格安スマホ通信量節約方法①不要アプリの更新を止め、SNSはWeb版利用!

あけましておめでとうございます。今日は格安スマホ通信量節約方法をお届けいたします。時間のあるときにデータ通信量を減らす仕組みを設定しておくと、格安スマホをより快適に使えますよ!

ascendgmate22205

格安スマホは通信料をなぜ節約しなければならないのでしょう、その理由は。

格安スマホ(格安SIM)は、ほぼ高速通信(LTE)の容量に制限があり、その制限に達すると速度が低速モードになってしまい、快適さを損なう

ためです。

例えば、私が契約している楽天モバイルの規約を見てみましょう。

①1カ月間の合計通信量が「高速通信容量」を超えた場合、通信速度が200kbpsに制限されます。
②各プランは3日あたり3.1GBプラン:540MB、5GBプラン:1GB、10GBプラン:1.7GBの通信速度制限がございます。3日間制限中の通信量も繰り越し容量、高速通信容量、高速通信容量追加パックが消費されます。

一見3.1GBの契約をしていれば、①の一か月間の合計通信容量が3,1GB以内に抑えることによって通信速度制限を回避できるように思えますが、②の注意事項を見ると、3日あたり3.1GBプラン:540MBとなっております。なので、余裕かましてYouTubeなどを外で流し見してたらあっという間に速度制限にかかる可能性も。

実は今日、この記事を書こうと思い立ったわけは、冬休み中の家族の格安スマホの使い方に驚いてしまったからです。

そのあたりの話を交えつつ、データ通信容量の節約方法についてもご紹介いたしますね。

動画はデータ通信容量を大幅に消費します

年末に夫の実家に行ったのですが、Wi-Fi環境がない家なのでスマホのWi-Fi接続ができません。夫も格安SIM生活をスタートしたのですが、使い方の注意として「外出先ではYouTubeなどの動画は見ないように」と伝えておきました。

簡単に、格安SIMの仕組みも説明しておいたので分かっていたと思ったのですが・・・・・

事件は起こりました。

実家でぼーっとテレビを見ておりましたら、隣で楽しそうにスマホをいじっている姿が目に入り、何がそんなにおもしろいのか?と見たらYouTubeを閲覧中!

YouTube video Brandweer Nederweert
YouTube video Brandweer Nederweert / mauritsonline

そんなに長時間じゃなければいいか・・と思っていましたが、一向にやめる気配がありません。なので、もう一度冒頭の格安SIMの説明をしたのですが

全く伝わらない(泣)

この時ほど、人に説明すること、わかってもらうことの難しさを味わったことはありませんでした。それと同時に、格安スマホ初心者向けと運営しているこちらのサイトの説明ももしかしてこんな風に伝わっていないんじゃないか・・という背筋が凍るような体験を身内から味わうことになり年末に良い経験を致しました。

ちなみに、動画は30分40分ぐらい見ていたでしょうか。その時の通信量モニターがコチラ。

you tube-01-02-11-35-06

もしかしたら二日間ぐらいの消費量かもしれないですが、とにかくたいして閲覧していなくてもこれだけデータ量を消費します、これ注意していなかったら3日目にめでたく速度制限になっていましたね。

以後、口酸っぱく説明したのでむやみに外で見ることはしていないと思うのですが、このような通信容量をうっかり使ってしまった時のために、普段見えない部分で通信容量を節約する方法を設定しておけば、万が一にも備えられます。次章でその方法の一部をご紹介します。多分既に設定されている方も多いと思いますが、私のようにあまり構わず使ってる方もいると思いますので、お正月休みにチョロっと設定してみるのも悪くないですよ。

格安スマホの通信量節約方法

まずは、基本的なところから設定していきます。本日は6つの節約方法をご紹介いたします。アンドロイドOSのケースです。

①モバイルデータの制限を設定

様々な設定方法で、通信量を低減させることは可能なのですが、まず第一段階としてアンドロイドの場合は『設定』(歯車マークのアイコン)の中のデータ使用量を確認する項目でデータ通信の制限を自分で設定できるようになっています。

mobiledata333221Collage

ホーム画面の歯車アイコン(設定)を開いて、①のデータ使用(量)の項目を確認します。データ使用量の設定画面では『モバイルデータの制限』という項目があると思いますが、こちらにチェックマークをつけますと『データ使用条件の設定』というポップアップ画面が上がりますので、OKをして、データ使用量の設定画面のグラフで制限値を自分で設定できます。指定した通信量で警告を出すことも可能。

まずは、ここが第一段階。データ通信料量の使い過ぎの予防です。

②アプリの自動アップデートをオフにする。

こちらも、設定されている方が多いと思われますが、基本ということで改めて確認。スマホはご存知の通り沢山のアプリがデフォルトで入っていますが、ご丁寧に勝手に自動更新をしてくれます。

App Revenue from Google Play
App Revenue from Google Play / IntelFreePress

プレインストールのものが多いと、しょっちゅうアップデートしていることに気付きます。でも、良く見るとこんなの使ってないよ!!というアプリが大量にあったりします。とりあえずは、使ってないアプリは厳しく自動更新をオフにしましょう。グーグルプレイの画面から設定を行います。

googleplayollage

プレイストアの画面の左上の設定アイコンを開いて、『マイアプリ&ゲーム』を選びます。そうするとインストール済みのアプリが出てきますが、驚くほど使わないものが入っています(笑)

ASUS MUSICというアプリがありますが、これはクラウド(5GB)に保存した音楽をストリーミングで配信できるらしいんですけど、めんどくさくて使ったことないです。使いこなせば便利なんでしょうね。でも私のところでは使わないので気を失ってもらいましょう。

PicMonkey Collage

使ってないアプリをグーグルプレイの画面から開いて、右上の設定ボタン(三本線)を選ぶとシンプルに『自動更新』するかしないかチェックボックスが出てくるので、チェックを外しました。お前はもう死んでいる。

とはいっても、いつか使う時が来るかもしれないですからね~仮死状態程度で、Wi-Fi接続時のみ更新する方法もあるのでご紹介いたします。

apuri2221Collage

やはり同じプレイストアのホーム画面の左上の設定ボタンを選んで、メニューの下部にある歯車アイコンの設定を開きます。

設定の画面を見ると一番上に『アプリの自動更新』とありますので、ここを開くと『アプリを自動更新しない』『常にアプリを自動更新する』『Wi-Fi接続時のみアプリを更新する』とあります。

全てのアプリに対する操作になりますので、先ほどのアプリごとの設定ではなく、ここで『Wi-Fi接続時のみ』と選択して全てのアプリに更新ルールを反映させることも可能です。

③バックグラウンドの通信を制限する。

ほんと不思議なんですが、スマホを使っているときに知らずにデータ通信が行われているようです。例えばiPhoneなどはAppleに粛々と使用状況が送信されていますよね。

background22211ollage

iPhoneでは、このバックグラウンドの通信の制御をアプリごとに設定できるのですが、アンドロイドの場合上の写真のように一括の設定になります。Wi-Fiネットワーク接続時以外で、何か不具合が出るようであればその時にここの『バックグラウンドデータ制限』を解除すればよいのでとりあえずチェックしておけばデータ通信の節約になります。

④位置情報もオフっておく。

実は位置情報というものは、かなり頻繁に自動で通信を行っているようでこの機能を常にオン状態にしておくと通信量がかさむ一因になります(チリツモですが)徹底的に絞る場合はこの位置情報もオフってしまいましょう。

itijyouhou333Collage

ホーム画面から、歯車アイコン【設定】を開いて、ユーザー設定-位置情報をオフ しておきます。ちなみにiPhoneではアプリごとに位置情報の設定ができます。

⑤高速通信をオフできるのであれば、厳しくオフ。

通常、ネット閲覧やメールチェックなどLTEよりも低速な3Gであっても十分対応できる場合が多いです、なのでここは思い切って高速通信をオフにして3Gのみで接続すれば『高速通信容量』が大幅に節約されます。

ホーム画面より、設定アイコンを選び、その他の設定を開くと『無線とネットワーク』の画面になります

mobilenetwork23 Collage

その中の②と書いてある『モバイルネットワーク』を選ぶと、有線ネットワークタイプ(アンドロイドのバージョンによって表現は違うかもです)がありますのでそこを選ぶと

yusennetwork33-01-02-14-14-17

回線の種別があり、選べますのでLTEではなくてもよいと決断できれば3Gを選ぶのもありです。とりあえず3Gで使ってみて『やっぱダメだわ』と感じる方はコチラの画面でまた高速通信(LTE)4Gを選べばよいと思います。

フェイスブックやツイッターも通信容量を消費する場合も

よくぞここまで読んでいただきました。あまりにも長くて途中で離脱された方も多数かと思われますが、ここまで読んでしまった貴殿であれば、きっと格安スマホを更に自由に使える世界が広がっていくはずです。

最後のtipsはみんなダイスキSNSです。まぁ私はSNSはそんなに好きではないのですが、最近は少し頑張ってみようかと(←がんばるものじゃないよねぇ)思っています。いろんな情報拾えますしね。

Vintage Twitter Logo Poster
Vintage Twitter Logo Poster / thethreesisters

でもこのSNSもアプリを使って閲覧していると、地味にデータ容量を使ってしまっているんですよね。

アプリ経由ではなく、ウェブブラウザ経由で閲覧するようにすれば通信量を低くできます。その方法はいたって簡単でブラウザで目的のSNSのページにログインして、そのページをホーム画面に登録するだけ。アンドロイドのバージョンで若干画面は変わるでしょうが、基本はブックマークに登録して、ホーム画面に追加をするだけ。

tw9332 Collage

私は試しにツイッターをブラウザで開き、ブックマーク登録しようと右上の設定アイコンをタップしたら、『ホーム画面に追加』というコマンドが出てきたので、こちらを選ぶとあっさり目的が果たされました。

face009322-11-17-44

こんな感じです。細かいですが、以上のような方法を通して『高速通信容量』を節約することができます。

面倒と言えばそうですが、一回設定するだけで通信容量が節約されるのであればやって損はないと思います。ここの端末の状態で今日ご紹介した設定画面も変わってくるかもしれませんが大筋は大体同じかと思います。

設定してみて、やはり使いづらいと思うことがあれば、元の設定に戻すだけでよいのでカンタンです。

お試しくださいね。

ちなみに、高速通信容量を使いきってしまった時に、制限がかかるところが殆どの格安SIMですが、例外の格安SIMもあります。10GBまでの条件付きにはなりますが、直近3日間の速度制限がない格安スマホで有名なところだと、フリーテルなんですよ。

freetel33321164

フリーテルのSIMに関する質問を見てみると、

Q.通信規制はありますか?

A.10GBまでは通信規制は行いませんが、お客さま自身で通信速度の制限をかけることが可能です。制限中は通信使用量のカウントはされません。

とのこと。これって結構すごいサービスだと思います。格安スマホを検討中の方で、YouTubeなど通信容量を激しく消費するものを好まれる方はフリーテルが一番使いやすいと思います。

それでは、今年もどうぞよろしくお願いいたします。本年も格安スマホの情報を楽しくお届けいたします。

にほんブログ村 スマホ・携帯ブログ SIMフリー端末・その他キャリアへ

関連記事広告
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク