格安スマホのイオンモバイルは速度遅い?スピードテストした。

イオンモバイルからファーウェイのP9LITEを借りたのが前回のお話でした。

huaweip9LITE21324

実際に、私が気になっていたのは『イオンモバイルの速度』

ネットを見る速度ですね。

なんとなく先入観でイオンといえば大衆向けのスーパー。ゆえに安い、ゆえに遅い・・そんな風に。

しかしながら実際に、ダウンロード速度(通信速度)をチェックしてみると!

400aeonspeeed07-07-10-00-38

時間もありますが、『悪くなーい!むしろ速い!』

ということがわかりました。

イオンモバイルの速度とイオンモバイルのキャンペーンについて今日はご紹介します。

格安スマホの速度とは?

イオンモバイルの速度計測結果をお知らせする前に、ご存知の方も多いと思いますが、格安スマホは大手キャリアの回線を借りて運営されています

huaweip9LITE4328

なので、限られた回線をユーザーが使っているわけで、多くの人が使用する時間や、場所によって回線が混み合い、その結果遅くなってしまうことがあります。時間帯で言えば、朝8時台、正午12時台、帰宅の時間帯、などが一般的に回線が混雑する時間です。

動画などが止まってしまうのは、ダウンロード速度が1Mbps未満になる時間帯ですが、格安スマホでそこまで時間帯が落ちるのは大体、正午です。

また、動画やゲームなどを除く、ネット閲覧は1Mbpsなくても普通にチェックできます。

イオンモバイルの速度スピードテストの結果

結果をまとめていいますと、イオンモバイルで1Mbps未満に速度が落ちる時間は12時台正午と18時台でした。計測場所は湘南地区、端末はHUAWEI P9LITEです

speedtestaeon10-01-37

朝ですが、八時前半は割と低めのスピードですが、8時半以降は19.60とかなりのスピードです。11時台に至っては35,43Mbpsなど爆速です。

speedtestaeon8-01-08

17時後半から、18時にかけてスピードがいったん落ちます、概ね1Mbps あるのでスピードが落ちるといっても、あまり問題はなさそうです。

speedtestaeon37-09-09-40-50

時間帯がとびとびで申し訳ないのですが、夜の23時台も割と混み合いそうな時間ではありますが、かなり速度は速いですね。

こうして見ますと、全時間帯爆速なワイモバイルフリーテルのような絶対的スピードの安定性とは異なりますが、概ね快適に使えるという印象を持ったイオンモバイルでした。

格安スマホのイオンモバイルは安いけど遅くはなかったですよ!

ということが使ってみてわかりました。グダグダに遅いの?なんて予想は大いに外れてくれました。

イオンモバイルのキャンペーンでオトクに格安スマホ!

イオンモバイルではただいま新規・MNPキャンペーンを行っています。

①期間2016年8月31日までに新規・MNP契約が完了したユーザーに契約月の翌月以降、毎月3か月間高速通信データ容量を2GB増量キャンペーン

②話題のVAIO PHONEがSIMとセットで大特価キャンペーン(期間2016年8月31日まで)

2gbaeon1

①のデータ増量キャンペーンは、たとえば4GBプランを契約した場合、月額1580円ですが2GB増量を三か月間1580円で楽しめます

6GBを1580円で3か月間使えます。かなりリーズナブルですね。

また②のキャンペーンは、安曇野フィニッシュのVAIO PHONEをSIMとセットで29,800円で購入できます。

aeondegital

どの端末が良いかよくわからないな・・という場合、このキャンペーンであればお安くSIMと端末をセットで購入できるのでチョイスとしてよさそうです。(格安スマホのスペック的には、中の下ぐらい)

私のオススメはHUAWEI P9LITEですが(^^)

P9lite2221

イオンモバイルは、ネットのみデータ通信のみの契約であれば月額480円(データ通信なんと1GB!)、音声通話をつけたSIMでも月額1,180円から使えます。

データ通信1GB480円はDMMモバイルと並んで、業界トップクラスの安さです。

安いけど、それなりに早く問題なく使えるのが→業界最安級の格安スマホ「イオンモバイル」

私の中で、イオンモバイルはとてもSIMの速度が遅いイメージがあったのですが、全くそんなことないイオンのスマホの使い心地に驚きました!実際使ってみないと、わからないものですね^^

イオンモバイル以外を見てみる

関連記事広告
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク