イオンスマホ(イオンモバイル)直近3日間容量制限と解約金なし!家族シェア可

イオンスマホことイオンモバイルが2月26日オギャーと誕生(受け付け開始)することを、先日ご紹介しましたが、改めてイオンスマホが爆発的に広がりそうだと感じた理由を書きたいと思います。

aeonsumaho45221

どういった方が、イオンスマホ(イオンモバイル)を使うと向いているのかその辺も他社と比較してみます。

あと、イオンモバイルどんな端末がセット販売されるか気になりますよね?ちょっと探したらこんな画像があって、有名どころの格安スマホがズラリ並んでいます。

富士通Arrowsやシャープのアクオスといった日本メーカーの格安スマホから、ZenFoneやマウスコンピューター?のタブレットもあるようです、これ現在のイオンスマホのラインナップかな?そのままイオンモバイルでも継続なんでしょうか。

SIMだけでもいいでしょうし(今一番安いし)端末セットで買うのでも選択肢が多いのでガマンしてこの端末を選ぶと言うことを避けることができそうです。

では、イオンモバイルがどのような方に向いているかご紹介いたします。

イオンモバイルにピッタリな方は格安スマホ初心者とネットヘビーユーザー

初心者とネットヘビーユーザー、両極端ですがどちらの方もイオンモバイルに適性があります。

まず初心者の方がイオンモバイルを選ぶメリットは

①通話SIMでも解約違約金がない
②契約期間の縛りがない
③全国の213店舗で説明を聞ける

ということです。特に契約期間の縛りがなく違約金がないという格安SIM(通話)は今までなかったと思うので、これは大きいです。初心者の方は恐る恐る格安スマホに変えるわけですから、万が一格安SIMのサービスに不満を持った際、通話SIMであってもアッサリ契約を解除できると言うことは、とても格安スマホへのハードルを下げてくれるはずです。

月額150円でセキュリティがついてくることも、ウィルス対策を気にする方にはとても嬉しいサービスだと思います。故障破損の端末保障も月額350円なので、これも安いですね。

こうやって書きますと、色々つけたら随分高いんじゃないの?と思われるかもしれないですが、SIMの契約料金が現時点で(2016・2・21)最安値なのでオプション付けても安いですね

aeonryoukin1

上の表のシェア音声プランは、音声SIM1枚とデータSIMを2枚まで利用可能なプラン。データSIMを音声SIMに変更したい場合1枚/月額700円を追加すればOK。

家族で使えますね、1契約で3つのSIMを利用できるのがシェアプランのようです。

その他の特徴で、

直近3日間の容量制限なし!

という特徴がイオンモバイルにはありますが、これはネットのヘビーユーザーにとって非常に喜ばしいことではないでしょうか?

YouTubeやゲーム、動画配信サービスなどを連続して3日間多用しますと、速度制限にかかることが当たり前の世の中、イオンモバイルでは、直近3日間ネットをヘビーローテーションしても速度制限を設けないという思い切った策を提供してきました!

これは他の格安SIMではまだほとんどないサービス

です。これだけでも途方もないアドバンテージです。

さてイオンモバイルがどの程度安いのか大手3社の(ドコモauソフトバンク)の新低料金プランと比較してみましょう

大手キャリアの新低料金プランとイオンモバイルの比較

例えばイオンモバイルの場合『シェアプラン』を選択して家族3人で通話SIMを使うとなると、

6GB(月額2280円)+(通話SIM変更700円×2)=3680円

1人月額1226円で各人が2GB容量の通話SIMを使えます

という計算で大丈夫ですかね?(ちょっと計算不安)

家族3人でスマホを使うとなると、現在大手キャリアの新しい低料金プランでは

 ドコモauソフトバンク
低料金プラン家族でデータシェアプラン
上限5GB 家族3人で
1人当たり4500円
データ通信上限1GBで
月額4900円プラン
データ通信上限1GBで
月額4900円プラン
25歳以下特典最低3年間毎月6GB上乗せ
毎月1300円割引も
26歳になるまで毎月
5GB上乗せ、最長1年間
毎月1000円割引
3年間毎月6GB上乗せか
2年間毎月1620円割引

結果を見るまでもなく、イオンモバイルの圧勝です、大手キャリアはのきなみ低料金でもほぼほぼ5000円近くとられますが(しかも1人当たりですよ!)イオンモバイル、6GBをシェアプランにした場合、1人当たり2GB使えて1226円ですから。

何度もsim-chanが呟き続けていることですが、今現在家計の支出で大幅に下げることができる費目は間違いなく通信料金です。電力会社やガス会社などの固定費をいくら自由化されるからと頑張って組み合わせても格安スマホに通信を変更することよりも支出を下げることはできません。

そのことを知ってはいたけれど、格安SIMがよくわからなかった初心者の方は乗り換えることが難しかったかもしれません、でも今あのイオンが格安スマホを自社で展開するようになったので、店舗・サポートも万全であれば、格安スマホ初心者の方もイオンモバイルを選択する価値はありそうです。

公式サイトは→イオンモバイル

TOPページへ戻る

関連記事広告
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク