アンドロイドのOS更新のある格安スマホ機種で端末のセキュリティーを強化

格安スマホに限らず、アンドロイドのスマホはドコモやauソフトバンクなどで販売されているものも、アンドロイドOS(基本システム)のアップデート(更新)が常になされるわけではありません。

ymobilenexus013

アンドロイドの更新を保証している有名な端末がNexusですが、バージョンアップが保証されているこういったアンドロイド端末は稀です。

ワイモバイルの口コミ過去記事にも書きましたが、グーグルの公式ページから引用すると

Nexus 5X、Nexus 6P、Nexus 6、Nexus 5、Nexus 4、Nexus 7、Nexus 9、Nexus 10 の各端末では、最新バージョンの Android が Google から直接提供されます。これらの端末に対する Android バージョンのアップデートは、該当する端末の販売が Google ストアで開始された時点から最低 2 年間提供されます。

となっていて、私の知る限りこのような保証をしているメーカーは殆どないのでは・・と思います。2016年3月8日づけの読売新聞記事によると、国内機種の77%はアンドロイド4,4以前の古いOSのままでKDDIの場合96機種中の35機種がOSのバージョンアップ対象だったそうです。

これと比較して、iPhoneの場合iPhone4sでもiOS9,2までバージョンアップ可能なのでiPhoneは、OSのアップデートの観点から言えば息が長い端末と言えます。

iPhone6412

なぜ、アップデートがある端末だとセキュリティ的に有利なのか。

それは便利な『アプリ』に原因があります。

この記事では格安スマホのセキュリティ対策や、アンドロイドの更新ができる端末を扱っている格安SIMの会社をご紹介いたします。

アンドロイドを更新しない場合のデメリットとは?

私の持っているASUS ZenFone5のバージョンを確認してみました。

andoroid21021-15

アンドロイドは古いままですね・・・一応セキュリティパッチレベルは今年のものみたいです。昨年度、ZenFone5はアンドロイドアップデートが公式HPに上がっていたようです。以下の写真はキャプチャですが、ダウンロードページにリンクしています↓

1lpllipop5.0asus

これで更新できるのはアンドロイド5,0までです。現在最新のアンドロイドはAndroid 6.0.1ですかね【2016年3月現在】

アンドロイドを更新しないデメリットは、各種アプリにセキュリティホールがあった場合に通信改ざんやスマホを遠隔操作されたり・・という可能性があります。パソコンのセキュリティとおなじですが、パソコンの場合はウィンドウズOSですと、定期的にアップデートのお知らせが来て更新プログラムが配信されますが、スマホのOSはその特性上『修正プログラム』がなかなか各端末に届きません。

y!mobilenexus5last

その理由はアンドロイド端末の場合、アップル社と異なり端末とソフトウェアの開発元が異なること。各端末メーカーはグーグルによって配布されるプログラムを変更して独自のものを作り製品として世に出しています。

なので、新しい更新プログラムが出た場合に、製造元が各自プログラムの不具合などを検証しなければいけないために、時間もコストもかかる・・ゆえにネクサスのように随時更新するのは難しいそうです。ネクサスはグーグルが出している端末なので以下のように更新プログラムがすぐに配信されます。

ymobile333221

上記は2年前に販売されたネクサス5です。現在後継機種も出ていますが、この2年前のネクサスもまだアップデートフォローされていますね。最新プログラムです。

ちなみにワイモバイルでのネクサス更新状況(2年前のネクサス5で)を見ると、

nexusupdate3322

かなりの頻度でアップデート配信されていたことが分かります。このことから考えるとワイモバイルでスマホを選ぶのであればNexusが安心ですね。Nexus5(旧機種)がアウトレットで出ています。→ワイモバイル

では、格安スマホでアンドロイドアップデートが今まであった機種で今販売している端末をいくつか以下でご紹介いたします。

ちなみに、私はこのZenFone5を使っていて不具合やセキュリティ上怪しかったことはまだありません。iPhone6Sでも今のところ問題ないです(アップデートしてますので)。FREETELの極は不具合ではないですけれど、

kiwamifreetel2222217

ZenFone5では見たことのないような警告が何度か出ました、多分あれ警告の形した悪質な広告だと思うのだけれど。あと変な美術館からDMが送られてくるので即効削除しています。私が極は今使ってないので、使い方にも問題があるのかもしれません。ZenFoneの方では変な画面見ないんですよね・・

セキュリティ対策のある格安SIMの有名どころ

格安スマホは今や数え切れないほどありますので、ここで紹介するものは私がいつも紹介しているものの中から限定することになりますことをご了承ください。

まずセキュリティサービスがある格安SIMですが

・電話かけ放題・端末豊富・楽天市場ユーザー向けの⇒楽天モバイル

・通話機能は殆ど必要ない、契約期間縛りがない・安さ重視の⇒イオンモバイル

・格安スマホで60分の通話パック・無料Wi-Fiスポットが多数の→BIGLOBE SIM

楽天モバイルのセキュリティは・・・月額300円ドイツの第三者機関AV-TESTが実施した性能テストで100%の検知率を誇るBitdefender社のアプリ。省電力設計かつウイルス対策、紛失・盗難対策までを網羅。

イオンモバイルのセキュリティは・・・月額150円リアルタイムでウィルススキャン端末の不要なファイルをクリーンナップ!

BIGLOBE SIMのセキュリティは・・・月額380円マカフィーの技術で、さまざまな経路からのウイルスや、悪質なスパイウェアをしっかり検出・駆除し、盗難時も遠隔ロック可能。

だそうです。ワイモバイルにも月額300円で同じようなウィルス対策ソフトがあります(スマートセキュリティfor アンドロイド・ノートンモバイルセキュリティ系)

アンドロイドの更新が最近あった端末

アンドロイドの更新が何気に行われている機種もありますので、やはり思いだせるところで書き出していくと、

マイネオでAQUOS SERIE SHL25のアップデートがありました。楽天モバイルでもhonor6Plusのアップデートが記憶に新しいです。

honorplus6

こちらはAndroid 4.4 から Android 5.1.1でした。去年発売して、2015年11月にアップデート対応していますので、格安スマホにしては非常に対応が良く思えます。現在honor6Plusはイチオシ機種割引キャンペーンとして、セールしていますね→楽天モバイル

今後も、アンドロイドが対応してくれるとユーザーとしては喜ばしいことだと思うのでメーカーのhuaweiさん頑張って!

あと同じく楽天モバイルのhtcの人気端末Desire626がアップデートあるのでは?と噂。既に過去にアップデートがあったようです。

htcdesire6260403

安いし、人気のある端末でセールでは更に安くなるのでかなりリーズナブルでとても良く出る端末だとか。

以前二子玉川の楽天のショップで聞きました。

今現在も端末割引キャンペーンの対象になっていますよ→楽天モバイル

セキュリティは気になりだしたら止まりませんが、スマホの使い方によってはそれほど神経質になることもないかもしれません。金銭にまつわることをスマホでしている場合などは注意するに越したことはありませんが。

まとめると

・セキュリティソフト月額が一番安いSIM→イオンモバイル
・二番目に月額安いセキュリティソフト→楽天モバイル
・端末自体がアンドロイド更新が随時あるネクサス販売する→ワイモバイル
・端末メーカーが積極的にアップデートを行う機種をそろえている→楽天モバイル

となっております。

関連記事広告
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク