人確認が完了しても、まだキャンペーン対象にはなりません。LINEモバイルの回線で通信ができるようになって開通完了になりますのでご注意ください。

LINEはMUSICプラスという、LINE MUSICのカウントフリー(高速通信容量のデータ消費量をカウントしない)が始まったので音楽好きな方にお勧めです。

公式サイト⇒LINEモバイル

参考記事

LINEモバイルのスマホを評価!ラインモバイルレビュー良い・悪い点
この記事はLINEモバイルのプラン詳細の評価やLINEモバイルを入れてスマホを使ってみた(レビュー)感想をご紹介しています。 ...

格安スマホキャンペーン最大20,100円キャッシュバック NifMo(ニフモ)

ニフティが母体のNifMo(ニフモ)では、最大15,100円キャッシュバックという大盤振る舞いを行っています。

私もニフモのキャッシュバックでHUAWEI のnovaを最近買いました。

このキャッシュバックは、端末が届いた後書類を見て銀行口座を登録しなければいけないのが少し面倒ですが、それぐらいの手間で安くなるなら利用しない手はないです。

わかりやすいキャンペーンとしてはNO1のような気がします。内容は、

期 間 2017年3月31日まで
対 象 上記の期間中に、NifMoのSIMカード3GB、7GB、13GBプランのいずれかにお申し込みをし、機器をお受け取りいただいた方。

SIMカードだけではなく、一緒に機種本体も申し込むことがキャッシュバックの条件です。

キャッシュバック条件と、キャッシュバック適用金額は以下です。

特典ありの申し込みはWebの場合は、このページの申し込みからのみです⇒NifMo

通常のページに行ってもキャッシュバックコーナーはありませんのでご注意を。

格安スマホキャンペーン ワイモバイル通話放題+データ容量2倍

ワイモバイルでは各種格安スマホキャンペーンを行っています。

ymobilekyanpoe5-24

イチオシなのが、この『通話もネットもこみで1980円』というプラン。1年限定で、13ヵ月目以降の基本使用料は、「スマホプランS」2,980円となりますが、1年1000円割引は、キャッシュバックに換算すると12000円になるので、なかなかオトクな格安スマホキャンペーンと言えますね。

プラス、新規乗り換えで、高速データ通信容量が2倍になる(しかも2年!)キャンペーンも同時開催なので、考えようによっては、この部分もキャッシュバック的要素がかなりありますね。

ymobilekyanpe35

ワイモバイルに乗り換えると、通話もネットも込みで1年間1980円使えて、しかも二年間はデータ容量が2GBになる(スマホプランS)

※※1回あたり10分以内の国内通話(月300回まで)が無料になります。

ワイモバイルはデータ通信の速度が速いんですよ。(過去記事

格安スマホキャンペーン mineo(マイネオ)

マイネオは最近テレビCMでもたくさん見ますね。

現在開催のキャンペーンは

月額基本料金から、シングルタイプ1GBコース月額基本料金相当額(800円)をご利用開始翌月から3カ月間割り引きするキャンペーン
キャンペーン期間 2017年1月20日(金)~2017年5月9日(火)

また大きなキャンペーンが始まったらこのページでもご紹介いたしますね。

マイネオは、あまったデータ容量をわけあえたりするシステムが面白いです。

詳細は公式サイト⇒mineo

格安スマホキャンペーン TONEモバイル ツタヤのスマホ契約事務手数料無料

ツタヤのスマホとして人気がある格安スマホ『トーンモバイル』の格安スマホキャンペーンはなんと基本プラン1年間

ゼロ円!!!キャンペーン

基本プラン月額料金が契約翌月より1年間(1,000円×12ヵ月分)無料となります。

2017年5月31日までの申し込みが対象です。

また、端末割引もあります。

・端末代金29,800円から10,000円値引きされます。

一年間基本料金無料キャンペーンと1万円端末割引キャンペーンはいずれかを選ぶようになっています。

トーンモバイルは、超初心者やシニア、小学生のお子様におすすめの格安スマホです。

格安スマホキャンペーン BIGLOBE SIMの半年月額割引キャンペーン

BIGLOBE SIMもビッグなキャンペ―ンを行っています。結構すごい(^^)/

新規で対象スマホ+6/12/20/30ギガプランの音声通話SIMをお申し込みで、「セキュリティセット・プレミアム」同時申し込みの場合最大20200円割引

例えばこれ、対象期間:2017年3月1日~2017年3月26日で新規でスマホ+3/6/12/20/30ギガプランの音声通話SIMまたは、データSIMを契約の場合でも

1万円割引

になります。

割引が細かく用意されていますので、用途に合わせて適応させてみてください。

ところでBIGLOBE SIMの何がすごいって、

動画見るならもうこのSIMです。

エンタメフリープランがきめうち!

480円(税別)/月~で、YouTube、Google Play Music、AbemaTVなどの動画や音楽をデータ通信量の制限なく定額

学生や若年層には圧倒的にアドバンテージがあるサービスです。みんな動画大好きですよね。

格安スマホキャンペーン FREETEL(フリーテル)端末アウトレット

スマートコミコミプランの申し込みで現金還元サービスを行っています

スマートコミコミ5,000円キャンペーン還元キャンペーンが適用されていた場合は、終了の翌月(13ヶ月目)から10ヶ月間、月額請求金額より1,000円割引いたします

キャンペーン終了時未定

私もFREETELの機種を持っているし、SIMも使っていますが

  • データ通信の速度が速く
  • 機種もなかなかよいです

機種はKIWAMIというものを、家族が使っていますがカメラの性能もよく、旅行先でも今はカメラを持たずスマホで代用しております。

アウトレットでオススメなのはREIという機種ですね。

FREETEL REI_308011

ポケモンGOもできるし、ポケモンGOのデータ通信はカウントされませんのでオトクです。

公式サイト⇒FREETEL(フリーテル)

格安スマホキャンペーンまとめ どれが節約度高いのかな?

正直、金額の面でいうのであれば、一括払い79,800円のHUAWEI MateSの価格が29,500円になる楽天モバイルは節約度としてはダントツに高いでしょう。Matesを買うのであれば、50,300円の節約になります(笑)

ただ、誰もがハイスペック端末であるMateSがいいのかと言えば、そうでもないと思うので私が以下でまとめさせていただくと、

というように、目的別でチョイスするのがベストですね。それにキャンペーンが付いていればラッキーなのではないでしょうか?

参考にしてみてくださいね。





格安スマホの総合情報はコチラ

関連記事広告
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク