FREETEL格安スマホのデータ通信料金無料1年か半年、締め切り間近です。

FREETELで、格安スマホのデータ通信料金1GB分を毎月無料にするキャンペーンを5月16日の月曜日まで行っています。

これはとりあえず鉄板で申し込みしちゃおうかとおもいます。

freetel62011

格安スマホに乗り換えようかどうしようか迷っている方であれば、迷うことなくトライしてみる案件だと私は思います。使える端末(【FREETEL】ホームページ内にある動作対応確認端末の一覧にある機種)があるのであれば。

もちろん、FREETELで新しく買ってもよいですし。端末を購入した場合は最長の1年間1GBまでのデータ通信料金は無料になります。

SIMだけの購入であっても、半年は1GBまでのデータ通信料金は無料なのです。

これはフリーテル元から最安値クラスの格安スマホなのに、ずいぶんと大盤振る舞いですよ、1GBまでは無料というとどのくらい安くなるってことなんですかね。

計算をしてみましょう。

急ぎで申し込む方は、公式へどうぞ⇒【FREETEL】

FREETELの格安スマホ(SIM)料金システム

今回無料キャンペーンは1GBまで!と表現されていますが、FREETEL(フリーテル)は他社にはあまりない

kaji111

ネットを使った分だけ請求される

システムです。

通常、ほかの格安スマホでは 1GB 2GB 3GB・・・と契約時に、毎月高速通信で何GBのデータを使うか決めてプラン設定するので、2GBで契約した場合、2GBを超過して使ってしまうと通信の速度が低速に落ちてしまいます。

フリーテル
月額料金表
データSIM
(SMSなし)
データSIM
(SMSあり)
通話SIM
(SMSあり)
通信速度
100MB299円¥439¥999下り最大150Mbps
上り最大50Mbps
1GB499円¥639¥1,199同上
3GB900円¥1,0401.600円同上
5GB¥1,520¥1,660¥2,220同上
8GB¥2,140¥2,280¥2,840同上
10GB¥2,470¥2,610¥3,170同上

はじめてこの表を見た方に、説明をさせていただきますと

通話SIMを契約した場合、2GBを使ったら1,600円の請求になります。

データSIM(通信だけの契約)の場合SMS(ショートメッセージ)がないプランで2GBを使えば900円の請求になります。

価格的には他のところと大体同じですね。

ですが楽天モバイルだと3,1GB 5GB 10GBと高速通信のプランが3つしかありませんので5GBを超えるような使い方をする方は10GBを契約することになり、それでは余ってしまうという方もいるかもしれないです。

フリーテルはその点使った分だけなので5GBを超えても、一番近いラインの8GBですますことができて、1GBしか使わない月は1GB分だけの請求がなされるシステムです。

使うデータ量にばらつきがあって、無駄をしたくない方にはピッタリの格安スマホと言えるでしょう。

FREETEL無料キャンペーンで安くなる額は?

では1GB分安くなる場合、どれくらい通常よりお得になるのでしょうか。公式サイトより表を引用

freetel8946222

SIMのみの契約の場合

2,994円安くなり!

端末も一緒だと倍の

5,988円安くなる!!

ということだと思うのですが、いかがでしょうか。

これはある意味・・・こんな風に契約すればよいのではないでしょうか?

FREETELの無料キャンペーンを使えば端末を安く買って無料で通信できるようなものじゃない?

これはSIMのみの契約でも、半年無料って大きいよね~なんて考えていましたが、ふと頭をよぎったのは

『端末セットの場合、1年分1GB無料になるのであれば、5,988円の値引きで機種を買えるようなもんじゃない?』

priori3ltee

priori3LTEは12,800円なので1GB一年5988円分安くなると考えると、6,812円で購入して、1年間通信が1GBまで無料で使えるようなニュアンスと近いような気がします。非常に、乗り換えやすいキャンペーンだなぁと改めて感心しました。

最初はサービスでほぼ無料に近い形で使ってもらってその良さを分かってもらう。

自信があるからできるサービスですね。

過去記事でも何度か書いていますが、通信速度もトップクラスに快適だし使うとよさがわかるSIMだと思います。

取り急ぎ、このキャンペーンは2016年5月16日までとなっているのでご検討中の方はご注意くださいね。

申し込みはオンラインでできます⇒【FREETEL】

お読みいただきまして、誠にありがとうございました!

TOPページへ戻る

関連記事広告
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク